Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  技術情報

PCI-X テクノロジ

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む

PCI-Xとは


64ビットPCI-Xアーキテクチャは、既存のPCIバスと互換性を持つ拡張版であり、最大133 MHzで動作して1GB/sを超えるバースト転送速度を実現します。このI/O帯域幅は、ギガビット イーサネット、ファイバチャネル、Ultra3 SCSI、クラスタ インターコネクトなどのエンタープライズ アプリケーションが動作する業界標準サーバにとって決定的に重要な意味を持ちます。パフォーマンスの改善に加えて、PCI-Xは、オペレーティングシステムがアダプタをより効率的に動作させてエラー状態をより良く管理できるようにすることにより、PCIバスの障害分離を向上させます。 PCI-Xロゴ

WhitePaper:PCI-X アーキテクチャの概要


64ビットPCI-Xアーキテクチャの概要
  PCI-X: PCIバスの進化

64ビットPCI-Xアークテクチャ搭載IAサーバ


ProLiant DL760 G2 ProLiant DL740
ProLiant DL760 ProLiant ML570 G2
  ProLiant DL580 G2   ProLiant ML530 G2
  ProLiant DL560   ProLiant ML370 G3
  ProLiant DL380 G3   ProLiant ML350 G3
  ProLiant DL360 G3      

PCI-Xのアドバンテージ


バス キャパシティを飛躍的に増大


PCI-Xテクノロジは、PCIバスが広く普及している点を利用して、従来のPCIに革新的なI/Oアップグレードをもたらすものです。PCI-Xテクノロジは、バス キャパシティを8倍以上に増大します。つまり、32ビット33MHzのPCIバスの133MB/sは、64ビット133MHzのPCI-Xバスでは1066MB/sとなります。これにより、PCIプロトコルは、毎秒1ギガビット(GB/s)の帯域幅を超える業界標準インターコネクトとなり、今後のエンタープライズ コンピューティング システムのニーズにも対応します。

投資の保護


PCI-Xは、既存のPCIベース システムとの下位互換性を保証すること、および将来のI/O標準システム アーキテクチャに対して安定的かつ相補的なロードマップを提供することにより、投資の保護を保証します。

なぜPCI-Xなのか - より高速なI/Oバスの必要性


ビジネス クリティカルなアプリケーションでは、帯域幅を更に高く、コンピュータのI/Oサブシステムからの応答時間を更に短縮することが求められています。ギガビット イーサネット、ファイバ チャネル、Ultra3 SCSI、マルチ ポート ネットワーク インタフェース コントローラ(NIC)など、高速で複雑なI/Oデバイスの登場に伴い、33MHzで動作する従来のPCIバス テクノロジは、パフォーマンスのボトルネックになっています。

一方、1992年にPCIバスが登場して以来、プロセッサの内部クロック速度は、100MHz未満から500MHz以上へと大幅に高速化しており、2000年には1ギガヘルツ(GHz)を超えると発表されています。プロセッサ メモリ バス(フロント サイド バス)は、現在64ビット幅であり、X86やAlphaプロセッサでは100〜333MHzの範囲で動作します。64ビット66MHzのPCI拡張バスも存在しますが、大半のシステムやアダプタのPCI周波数は33MHzを維持しています。

このI/Oボトルネックを解消するのがPCI-Xテクノロジです。

業界における可能性


  • HPは、自社の包括的なPCI-X開発ツールを幅広く利用できるようにして、業界に対しPCI-X製品の開発を促進する最初の処置を行いました。
  • PCI-Xコア ソース コード、参照設計ガイドおよびインタフェース ドキュメントは、64ビットPCI-Xインタフェース コアの設計例としてVerilog RTLソース コードのすべての機能を実装しています。
  • PCI-Xアーキテクチャおよび分割ガイドラインには、モジュール化ASICに分割する詳細な例が示されています。これにより、異なる市場に対しては、バックエンド アプリケーションおよびインタフェース モジュールに対する設計がより容易に変更できます。この1つの設計ポイントによって、USB、PCIおよびPCI-Xを含む異なるインタフェースの移行を可能にしています。
  • PCIからPCI-Xへの拡張ガイドラインには、PCI 2.2からPCI-Xへの移行にあたり、必要なものや手順を段階に分けて詳細に説明しています。

Golden Master Program


PCI-Xテクノロジ開発をリードする企業として、HPは、業界にクラスで最高のPCI-Xソリューションを提供するため、Golden Master Programを導入しました。Golden Master Programのメンバには、HPが選抜した業界最先端のベンダが数社含まれており、HPのPCI-Xテクノロジの許可を得て、ユーザに最高の付加価値を提供しています。HPはGolden Master関係者に対し、PCIベースの製品に対する業界の採択を容易にし、促進させる価値あるツールや情報を提供しています。Tundra Semiconductorは、このプログラムの最初のメンバとして参加しました。追加メンバ企業も今後数週間のうちに発表される予定です。

HPは、最先端の電子設計オートメーション(EDA)ソリューションのサプライヤであるSynopsys, Inc.とも共同開発を行い、PCI-X設計およびテストプロセス全体を合理化するための構造化PCI-Xテスト環境を業界に提供し、企業が迅速かつ効率的に製品を市場に出せるよう支援しています。

PCI SIGは、任意のPCIベースのテクノロジに対するすべての資料の主要な発行元です。PCIローカル バス標準の発展のリーダとして、PCI SIGは、公式コントロール、マネジメント、テクニカル サポート、トレーニングおよびすべてのPCI標準および関連製品(PCI、PCI-X、PCIホット プラグ、MiniPCIなど)の開発に対する追従テストを維持するオープン標準組識です。詳細については、 www.pcisig.com を参照してください。

幅広い産業のサポート


PCI-Xは、すでにIHVおよびシリコン プロバイダなどのシステムベンダから多くの産業のサポートを集積しています。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項