Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

1.1. 全般

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む

1.1.1. サーバーとクライアントの違いについて

一般的に、サーバー機とは、コンピューターネットワーク内で自身の持っている機能やデータをクライアント機に提供するコンピューターを指します。サーバー機は、複数のクライアント機から利用される業務サービスの提供や、重要なデータの保存等に使用されるため、個人が使用するクライアント機に比べると次のような特徴があります。

  • サーバー機の特徴(HP ProLiantサーバーの特徴)
      性能
    • 最新のx86アーキテクチャーのプロセッサーや、チップセットを採用
    • 1プロセッサーから8プロセッサーまでの幅広いラインアップ
    • 高速なインターフェイス:ハードディスク制御に、高速で信頼性の高いSAS(シリアル接続SCSI)インターフェイスが利用できます。その他、ファイバーチャネルによるSAN接続や、Gigabit Ethernetなどで、外部機器と高速に接続できます。

  • 拡張性、スケーラビリティ
  • 耐障害性
    HP ProLiantサーバーはサブシステムの故障の際、サーバーを停止させないように独自に採用した機能により、より高いフォールトトレランスを提供しています。
  • 保守管理
    HP ProLiant サーバーでは1000以上のパラメーターを監視し、障害が発生する前に管理者に警告を発信する機能を備えています。(インテル社のプロセッサーを搭載した100シリーズG6および200シリーズ以上)
    これにより、トラブルが発生する前に計画的な予防保守が可能となりサーバーのダウンタイムを最小限に押さえ大幅なコストダウンを図ることができます。

    HP Systems Insight Managerの監視イメージと、ProLiantサーバーの主な監視項目
    HP Systems Insight Managerの監視イメージと、HP ProLiantサーバーの主な監視項目
    このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

    • 事前予防保証:保証対象となる製品のECCメモリ、ハードディスク、プロセッサーの障害の予兆をHPの管理ツールであるSystems Insight Managerによって検出した場合、保証期間内であれば、実際の故障が発生する前に無償にて部品の交換を行っています。
    • 障害復旧:HP ProLiantサーバーに実装されているASR(自動サーバー復旧)機能は、サーバーに重大な障害が発生した場合に自動的に再起動を行います。ASR機能により、サーバーの信頼性が向上します。

      事前予防保証および障害復旧機能はHP ProLiant 200シリーズ以上で提供されます。

目次へ戻る 戻る 次のページへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項