Jump to content 日本-日本語

製品  >  IAサーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant HOME

目次

はじめに
  対象とする市場
  MSA500の利点
  柔軟性
  可用性と連続稼動時間の向上
  追加コスト不要の接続性
  管理機能
  データの移行とDtSテクノロジー
  コントローラの構成
  キャッシュ間の同期
  バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ
    リカバリROMとROMのクローニング
  環境の監視
  マルチパス ソフトウェア
  4ノードの共有ストレージ
  セレクティブ ストレージ プレゼンテーション
  TCO(所有にかかる全経費)
  まとめ

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、401KB)
コンテンツに進む

HP StorageWorks Modular Smart Array 500ソリューション


リカバリROMとROMのクローニング


MSA500コントローラは、コントローラ稼動用のファームウェアを格納したROMを搭載しています。このROMは、リカバリ機能として、ROM内に2つの完全なファームウェア イメージを保管しており、1つはアクティブ イメージ、もう1つはバックアップ イメージです。電源投入時の起動処理シーケンス中、コントローラは、両方のファームウェア イメージをチェックし、どちらも有効であることを確認します。ファームウェア イメージが破壊された場合、正常な稼動が確認されている前回の有効なイメージを使用してコントローラを稼動し、このイメージを破壊されたイメージ上にコピーします。この自動フラッシュ機能により、コントローラは、常に有効なファームウェア イメージを維持することができます。この機能は、コントローラによって自動的に実行されるため、ユーザが介入する必要はありません。

リダンダント コントローラ構成を運用するには、MSA500システムに2枚のコントローラを搭載し、双方で同じバージョンのファームウェアを実行する必要があります。コントローラの電源投入シーケンス中、両コントローラのファームウェア バージョンが比較されます。バージョンが異なる場合、ROMクローニング機能が、一方のファームウェア バージョンを他方のコントローラにコピーします。コピーが終了すると、変更されたコントローラが自動的にリセットされ、その後、リダンダント稼動を開始することができます。この機能は、コントローラが自動的に起動するため、ユーザが介入する必要がなく、パフォーマンスの基本性能が高まります(※6)。

MSA500システムのI/Oモジュールは、非常に高密度なSCSIコネクタを提供しており、ここにSCSIケーブルを配線して、ストレージ システムとサーバを接続します。4ポートの共有ストレージ モジュールは、オプションで提供しています。

※6 http://h18000.www1.hp.com/products/servers/proliantstorage/arraycontrollers/
smartarray6400/description.html


トップに戻る 前のページへ 次のページへ


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項