Jump to content 日本-日本語

製品  >  IAサーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant HOME

目次

はじめに
  対象とする市場
  MSA500の利点
  柔軟性
  可用性と連続稼動時間の向上
  追加コスト不要の接続性
  管理機能
  データの移行とDtSテクノロジー
  コントローラの構成
  キャッシュ間の同期
  バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ
  リカバリROMとROMのクローニング
  環境の監視
  マルチパス ソフトウェア
  4ノードの共有ストレージ
    セレクティブ ストレージ プレゼンテーション
  TCO(所有にかかる全経費)
  まとめ

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、401KB)
コンテンツに進む

HP StorageWorks Modular Smart Array 500ソリューション


セレクティブ ストレージ プレゼンテーション


セレクティブ ストレージ プレゼンテーション(SSP)は、コントローラのファームウェア機能です。システム管理者は、SSPを使用すると、MSA500システム上で様々なアプリケーションを実行する複数のホストからのアクセスを制御できるようになります。システム管理者は、どのサーバ ホストに、どのストレージ データへのアクセスを許すのか選択します。データの一貫性とセキュリティを守るため、必要に応じてアクセスを禁止することもできます。最小では論理ボリューム単位まで、アクセス制御を設定することができます。
コントローラ上の各論理ドライブはアクセス制御リストを管理しており、このリストを基に、ドライブへのアクセス権を持つサーバのホスト アダプタを識別します。あるサーバが、アクセス権のない論理ドライブにコマンドを送信しようとすると、コントローラがそれを拒否します。

コンフィギュレーション ユーティリティは、サーバ ホスト アダプタのIDを接続名にマッピングし、識別したアダプタに基づいて、論理ドライブへのアクセス制御リストをセットアップします。


トップに戻る 前のページへ 次のページへ


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項