Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

1.3. x86サーバーにおける一般的な規格および用語

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

1.3.8. ファイバーチャネル

ここではx86サーバーにおける一般的な技術用語のなかで、ファイバーチャネルに関係するものをまとめています。

  • 光ファイバーケーブル
    光ファイバーケーブルは、コアとクラッドという2つの要素で構成されています。コアは中心部にある光を伝達する部分で、光信号を伝達します。クラッドは中間の層で光の屈折率がコアより大きいので、光はコアに閉じ込められます。光ファイバーケーブルの一番外側の層は、ジャケットまたは被覆と呼ばれています。これはコアとクラッドを損傷から守るための緩衝材です。光ファイバーは、シングルモードかマルチモードのどちらかです。シングルモードファイバーとマルチモードファイバーの主な違いは、コアの物理的な直径です。
    • シングルモードファイバー(SMF)
      シングルモードファイバーは長距離通信に適した媒体です。ビル間の配線や高速バックボーンのネットワークとしても利用できます。
    • マルチモードファイバー(MMF)
      マルチモードファイバーは直径が大きく、複数の光の流れが送信側から受信側までの異なる経路を通ります。主に構内配線として利用され、最大500メートルまでの中距離を伝送します。

  • コネクター
    ファイバーチャネルでは、ほとんどの場合、伝送に光を使用するため、光ファイバーケーブルを接続するコネクター部分で、サーバー内で扱われている電気信号をシリアルの光信号へ変換する必要があります。この光インターフェイストランシーバーには、1Gbの伝送速度ではGBIC(GigaBit Interface Converter)が、2Gb以上の伝送速度では、SFP(Small Form factor Pluggable)と呼ばれるモジュールが用いられます。コネクターの形状は1Gbの場合はSCコネクター、2Gb以上の場合はLCコネクターが一般的に用いられています。

  • FC-ALとFC-SW
    ファイバーチャネルの各デバイスの接続方法は、FC-AL(Fibre Channel Arbitrated Loop)とFC-SW(Fibre Channel Switched Fabric)の2通りがありますが、現在は多くの場合、FC-SWの形態で構築されます。FC-ALは1つのループで複数のデバイス間を結合するため、帯域幅はデバイス間で共用されます。1つのループ上に126デバイスまで接続することができます。FC-SWはファブリックスイッチを導入することで、複数のノードペアが同時に通信できることを可能にしています。1つのファブリック内に1600万デバイスまで接続することができます。FC-SWの環境では、デバイスの名前管理やアドレス管理はファブリックスイッチ側で自動管理される他、ゾーニングと呼ばれるデバイスのアクセス制限もスイッチ側で行うなど、多くの機能がファブリックスイッチ側に実装されています。

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項