Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

資料室 - HP ProLiantサーバーに纏わる参考情報です

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

F. サーバーの初期化(工場出荷時設定に戻す)方法について

HP ProLiantサーバーの初期化はEraseユーティリティを使用して行います。Eraseユーティリティを使用すると、HP ProLiantサーバーを工場出荷時の状態に戻して、ハードウェア設定情報を消去することができます。具体的には、NVRAM(不揮発性メモリ)に保存されているROMベースセットアップユーティリティの設定および、ハードディスク上のパーティション情報とSmartアレイコントローラーの設定情報の消去を行います。
EraseユーティリティはSmartStart CDから起動した際に利用できるユーティリティ群に含まれています。OSの再インストールを行う場合は、Eraseユーティリティを使用してHP ProLiantサーバーの初期化を行って下さい。
 
Eraseユーティリティ
  Eraseユーティリティ

Eraseユーティリティ使用時の注意点

  • Eraseユーティリティを使用すると、ハードディスク上のパーティション情報が消去されるため、ハードディスク内のデータを読み取ることができなくなります。大切なデータは必ず事前にバックアップを取ってください。(消去するのはパーティション情報のみで、データを完全に消去するわけではありません。)
  • EraseユーティリティはIntegrated Lights-Outの初期化は行いません。
  • Eraseユーティリティは、ファイバーチャネル接続されたストレージの初期化は行いません。
  • Eraseユーティリティのバージョンが古いと、HP ProLiantサーバーや使用しているSmartアレイコントローラーが対応していない場合があります。必ず最新版のEraseユーティリティを使用してください。

ROMベースセットアップユーティリティによる初期化について

Eraseユーティリティで行える作業はROMベースセットアップユーティリティからも実行できます。アドバンストオプションに以下のメニューがあります。

  • 不揮発性メモリの削除
  • NVRAM/起動ディスクの消去

目次へ戻る 戻る  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項