Jump to content 日本-日本語

製品  >  IAサーバ  >  技術情報  >  White Paper

whitepaper

技術資料

ProLiant HOME

目次

  はじめに
  対象とする市場
  MSA500の利点
  柔軟性
  可用性と連続稼動時間の向上
  追加コスト不要の接続性
  管理機能
  データの移行とDtSテクノロジー
  コントローラの構成
  キャッシュ間の同期
  バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ
  リカバリROMとROMのクローニング
  環境の監視
  マルチパス ソフトウェア
  4ノードの共有ストレージ
  セレクティブ ストレージ プレゼンテーション
  TCO(所有にかかる全経費)
  まとめ

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、401KB)
コンテンツに進む

HP StorageWorks Modular Smart Array 500ソリューション

Modular Smart Array 500ソリューションは、多くの高可用性機能を、導入とメンテナンスが容易な使いやすい外付ストレージ ソリューションに統合しており、ProLiantサーバ用に最適化されています。MSA500ソリューションは、高可用性オプションや接続オプションを提供しています。

本書の対象範囲


このホワイトペーパーは、HP StorageWorks Modular Smart Array 500(MSA500)ソリューションと、利用可能なオプションについて解説します。また、顧客の様々なニーズに応えるMSA500ソリューションの機能や、さらなる拡張を可能にするストレージ エリア ネットワーク(SAN)への移行方法についても説明します。

はじめに


大企業や中規模の企業は、今後も、リモート拠点や分散環境に基幹アプリケーションを導入する可能性が高いため、サーバ、ストレージ、アプリケーションの障害対策を自動的に提供する柔軟で低価格なストレージ ソリューションを求めています。このような背景から、可用性への懸念は高まる一方です。企業は、経営の動力源となるこれらのアプリケーションがダウンしてしまうと、大きな打撃を被ります。クラスタリングや共有ストレージを実現する際、高可用性というニーズを満たすため、MSA500ソリューションに注目する企業が増え続けています。
顧客は、クラスタリングや共有ストレージに、簡明で、導入しやすく、管理しやすいソリューションを求めています。HPはこのニーズに応えるため、高可用性を発揮しながらもお手ごろな価格のMSA500ソリューションを市場に投入しました。MSA500ソリューションは、幅広いProLiantサーバに導入可能なUltra3 SCSI(※1) ストレージ システムです。特に2ノードのクラスタリングや、2テラバイトのストレージを共有する最大4サーバの共有ストレージ環境用に設計されたこのMSA500ソリューションは、リモート拠点や分散環境に大きな価値をもたらします。

※1 SCSI: Small Computer Systems Interface(小型コンピュータ システム インタフェース)の略

    次のページへ

© 2003 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
© 2003 日本ヒューレット・パッカード株式会社
本書の内容は、将来、予告なしに変更されることがあります。日本ヒューレット・パッカード株式会社は、製品とサービスに対し、保証書に記載された内容以外に、一切の保証はいたしません。本書の内容が、保証期間の延長や保証内容の拡張を意味することは一切ありません。日本ヒューレット・パッカード株式会社は、本書の技術的もしくは編集上の間違いや欠落について、一切の責任を負いません。

Itaniumは、米国やその他の国々における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されます。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項