Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

2.3. HP ProLiantサーバーのメリット

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

2.3.2. HP ProLiantサーバーのメリット・その2 ― 高性能なデバイスドライバ

HPでは、HP ProLiantサーバーで動作する各OS用に、そのOSで最大のパフォーマンスを実現する、最適化されたデバイスドライバーとユーティリティを ProLiant Support Packと呼ぶパッケージで提供しています。以下に、ProLiant Support Packの概要と、ネットワーク接続に高い信頼性を付与する、HPの高性能なネットワークチーミングドライバーを紹介します。
  • 高性能なHP製ソフトウェアをパッケージ ― ProLiant Support Pack
    ProLiant Support Pack (以下PSP)は、HP ProLiant サーバーのサポートソフトウェアを特定のOS向けにバンドルしたもので、Microsoft Windows、Linux、Novell NetWareのOS毎に提供しています。Microsoft Windows OS用のPSPには複数のSmartコンポーネント(最適化されたデバイスドライバーやマネジメントエージェント、ユーティリティといった自動インストール可能なコンポーネント)とそれらをインストールするHP Smart Update Managerが含まれています(PSP7.90以降)。PSP付属のSmart Update Managerでは、PSP内のSmartコンポーネントを一括インストールできるだけでなく、すでにインストールされているSmartコンポーネントの自動更新も可能となっています。このように、PSPはシステムソフトウェアを効率的にインストール、アップグレード、および管理する上で必要な情報と柔軟性を提供しているので、PSPを活用することでサーバーのメンテナンスコストを削減できます。
    PSPはSmartStart CDに含まれており、SmartStart CDを使ったOSインストール時に自動的に適用されます。また、HPのWebサイトからPSPの最新版をダウンロードして無償で使用することもできます。

  • ネットワークの可用性を向上 − ネットワークチーミング
    ネットワークチーミングとは、複数のネットワークアダプターをまとめて、仮想的な1つのネットワークアダプターを形成する技術です。、ネットワークチーミングを構成すると、通信経路が冗長化されるため、物理ネットワークアダプター、ケーブル、スイッチやハブのポートなどが故障した場合でも、冗長化された何れかの経路が利用できる限り、継続して通信を行うことができます。ネットワークチーミング形成時の通信帯域は、構成により異なり、ネットワークチーミングを形成している全てのネットワークアダプターで送受信を行うためには、接続するスイッチ側の対応が必要となります。
    HPでは、このネットワークチーミングを実現するためのデバイスドライバーを設定ユーティリティとセットにして、「HP ネットワークコンフィギュレーションユーティリティ」(以下NCU)というSmartコンポーネントでMicrosoft Windows Server OS用に提供しています。(Linux用には提供しておりません。)このネットワークチーミング用のデバイスドライバーは、通常のネットワークアダプター用のデバイスドライバーとは分けて提供していますので、必要に応じてインストールすることができます。(ネットワークチーミング環境下では、通常のネットワークアダプター用のデバイスドライバーと、ネットワークチーミング用のデバイスドライバーが連携して動作します。)

    ネットワークチーミングの構成は、以下の4つの種類から選択できます。

    • ネットワークフォールトトレランス (NFT)
      通常は1つのネットワークアダプターで送受信を行い、そのアダプターが障害となったとき、待機していたネットワークアダプターが代わりに送受信を行うという構成です。

      NFTの動作概要
      NFTの動作概要

    • 送信ロードバランシング (TLB)
      送信は全てのネットワークアダプターで負荷分散して行いますが、受信は1つのネットワークアダプターのみで行う構成です。受信に使用しているネットワークアダプターが障害となった場合、他のネットワークアダプターが代わりに受信を行います。

      TLBの動作概要
      TLBの動作概要

    • スイッチアシストロードバランシング (SLB)
      全てのネットワークアダプターで送受信を行う構成です。サーバー側は送信の負荷分散のみを行い、受信側の負荷分散はスイッチ側の機能に依存します。

    • 802.3ad ダイナミック
      SLBと同様に、全てのネットワークアダプターで送受信を行う構成です。IEEE 802.3adで規定されているLACPパケットを送信してダイナミックにネットワークチーミングを形成します。

      SLBおよび802.3ad ダイナミックの動作概要
      SLBおよび802.3ad ダイナミックの動作概要


      以上のネットワークチーミング機能は、対応したネットワークアダプターを装着していれば、NCUをインストールするだけで、無償で利用することができます。

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項