Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

1.2. HP ProLiantサーバーのハードウェアで提供されるメリット

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

1.2.6. HP ProLiantサーバーのハードウェア・その6 ― ネットワーク関連

サーバーはネットワーク経由でクライアントへサービスを提供するため、ネットワークアダプターは、サーバーにとって必須のコンポーネントとして位置づけられます。サーバーでは一般的に、1秒あたりの転送速度が1ギガビットのネットワークアダプターが採用されています。

HPのネットワークアダプターは、ジャンボ フレームPXE、コールド ブートWOL(Wake-On-LAN)、および性能を向上するさまざまなオフロード機能をサポートしています。各ネットワークアダプターでサポートされる機能は異なりますので、詳細については、「HP Network Adaptors for ProLiant DL and ML Servers(英文資料)」のTechnical specificationsの項を御覧ください。 2009年5月末時点で発売されている全てのHP ProLiantサーバーの内蔵ネットワークアダプターにおいて、PXEおよびWOLに対応しています。

  • 各製品ラインのネットワークアダプター搭載数
    HP ProLiantサーバーの3つの製品ライン(MLサーバー、DLサーバー、BLサーバー)全てにおいて、ネットワークアダプターは標準で内蔵されています。2009年5月末時点で発売されている各製品ラインにおけるネットワークアダプターの搭載数(ネットワークポート数)は、以下の通りとなります。
    • MLサーバー:基本的に1つのネットワークポートが搭載されています。モデルによっては、2つまたは4つ搭載されているものもあります。
    • DLサーバー:基本的に2つのネットワークポートが搭載されています。(G5以前のDL180のみネットワークポートが1つとなっています。)DL380 G6は4つのネットワークポートを搭載しています。
    • BLサーバー:2つ以上のネットワークポートが搭載されています。

  • 豊富なネットワークアダプターオプション
    より多くのお客様の御要望に応えるために、HP ProLiantサーバー用のオプションとして、接続メディアに光ファイバーケーブルを使うネットワークアダプターや、iSCSIプロトコル処理をハードウェアで実行するマルチファンクションNIC等、多くのネットワークアダプターが用意されています。詳しくは「通信/NIC」のオプション紹介ページを御覧ください。
    • マルチファンクションNICの機能
      HPのマルチファンクションNICには以下の2つの機能があります。
        accelerated iSCSI
        iSCSIとは、IPネットワーク上でSCSIプロトコルをやり取りすることで、ネットワーク経由でストレージ装置を直接操作することを可能にするプロトコルです。マルチファンクションNICは、iSCSIプロトコルの処理をハードウェアで実行する機能を持っているため、iSCSI使用時のプロセッサー負荷を低減することができます。マルチファンクションNICは、通常のネットワークアダプターとしての動作に加えて、iSCSIストレージのホストバスアダプターとしても動作します。
        TCP/IPオフロードエンジン(TOE)
        TCP/IPのパケットは、通常OSに含まれるソフトウェアで処理されるため、ネットワークの負荷が高くなると、プロセッサーの負荷も高くなる傾向があります。マルチファンクションNICは、2台のシステム間で、大量のTCPパケットを送受信した場合に、TCP/IPのパケット処理をハードウェアで高速に処理できる機能を提供するため、TCPパケット処理によるプロセッサーの負荷を低減させることができます。この機能を利用するには、OS側の対応が必要です。

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項