Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

1.3. x86サーバーにおける一般的な規格および用語

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

1.3.7. ネットワークアダプター

ここではx86サーバーにおける一般的な技術用語のなかで、ネットワークアダプターに関係するものをまとめています。

  • ジャンボフレーム
    通常のイーサネットフレームサイズは最大1514バイト(IEEE 802.1Q標準に対応している場合は最大1518バイト)と決められていますが、これを越えるサイズのフレームを一般的にジャンボフレームと呼んでいます。ジャンボフレームに格納されるパケットは、標準のフレームよりも多くのデータを1度に送受信できるため、ジャンボフレームを有効にすることで、大量データ送受信の際のパケット分割の処理におけるプロセッサー負荷を低減し、ネットワークのスループットを向上することができます。ジャンボフレームで通信を行うには、通信を行う各ノードのネットワークアダプターだけでなく、通信経路の途中にあるスイッチを含む、全てのネットワーク機器がジャンボフレームに対応している必要があります。

  • PXE
    PXE(Pre-Boot eXecution Environment)は、Intel WfM(Wired for Management)仕様のコンポーネントの1つです。PXEを利用するには、ネットワークアダプターとサーバー側のBIOSがPXEに対応している必要があります。また、PXEはDHCPの拡張機能という位置づけのため、ネットワーク上にDHCPサーバーが必要となります。PXEを利用した場合、ハードディスクやCDROM起動と同様にネットワークアダプターを起動デバイスとして指定することができ、OSなどの起動ディスクイメージをネットワーク経由でダウンロードしてサーバーを起動できます。PXEを導入した環境では、サーバーの起動イメージをネットワーク上で集中して管理できるため、サーバーの管理効率が向上します。

  • WOL
    WOL(Wake On LAN)は、ネットワーク経由でサーバーの電源を投入することを可能にする技術です。ネットワークに接続されたWOL対応のネットワークアダプターへマジックパケットと呼ばれる特別なパケットを送信することで起動を指示します。WOLを利用するには、ネットワークアダプターとサーバー側のBIOSがWOLに対応している必要があります。WOLを利用すると、遠隔の管理者が使用しているクライアントPCからサーバーを起動できるため、サーバーの管理効率が向上します。

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡