Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報  >  White Paper

White Paper

技術資料

HP ProLiant サーバ

目次

概要
  エラーの検出と訂正
  ホットプラグRAIDメモリ
-パフォーマンス
  ホットプラグRAIDメモリ
-基本処理
  ホットプラグRAIDメモリ
-ホットプラグ機能
-使用を容易にする ための機能
  まとめ、フィードバック

PDFファイル ダウンロード

このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、232KB)
コンテンツに進む

フォルト トレランスとスケーラビリティのためのホットプラグRAIDメモリ テクノロジー


ホットプラグ機能

  ホットプラグRAIDメモリの冗長性によって、サーバを停止することなくメモリ カートリッジをホットプラグ交換する機能が提供されます。これによって、業界標準サーバで過去に類のないレベルのメモリ可用性とスケーラビリティが実現されます。ホットプラグRAIDメモリでは、システムの稼動中に次の機能が可能になります。

 
  • ホット リプレース:障害が発生したDIMMの交換
  • ホット アド:メモリ カートリッジにDIMMを追加
  • ホット アップグレード:DIMMのセットを異なる(より大きな)DIMMと交換
ホット リプレースは、オペレーティング システムによる対応に依存せず、ドライバ不要で利用できます。ホットプラグRAIDメモリを備えたProLiantサーバでは、使用するオペレーティング システムに関係なく、初期設定でそのままホット リプレース機能が提供されます。

ホット リプレース操作が開始すると、メモリ コントローラは、サーバに対して、ホット リプレース操作が行われるメモリのカートリッジを無視するように指示します。ホット リプレース操作が完了するまで、メモリ トランザクションは、ECCによって保護された他の4つのメモリ カートリッジを使用します。したがって、メモリ サブシステムは、今日のECCメモリ サブシステムと同様に、ノンリダンダント モードで動作します。この時点で、交換されるDIMMが含まれるカートリッジをシステムから取り外すことができます。次に、そのカートリッジ内で障害が発生したDIMMを交換して、カートリッジをシステムに挿入します。メモリ カートリッジがオンラインに復帰すると、完全な冗長性が回復します。

ホットプラグ操作が完了すると、ホットプラグRAIDメモリが、すべてのメモリ カートリッジにわたってデータを自動的に再構築します。データの再構築によってメモリ パフォーマンスが短期間低下することがありますが、4 GBのメモリの再構築には最大で30秒しかかかりません。わずかな金額でダウンタイムを回避し、フォルト トレランスを向上させることができます。

RAIDエンジンがデータを再構築した後、検証手続きによって、再構築操作が成功したことが確認されます。検証手続きでは、メモリ内のすべてのアドレスが読み出されます。検出されたエラーは、システムに報告されます。検証手続きによって、再構築操作が成功したことを確認できない場合には、問題が解決するまでメモリはオンラインになりません。また、ホットプラグ手続きとは独立に検証コマンドを実行できます。たとえば、システム管理者は、定期的に検証を実行し、問題が発生する前にエラーを報告するルーチンを設定することができます。この種のプロアクティブなモニタリング プログラムによって、ダウンタイムがさらに減少します。

ホット アド機能によって、ユーザは、必要に応じてDIMMを追加してコンピュータをスケールアップすることができます。ホット アド機能は、使用可能な追加メモリを認識するために、オペレーティング システムのサポートを必要とします。この機能が将来のオペレーティング システムのリリースで確実にサポートされるように、オペレーティング システム ベンダーと共同作業が進行しています。

使用を容易にするための機能


また、ホットプラグRAIDメモリは、使用を容易にするための機能をいくつか提供しています。ホットプラグRAIDメモリ内のレジスタとロジックによって、特定の状況が発生したときにソフトウェアで対応処置を取ることができます。たとえば、レジスタでメモリ エラーに関する情報を収集し、ソフトウェアでシステムが警告を発行するようにプログラムし、インジケータの状態を変更することができます。LED、ロック、およびアラートを使用して良好なDIMMと不良DIMMを指摘し、ホットプラグRAIDメモリの管理を大幅に簡易化することができます。

前のページへ 次のページへ

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイト より、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項