Jump to content 日本-日本語

製品  >  IAサーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant HOME

目次

はじめに
  対象とする市場
  MSA500の利点
    柔軟性
  可用性と連続稼動時間の向上
  追加コスト不要の接続性
  管理機能
  データの移行とDtSテクノロジー
  コントローラの構成
  キャッシュ間の同期
  バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ
  リカバリROMとROMのクローニング
  環境の監視
  マルチパス ソフトウェア
  4ノードの共有ストレージ
  セレクティブ ストレージ プレゼンテーション
  TCO(所有にかかる全経費)
  まとめ

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、401KB)
コンテンツに進む

HP StorageWorks Modular Smart Array 500ソリューション


柔軟性


MSA500システムは、ProLiantサーバ用の柔軟な共有ストレージ システムです。ワークグループ、分散アプリケーション、リモート拠点に対する顧客のストレージ ニーズに応えるため、様々な導入形態に対応できます。MSA500システムは、2ノードのクラスタを形成するProLiantサーバに素早く容易に導入できるよう、特別に設計されています。また、4ポートの共有ストレージ モジュール オプションを使用すれば、マルチパス クラスタを構成することも、また、最大4台のサーバに対応する共有ストレージを構成することも可能です。

MSA500システムを直接接続ストレージ(DAS)としてシングル ノードに導入、または、4ノード間で共有する導入方法では、最大のストレージ容量が利用でき、14個のディスク ベイを使用すると最大2テラバイトもの容量が得られます。これは、内蔵のディスク ドライブ スロット数に限りがある高密度ProLiantサーバで、より大きなストレージ容量が必要になった場合に有用です。ストレージへの需要が高まり、拡張する必要性が生じたとき、MSA500システムは、容易にMSA1000へ変換することができます。

オプションの4ポート共有ストレージ モジュールは、次に挙げる2構成のいずれかで活用できます。
 
  • 2ノードのマルチパス - ホスト サーバから共有ストレージへの接続にデュアル パスを加えることで、フォルト トレランスを強化することができます。この強化策は、ホスト サーバ内のホスト バス アダプタ(HBA)と、ホスト サーバと共有ストレージ間を接続するSCSIケーブルの双方で、冗長性(リダンダンシ)が高まるので、フォルト トレランスのレベルも向上します。この構成で、静的な負荷分散機能を使用した場合は、入出力(I/O)性能も向上させることができます。
  • 共有ストレージ - 4台の独立したサーバをMSA500システムに接続することで、顧客は、新しいSSP機能の利点が生かせます。SSPを使用し、複数のホスト サーバ間でストレージを共有すれば、ハードドライブ容量を最大限に活用することができます。さらに、オンライン ボリューム拡張とオンライン容量拡張を使用することで、システムをダウンしなくても、容量を円滑に追加することができます。


トップに戻る 前のページへ 次のページへ


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項