Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

1.3. x86サーバーにおける一般的な規格および用語

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

1.3.5. ATA

ここではx86サーバーにおける一般的な技術用語のなかで、ATA(Advanced Technology Attachment)に関係するものをまとめています。

  • ATA(パラレルATA)
    ATAとは、Compaq Computer等が開発した安価なハードディスク接続方式であるIDE(Integrated Drive Electronics)を標準化した規格を指します。ATAの規格の種類は以下のとおりです。

    規格 呼名 転送モード 最大転送速度 信号線
    ATA IDE - 8.33MB/s 40本
    ATA-2 Enhanced IDE - 16.7 MB/s
    ATA-3 Enhanced IDE - 16.7 MB/s
    ATA-4 Ultra ATA 33 Ultra DMA 33 33.3 MB/s
    ATA-5 Ultra ATA 66 Ultra DMA 66 66.7 MB/s 80本
    ATA-6 Ultra ATA 100 Ultra DMA 100 100 MB/s
    ATA-7 Ultra ATA 133 Ultra DMA 133 133 MB/s
    ATA規格の種類

    以上の規格は、ハードディスクとコントローラー間でデータビットをパラレルに転送することから、パラレルATAと呼ばれています。パラレルATAでは、安価なハードディスクを使用しており、各規格間の下位互換性を維持しながら、1つのATAコネクターに最大2つのデバイスを接続できます。コントローラーおよびハードディスクのコネクターは40ピンとなっていますが、接続に使用するケーブルがATA-5以降は80芯となっているため、ATA-5以降のデバイスを接続する場合は、80芯に対応したケーブルが必要となります。パラレルATAは、以前はデスクトップ製品とノートブック製品で中心的に使用されており、低価格帯のサーバーでも一部で採用されていましたが、現在では、殆どのデスクトップ製品と低価格帯のサーバーにおいて、次項で説明しているシリアルATAが採用されています。

  • シリアルATA
    シリアルATA(以下SATA)は、ATA 133(ATA-7)を越えるパラレルATAの速度の向上を阻む電気的なシグナリング、ケーブリング、およびデータ堅牢性の問題に対応した技術です。SATAは、より低いシグナリング電圧、エンドツーエンドのデータ保護、ホットプラグ機能、およびコネクターピン数の減少を実現し、パラレルATAのケーブルと比較して、細くかさばらないケーブルによる簡単な配線を可能にしています。コントローラーとハードディスクの接続はポイント・ツー・ポイント形式で、コントローラーポートあたり1台のハードディスク接続となるため、パラレルATAより高速なデータ転送が可能です。SATAは現在発売されているデスクトップ製品および低価格帯サーバーにおける標準的なハードディスクインターフェイスとなっています。(一般的にデスクトップ製品のSATAハードディスクはホットプラグには対応していません。)
    SATAはパラレルATAとハードウェアの互換性はありませんが、ATAプロトコルは完全な互換性があるため、既存のATAデバイスドライバーを利用できます。現在の主流は第二世代のSATA Revision 2に準拠した製品となっており、最大データ転送速度が3.0Gb/sで、ドライブ内部での入出力処理を最適化するNCQ機能が実装されている等の特徴があります。SATAに関するより詳細な情報は、ホワイトペーパー「Serial ATA technology(英語)」を御覧ください。
     
    SATAケーブル(写真中央)
    SATAケーブル(写真中央)

      パラレルATA
    (ATA-7)
    SATA 1.5Gb/s
    帯域幅 133MB/s 150MB/s
    電圧 5V 250mV
    ピン数 40 7
    ケーブル長 45.7cm(18インチ) 100cm(39インチ)
    1ケーブルあたりの接続デバイス数 2 1
    パラレルATAとSATAの比較

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項