Jump to content 日本-日本語

製品  >  IAサーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant HOME

目次

はじめに
  対象とする市場
  MSA500の利点
  柔軟性
  可用性と連続稼動時間の向上
  追加コスト不要の接続性
  管理機能
    データの移行とDtSテクノロジー
  コントローラの構成
  キャッシュ間の同期
  バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ
  リカバリROMとROMのクローニング
  環境の監視
  マルチパス ソフトウェア
  4ノードの共有ストレージ
  セレクティブ ストレージ プレゼンテーション
  TCO(所有にかかる全経費)
  まとめ

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、401KB)
コンテンツに進む

HP StorageWorks Modular Smart Array 500ソリューション


データの移行とDtSテクノロジー


さらに、これらのツールを使用すると、読み込み/書き込みキャッシュのサイズを選択できるので、ユーザは、キャッシュ サイズを動的に割り当てることが可能になります。また、ユーザが拡張および再構築の優先順位を選択することもできますし、リダンダント コントローラを使用したコントローラ ファームウェアのクローニング(クローン作成)などの機能も提供しています。

MSA500システムは、DtSテクノロジーを提供しているため、顧客がSANに移行する必要性を感じたときは、MSA500システムを素早く円滑にModular SAN Array 1000(MSA1000)に変換できます。MSA500システムをSANに変換するには、単純にMSA500コントローラを取り外して、StorageWorks MSA1000コントローラと交換し、ファイバチャネルI/Oボードかファイバチャネル スイッチ ボードを追加するだけです。

ホットプラグ対応のModular Smart Array 500コントローラ
図2. ホットプラグ対応のModular Smart Array 500コントローラ
また、ProLiantサーバに格納され、SmartアレイPCI(※5) コントローラにより保護されているデータは、MSA500システムに円滑に移行することができます。Smartアレイ コントローラを使用し、ユニバーサル ディスク ドライブに格納されたデータは、そのドライブを元のシステムから取り外し、MSA500システム内に挿入するだけで、MSA500システムへの移行が完了します。既存のデータと構成内容は、一切変更されずに温存されます。RAIDセットとデータはそのままの状態を維持できるため、移行作業は数時間もかからず、数分で完了します。

詳細は、www.hp.com/products/sharedstorage に掲載されているModular Smart Array 500のQuickSpecを参照してください。DtSテクノロジーの詳細は、『Converting Modular Smart Array 500 for a Modular SAN Array for Additional Scalability』と題したホワイトペーパーを参照してください。www.hp.com/products/sharedstorage に掲載されています。

4UのMSA500シェルフは、Ultra320、Ultra3、またはUltra2のホットプラグ対応ユニバーサル ハードドライブを最大14台収納することができます。146 GBのUltra320 SCSIドライブを使用した場合、最大のストレージ容量は、2テラバイトにもなります。詳細やサポートする構成については、www.hp.com/products/sharedstorage か、MSA500システムのQuickSpecsを参照してください。

1台のMSA500システムにつき、次のコンポーネントを標準提供します。
 
  • バッテリで保護された128 MBのキャッシュを搭載するMSA500コントローラ×1
  • 2ポートのUltra3 SCSI I/Oモジュール(4ポートの共有ストレージ モジュールは、オプションで提供)
  • ホットプラグ対応リダンダント パワーサプライとファン
  • 電源ケーブル×2
  • SCSIケーブル×2
  • クロスオーバEthernetケーブル
  • 各サポート ドキュメント
  • HP SmartStart
 
1インチのユニバーサル ハードドライブを搭載したModular Smart Array 500システム ホットプラグ対応のModular Smart Array 500コントローラ
図3. 1インチのユニバーサル ハードドライブを搭載したModular Smart Array 500システム   図4. ホットプラグ対応のModular Smart Array 500コントローラ

※5 PCI: Peripheral Component Interconnect(周辺コンポーネント インターコネクト)の略


トップに戻る 前のページへ 次のページへ


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項