Jump to content 日本-日本語

製品  >  IAサーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant HOME

目次

はじめに
  対象とする市場
  MSA500の利点
  柔軟性
  可用性と連続稼動時間の向上
  追加コスト不要の接続性
  管理機能
  データの移行とDtSテクノロジー
  コントローラの構成
  キャッシュ間の同期
  バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ
  リカバリROMとROMのクローニング
  環境の監視
    マルチパス ソフトウェア
  4ノードの共有ストレージ
  セレクティブ ストレージ プレゼンテーション
  TCO(所有にかかる全経費)
  まとめ

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、401KB)
コンテンツに進む

HP StorageWorks Modular Smart Array 500ソリューション


マルチパス ソフトウェア


クラスタのフォルト トレランスとI/O性能を強化するため、ホスト サーバと共有ストレージ間にデュアル パスを追加することができます(図7を参照)。このデュアル パスは、ホスト サーバ内のHBAと、ホスト サーバと共有ストレージ間を接続するSCSIケーブルの双方で冗長性が高まるので、フォルト トレランスのレベルが向上します。また、これらのパスにより、顧客はHBA間の静的な負荷分散が設定できるので、I/O性能が向上します。
 
ホスト サーバと共有ストレージ間のデュアル パスによりクラスタI/O性能を強化
図7: ホスト サーバと共有ストレージ間のデュアル パスによりクラスタI/O性能を強化
 
Smartアレイ マルチパス構成は、次の利点を提供します。
 
  • 同じ論理ボリュームにデュアルI/Oパスが加わるので、フォルト トレランスが強化されます。
  • 静的なLUN(※8)バランシング(Windowsの場合)や、静的な(読み込み専用)負荷分散(Linuxの場合)が利用できるので、性能が向上します。

※8 LUN: Logical Unit Number(論理ユニット番号)の略


トップに戻る 前のページへ 次のページへ


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項