本文に進む 日本−日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
日本HPホーム
技術情報 | White Paper

whitepaper


技術資料

ProLiant HOME

目次
リカバリ サーバ
オプションについて
  Unicenter® NSM
について
 
  利点  
  検証構成  
  Case1:マネージャ(RSO)/エージェント  
    Case 2:マネージャ(RSO)/ 管理クライアント  
  Case 3:マネージャ / エージェント(RSO)  
  Q&A  
PDFファイル ダウンロード
このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、249KB)

Unicenter® NSM クラスタリング ソリューション/リカバリ サーバ オプションによる高可用性ソリューション

Case 2:マネージャ(RSO)/ 管理クライアント

RSOにUnicenter NSMのマネージャ、RSOではないマシンに管理クライアントを構成した場合について解説します。ホスト名は、
 マネージャ:RSO実装: UNIRSO
 管理クライアント:RSO非実装: ML370
として、説明します。

セットアップ方法

Case 1と同様の手順になります。
ただし、セットアップするコンポーネントは、以下のように読み替えてください。

  • マネージャ(UNIRSO)
    • ワールドビュー
    • エージェント共通サービス
    • 分散ステートマシン
    • エージェントビュー
    • イベント管理 ベース
    • ワークロード管理 マネージャ
    • パフォーマンス マネージャ
    • Windows 2000 システムエージェント
    • パフォーマンス エージェント
  • 管理クライアント(ML370)
    • ワールドビュー
    • エージェント共通サービス
    • エージェントビュー
    • リモート管理クライアント
    • パフォーマンス マネージャ

稼動確認方法は、マネージャは、Case 1と同様です。
管理クライアントでは、以下の点を確認してください。

  • 2Dマップが開けること。
  • 任意のエージェントビューが開けること
  • コンソールログが開けること
フェイルオーバの確認

フェイルオーバの一連の手順は、Case 1と同様です。
管理クライアントで作業中の処理は、以下のように対処されます。
接続中の2Dマップ リポジトリへの接続が切断されるため、その旨警告メッセージが表示されます。フェイルオーバ後は、自動的に再接続されます。
接続中のコンソールログ コンソールへのアクセスができなくなり、その旨警告メッセージが表示されます。フェイルオーバ後、GUIを再起動すると再接続されます。
接続中のエージェントビュー 自動的に接続が切断され、画面が閉じられます。フェイルオーバ後、GUIを再起動すると正しく表示されます。
接続中のパフォーマンス・スコープ情報 パフォーマンス・スコープの画面は表示し続けます。フェイルオーバ中は、パフォーマンス値が0として表示されます。


表紙へ戻る 前のページへ 次のページへ





プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡