本文に進む 日本−日本語
≫ お問い合わせ
more options -->
技術情報 | White Paper

whitepaper


技術資料

ProLiant HOME

目次
リカバリ サーバ
オプションについて
    eTrust™ Access Control について  
  利点  
  検証構成  
  セットアップ方法  
  フェイルオーバーの確認  
  参考:eTrust™ Single Sign-Onとの関連性  
  Q&A  
PDFファイル ダウンロード
このホワイトペーパーのPDFファイルをこちらからダウンロードしてご覧下さい。
(PDFファイル、416KB)

eTrust Access™ Controlクラスタリング ソリューション/リカバリ サーバ オプションによる高可用性ソリューション

eTrust™ Access Control について

eTrust Access Controlは、不正なアクセスを禁止する包括的なセキュリティポリシーに基づいて、eビジネスに不可欠である重要なデータやアプリケーションのセキュリティを強化します。現在の十分なセキュリティが提供されていないオープンシステム環境において、eTrust Access Controlは特定のシステムのユーザ毎に、許可する権利、アクセス可能な時間などを、ポリシーベースで制御します。ポリシーは、エンタープライズレベルで作成、管理、配布することも、特定のアプリケーションのセキュリティ要件に応じてカスタマイズすることもできます。また、現在おきている大多数のサーバへの攻撃は、違法な“root”などのスーパーユーザ(root)によって行われています。 eTrust Access Controlも、従来のように“root”に特権を与えないことによって、侵入者からの攻撃を排除します。 このトップクラスのセキュリティソリューションは、給与担当など個々の部門への導入も、大規模な企業への導入も可能です。もちろん、その中間に属する規模の組織へも導入できます。eTrust Access Controlのクロスプラットフォームでのアクセス制御により、ファイアウォール、Webサーバ、Mailサーバなどのすべてのリソースの安全性を保証します。


eTrust Access Controlの適用分野

  • Internet向け公開サーバ
    • ハッカーからの不正アクセスの防止

  • 運用アウトソースサーバ
    • 管理者権限の限定と詳細のオペレーションログの取得

  • 情報共用サーバ
    • メインフレームから切り出した情報や重要情報の保護

  • Extranet環境サーバ
    • 内部ユーザによる不正な情報閲覧、持ち出し制限

  • ポリシー管理やログ監査
    • アクセスログの長期保存、事後解析
eTrust Access Controlの適用分野 システム図

eTrust Access Controlについては、 http://www.caj.co.jp/solutions/enterprise/etrust/access_control/
を参照してください。



  前のページへ 次のページへ





プライバシー ご利用条件・免責事項