Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

資料室 - HP ProLiantサーバーに纏わる参考情報です

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

D. BladeSystemインターコネクトスイッチ

p-Class インターコネクトスイッチ

p-Classのインターコネクトスイッチは、サーバーブレードエンクロージャーの両端のスロットに挿入する、ホットプラグ可能な24ポートスイッチとなっています。HPでは、2007年9月末時点で、GbE2インターコネクトキット(GbE2)とCisco Gigabit Ethernetスイッチモジュール(CGESM)の2種類のスイッチをオプションとして提供しています。(スイッチの代わりに、サーバーブレードのネットワークポートをそのまま出力するパッチパネルも提供しています。)
p-Classのインターコネクトスイッチでは、基本的に、1つのサーバーブレードスロットあたり、合計4つのネットワークポートが、左右のインターコネクトスイッチへ2本ずつ配線されています。したがって、スロットに2台挿入できるBL35pの場合は、1サーバーあたり2つのネットワークポートが、左右のインターコネクトへ1本ずつ配線される形となります。(パッチパネルを使用した場合も同様の配線となります。)

p-Classインターコネクトスイッチの配線概要
p-Classインターコネクトスイッチの配線概要

SAN接続は、インターコネクトスイッチを経由して、背面へ配線されています。インターコネクトスイッチの背面に、ストレージ接続キットまたはBrocade 4GビットSANスイッチを装着することで、各サーバーのSAN HBAからのSAN接続が利用可能となります。(パッチパネルの場合は、前面へパススルーされます。)
BL35pの場合、スロット内の2台のブレードサーバーにおける、同一番号のHBA同士がFC-AL接続して、インターコネクトスイッチへ配線されます。

p-Class SAN接続の配線概要
p-Class SAN接続の配線概要

c-Class インターコネクトスイッチ

c-Classのインターコネクトスイッチおよびその配線については、「HP BladeSystem c-Classサイトプランニングガイド」に記載されておりますので、そちらを御覧ください。

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項