Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

2.2. ハードウェア選択の手引き

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

2.2.3. 拡張カードの増設

  • 拡張カード増設の概要
    サーバーに増設する拡張カードには、ネットワークアダプターやSmartアレイコントローラーの他に、ファイバーチャネルHBASCSIHBAなどがあります。これらの拡張カードを利用することで、SANストレージへの接続等の、サーバー本体だけでは実現できない様々な機能を追加することが可能になります。

    増設方法として、サーバーの中にあらかじめ用意された専用スロットへメザニン(Mezzanine)カードと呼ばれる特殊なカードを追加するものと、PCI-XPCI Expressといった標準の拡張スロットに入れるものがあります。前者は個々のサーバーやサーバーラインナップ毎に用意されることが多く、専用のオプションとなります。後者は、他のサーバーでも共通に利用できるオプションですが、PCI-XPCI Expressの間には互換性が無いため、選択する際に注意が必要です。

    メザニンカードは、サーバーの集積度が高く拡張性も確保したい場合に、よく使われています。たとえば、サーバーの標準的なPCI Expressなどの拡張スロットを犠牲にせずに、アレイコントローラーなどのオプションを追加できるラックマウントサーバーや、拡張スロットにより筐体デザインが大きくなってしまうことを避けたいブレードサーバーなどで、よく使われます。

    メザニンカードの例
    メザニンカードの例
    DL360G5に増設されたSmartアレイE200i(実線円内)と
    同一スロットに増設可能なメザニンカードSmartアレイP400i(点線円内)

    PCI-XPCI Expressの拡張カードを利用する場合、増設するHP ProLiantサーバーの拡張スロットに注意する必要があります。現状サーバー関連のオプションとしては、PCI Expressの拡張カードが主流とっているため、最新世代のHP ProLiant 300シリーズG6では、標準の拡張スロットがPCI Expressのみとなっています。このため、G6サーバーでPCI-Xの拡張カードを利用する場合は、本体の拡張スロットをPCI-Xへ変換するオプションが必要となります。


目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡