Jump to content 日本-日本語

製品  >  IAサーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant HOME

目次

はじめに
  対象とする市場
  MSA500の利点
  柔軟性
  可用性と連続稼動時間の向上
  追加コスト不要の接続性
  管理機能
  データの移行とDtSテクノロジー
  コントローラの構成
  キャッシュ間の同期
  バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ
  リカバリROMとROMのクローニング
    環境の監視
  マルチパス ソフトウェア
  4ノードの共有ストレージ
  セレクティブ ストレージ プレゼンテーション
  TCO(所有にかかる全経費)
  まとめ

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、401KB)
コンテンツに進む

HP StorageWorks Modular Smart Array 500ソリューション


環境の監視


環境監視ユニット(Environmental Monitoring Unit)は、次のように様々な機能を提供します。
 
  • エンクロージャのパワーサプライとファンのステータスを監視
  • ケーブルの配線エラーを検出
  • ディスク ドライブの取り外しや挿入を監視
  • 各サーバに、SCSIバス経由でエンクロージャのステータスを提供

ファンとパワーサプライ

MSA500システムは、ファンと共にホットプラグ対応のデュアル パワー サプライを搭載しています。このデュアル パワーサプライは、冗長性を提供して、単独障害ポイント(Single Point of failure)を排除しています。万が一、いずれか1台のパワーサプライに障害が発生した場合、クラスタをダウンしなくても、パワーサプライ/ファン ユニットを交換することができます。このユニバーサル パワーサプライは、100 V〜240 Vと40 Hz〜60 Hzの電源を自動的に検出することができます。

MSA500ソリューションは、HBAとして内蔵のSA-5iやSA-532コントローラを使用しており、性能を強化しながらも、全体的な導入コストを抑えています。SA-5iとSA532コントローラは、HBAとして動作するだけでなく、外付けのMSA500コントローラのフェイルオーバ機能も管理するため、低速なOSベースのユーティリティを使用しなくてもフェイルオーバが実現できます。

すべてのフェイルオーバは、SA-5iまたはSA 532コントローラで起動します。これらのコントローラは、バージョン1.78以降のファームウェアを使用すると、インテリジェントなHBA機能を提供するので、コマンドが完遂されない場合は、ストレージ コントローラに障害が発生したと認識することができます。その場合、コントローラは、リダンダント ストレージ コントローラをアクティブにするコマンドを発行します。

ホスト バス アダプタ

MSA500システムは、顧客が選択するサーバに応じて、SA 5iかSA-532のいずれかのコントローラを使用し、ホスト サーバと接続します。ProLiant ML370 G2サーバは、SA-5iとSA-532のどちらのコントローラも使用できますが、ProLiant DL580サーバは、SA-532コントローラしか使用できません。ProLiant DL380 G2サーバは、SA-5iコントローラを標準搭載して出荷するため、ホスト接続のために別途コントローラを購入する必要はありません。ProLiant DL360 G2サーバは、SA-5iコントローラを標準搭載していますが、このサーバには、外部SCSIポートがないため、MSA500システムはSA-532を使用して接続する必要があります(※7) 。

4ポートの共有ストレージ モジュール

MSA500ソリューションに4ポートのI/Oモジュールという新機能が加わったので、今や顧客は、マルチ ホストの共有ストレージや、高可用性のマルチ パスI/Oなどの構成を導入できるようになりました。これにより、リモートや分散環境へのIT導入において、ストレージの価値が飛躍的に高まります。4ポートの共有ストレージ モジュール(図6を参照)の用途は、主に、次に挙げる2構成のいずれかになります。
 
  • ホスト サーバから共有ストレージへのデュアル パスを追加するとき
  • MSA500システムに4台の独立したサーバを直接接続するとき
  4ポートの共有ストレージ モジュール
図6. 4ポートの共有ストレージ モジュール

※7 この件は、今後投入する予定のProLiant DL360 G3サーバとProLiant DL580 G2サーバにも当てはまります。


トップに戻る 前のページへ 次のページへ


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項