Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

1.3. x86サーバーにおける一般的な規格および用語

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

1.3.1. プロセッサー

ここではx86サーバーにおける一般的な技術用語のなかで、プロセッサーに関係するものをまとめています。プロセッサーに関するより詳細な情報に関しては、「業界標準サーバー用のx86プロセッサーの特性 AMD OpteronおよびIntel Xeon技術概要、第2版」を御覧ください。

  • x64拡張(x86-64)
    x64拡張とは、x86命令セットアーキテクチャーの完全な互換性を維持しながら、プロセッサーの動作(レジスタや演算装置)を64ビットに拡張したものです。x64拡張はAMDのOpteronプロセッサでAMD64命令セットとして最初に開発され、その後IntelがAMD64命令セットと互換性を持つEM64T命令セットをPentium4およびXeonプロセッサーへ実装したことで、現在発売されているサーバーに搭載されているプロセッサーにおいて一般的な技術となりました。x64拡張を備えたプロセッサーでは、64ビットロングモード、64ビット互換モード、および32ビットレガシーモードの3つの異なる動作モードがあり、これらのモードは使用するOSによって自動的に切り替えられます。64ビットモードで動作させるには、Windows Server 2003 x64 Editionsなどの64ビット対応OSが必要となります。

      32ビット
    レガシーモード
    64ビット
    互換モード
    64ビット
    ロングモード
    OS 32ビット 64ビット 64ビット
    アプリケーション 32ビット 32ビット 64ビット
    x64プロセッサーにおける動作モード

    64ビット対応OSと64ビット対応アプリケーションを利用した場合、64ビットロングモードで完全な64ビット環境として動作し、32ビット環境と比較して大量のメモリを使用できるため、気象解析や衝突解析といった科学技術計算などの大量のデータを取り扱う処理で優れた処理性能を実現します。
    尚、x64拡張による64ビット環境は、IntelのItanium2プロセッサーによる64ビット環境と互換性はありません。

  • マルチコア
    マルチコアプロセッサーとは、1つ以上のダイの上に複数の完全なプロセッサー実行コアを搭載した、単一の物理パッケージです。現時点では2つのコアを搭載したデュアルコア、および4つのコアを搭載したクアッドコア、6つのコアを搭載したヘキサコアのプロセッサーが存在します。デュアルコアアーキテクチャーでは、計算スレッドをそれぞれのコアに分散できるため、マルチスレッド化アプリケーションの利点が活かせ、複数スレッドによる同一実行リソースへの競合が減少します。このため、マルチスレッド化されたアプリケーションでは、より高度なパフォーマンスが実現します。
    将来的には、より多くのコアが単一の物理パッケージに搭載され、プロセッサーのマルチコア化が進むと言われています。

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項