本文に進む 日本−日本語
≫ お問い合わせ
more options -->
技術情報 | White Paper

whitepaper


技術資料

ProLiant HOME

目次
リカバリ サーバ
オプションについて
    Unicenter® NSM
について
 
  利点  
  検証構成  
  Case1:マネージャ(RSO)/エージェント  
  Case 2:マネージャ(RSO)/ 管理クライアント  
  Case 3:マネージャ / エージェント(RSO)  
  Q&A  
PDFファイル ダウンロード
このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、249KB)

Unicenter® NSM クラスタリング ソリューション/リカバリ サーバ オプションによる高可用性ソリューション

Unicenter® NSM について

UnicenterR Network and Systems Management(NSM) は、企業活動を支えるITインフラストラクチャの可用性を高め、最適なパフォーマンスを提供するための運用管理ソリューションです。ネットワークの負荷やサーバの稼動状況を監視し、障害やボトルネックとなっている個所を速やかに管理者に通知することで、サービスダウンが発生する前に、プロアクティブに対応を取ることが出来ます。また、多様化するIT環境に対応するため、専門家でなくても管理できるようにする、多くの特長を持っています。
主なものとして、

  • リアルワールドインタフェース
  • ビジネスプロセスビュー
  • エンドツーエンド・マネジメント
 
リアルワールドインタフェース

実際のオフィス環境を2D/3Dのマップとして管理画面に再現することで、複雑なネットワークを環境を熟知していなくても、問題を抱えるリソースにクリック操作のみでアクセスすることができます。 リアルワールドインターフェース 画面例

ビジネスプロセスビュー

個々のリソースが利用できなくなることで、どのシステムやユーザに影響が出るのかは、ネットワークトポロジを知っていたとして、管理者には把握できません。ビジネスプロセスビューは、管理者が見たい視点からリソースを整理、監視することを可能にします。 ビジネスプロセスビュー  画面例

エンドツーエンド・マネジメント

Unicenter NSMは、PDAからメインフレームまで様々なサイズのITリソースだけでなく、様々なリソースを監視対象にすることが可能です。SDK(Software Development Kit)を用いることで、センサーから取得したデータをもとに、パフォーマンス情報を記録したり、特定のしきい値を超えた場合にアラートを上げるなど、広範な分野に応用することができます。 エンドツーエンド・マネジメント  画面例
 
Unicenter NSMが提供する機能は、サーバ、ネットワーク、データベース、アプリケーションなどの監視だけに留まらず、ジョブスケジューリングや資産管理、ソフトウェア配布、サービスデスクなど非常に多くのソリューションを持っています。

Unicenter NSM の詳細については、http://www.caj.co.jp/unicenter/ を参照してください。


  前のページへ 次のページへ





プライバシー ご利用条件・免責事項