本文に進む 日本−日本語
≫ お問い合わせ
more options -->
技術情報 | White Paper

whitepaper


技術資料

ProLiant HOME

目次
リカバリ サーバ
オプションについて
  eTrust Antivirus
について
 
  利点  
  検証構成  
    セットアップ方法  
  フェイルオーバーの確認  
  Q&A  
PDFファイル ダウンロード
このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、525KB)

eTrust™ Antivirus クラスタリング ソリューション/リカバリ サーバ オプションによる高可用性ソリューション

セットアップ方法

Task1 : RSO の導入

この手順に関しては、HP から提供されている『リカバリ サーバ オプションソフトウェアユーザガイド』(http://h50146.www5.hp.com/products/manuals/manual9.html)を参照してください。

Task2 : eTrust Antivirus の導入

RSO の導入が完了し、スタンバイ リカバリ サーバ構成として、通常動作の起動が完了した状態(プライマリ サーバでオペレーティングシステムが稼動し、リカバリ サーバが READY 状態で待機している状態)で、eTrust Antivirus の導入を開始してください。

eTrust Antivirus 各コンポーネントの詳細なインストール方法に関しては、別途 CA が提供するドキュメントを参照してください。
また利用に関する技術的な詳細は、eTrust Antivirus『導入ガイド』および『管理者ガイド』を参照してください。

1.RSO の設定を無効にします。

eTrust Antivirus のインストールには、複数回のシステムの再起動が必要になります。
RSO が正常に構成され有効になっている場合、プライマリ サーバのタスクトレイにRecovery Server Agent のアイコンが表示され、緑色になっています。
 
タスクトレイ-RSOオン
  このアイコンを右クリックして Suspend RSO をクリックして Suspend モードにし、インストール中の再起動で、フェイルオーバが発生しないようにします。
Suspend モードでは、アイコンはグレーになっています。
 
タスクトレイ-RSOオフ

2. eTrust Antivirusを導入します。

このコンポーネントのインストールを完了するためには1回のシステムの再起動が必要です。
2.1 製品メディアの CD を準備します。
  2.2 インストールウィザードの指示に従って実行します。

(注意)マシンにポリシーを割り当てる場合には、プライマリ サーバとリカバリ サーバ両方のマシンに対してポリシーを割り当てておく必要があります。プライマリ サーバを管理サーバで検出し、ポリシーを割り当てた後、リカバリ サーバを起動し、管理サーバで検出しポリシーの割り当て作業を予め行っておいてください。
管理サーバのビュー画面では、以下のように同じホスト名、IPの2台のマシンが検出されることになります。
 
プライマリサーバのマシン情報

リカバリサーバのマシン情報

3. RSO の設定を有効にします。

システムの再起動が必要なインストールがすべて終了した後、RSO の設定を有効にします。
プライマリ サーバのタスクトレイにおいて、Recovery Server Agent のアイコンが suspend モードを表すグレーになっています。
 
タスクトレイ-RSOオフ
  このアイコンを右クリックして Resume RSO をクリックして Active モードにします。
Acrive モードでは、アイコンは緑色を表示します。
 
タスクトレイ-RSOオン



表紙へ戻る 前のページへ 次のページへ





プライバシー ご利用条件・免責事項