Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

1.2. HP ProLiantサーバーのハードウェアで提供されるメリット

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む

1.2.1. HP ProLiantサーバーのハードウェア・その1 − サーバー筐体

サーバー筐体(きょうたい)とは、プロセッサーやメモリなどを装着するシステムボードや、電源、ストレージといったコンポーネントを納めている箱のことです。x86サーバーの筐体デザインは、サーバーの用途によって変わります。たとえば、オフィスフロアなどに設置することを前提としたタワー型や、サーバーラックにマウントして使われることを前提としたラック型といったように、それぞれの目的や用途によって最適な筐体を選べるようになっています。また、形状的な違い以外にも、メーカーがどのように、x86サーバーを設計しているかという部分がはっきり出るところとも言えます。

HP ProLiantサーバーの製品設計のコンセプトとして、HP ProLiantサーバーおよびその関連製品について、一貫性を維持するという点があげられます。これはサーバーのみならずサーバー関連のオプションやソフトウェアを自社開発しているHPならではのポイントです。
たとえば、HPは個々の部材を自社で設計開発しているので、ホットプラグ用の部材を交換する際に使うレバーを、レバーの片側を引き上げるだけで扱えるように、共通化を行えます。部材一つ一つの設計の共通化により、全体として物理的な部品の交換プロセスを共通化するといった一貫性を保つことができるのです。

このようなHP ProLiantサーバーの筐体デザインやソフトウェアツールの操作性などに一貫性を持たせることで、製品毎に新たな手順などを覚える必要が無くなります。その結果として、セットアップ、操作性、保守性といった面で、複雑さの低減と総所有コストの削減につながります。

HP ProLiantサーバーの一貫性という点で、筐体デザインに関する部分は、LEDインジケーターや、部材の色や形などを共通化しているという点があげられます。

  • LED インジケーター
    HP ProLiantサーバーの前面には、サーバーの識別や状況確認のためのフロントパネルLEDがあります。このフロントパネルLEDにより、ネットワークアクセス状況やハードウェア異常などを、LEDの色と点灯・点滅などから一目で把握できます。サーバーの機種によって若干の違いはありますが、フロントパネルLEDとしてUID(Unit ID: ユニットID)やシステムヘルス、ネットワークアダプター、ドライブ(ハードディスク)、電源などのLEDなどを用意しています。
    フロントパネルLEDで、システムの状況やサーバーの識別をあらわすLEDの動作は共通化されています。たとえば、システム状況を示すLEDでは、正常に起動している場合には緑色で表示されていますが、異常時には障害のレベルにより黄色もしくは赤色で表示されます。システム状況を示すLEDとしては、システムヘルスLEDがあります。障害発生などの際にすばやくアクセスできるように、システムヘルスLEDとして内部ヘルスLEDと外部ヘルスLEDが用意されています。
    外部ヘルスLEDは、ホットプラグ対応の電源部などを持つ機種に用意されていて、サーバーのカバーを開けずに外側からアクセス可能なコンポーネントの障害などを表示します。また、内部ヘルスLEDは、すべての機種で用意されており、サーバーのカバーをあけて対応する必要のあるコンポーネントの障害を表示します。内部ヘルスLEDで障害が表示された場合、サーバーのカバーをあけてシステムボード上のLEDで障害位置を特定できます。なお、300シリーズの一部では、システムボード上のLEDをサーバー前面から確認できるSystems Insight Displayを搭載しており、本体のカバーを開けずに障害位置の特定を行うことができます。
     
    DL380 G6のSystems Insight Display
    DL380 G6のSystems Insight Display

    また、マシンルーム内やラック内でサーバーを識別するために利用されるUIDには、青色のLEDが使用されています。このUIDはサーバーのUIDボタンを使って点灯させることや、管理ツールなどからリモートで点灯することができるようになっており、複数のサーバーの中から対象のサーバーを探す際に有効に利用できます。
    そのほかにもネットワークアダプターやハードディスクのアクセスを示すLEDや、電源ボタンと一体化した電源On/Offなどの状態を示すLEDなども用意されています。

  • タッチポイントカラー
    交換時や作業時に手の触れる「タッチポイント」部分の色を塗り分けることで、その部材に対して必要なアクションを、管理者やサービス担当者が一目で理解できるようにしています。
    ホットプラグ対応のコンポーネントのタッチポイントはポートワイン色、交換に先立ちシステムのシャットダウンを必要とするコンポーネントのタッチポイントはスレートブルー色で表現されています。
     
    左はDL380 G6のホットプラグファン、右はDL360 G6の非ホットプラグファン
    タッチポイントカラーの例 左はDL380 G6のホットプラグファン、
    右はDL360 G6の非ホットプラグファン

  • 部材の取り付け・取り外し
    筐体のカバー取り外し用ラッチやラックマウント時の固定用ラッチを、ワンタッチで行える共通のデザインにして、取り外しや取り付けを容易にしています。そのほかにもサーバーをラックマウントする時の、ケーブルマネジメント用の部材や、サーバーをラックマウントするときに使用するラックレールなども工夫が凝らされています。

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項