Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー ストレージ

HP PCIeワークロードアクセラレータ
for ProLiantサーバー

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  サポート&ドライバー
  システム構成図
  保証/サービス
  カタログ

製品の説明

HP PCIeワークロードアクセラレータfor ProLiant ML/DL/BL/SLサーバーは、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、ソリッドステートストレージテクノロジーを使用した直接接続型のPCIeカードベースのソリューションです。 NANDフラッシュテクノロジーに基づくこれらのデバイスは、高いトランザクションレートとリアルタイムデータアクセスを必要とする低レイテンシワークロードに最適です。
   
  PCIeワークロードアクセラレータHH/HL
PCIeワークロードアクセラレータHH/HL

新機能

  • HP 1.3TB、1.6TB、3.2TB、6.4TB Read Intensive PCIeワークロードアクセラレータ

モデル

HP PCIeワークロードアクセラレータオプション

Read Intensive (RI) PCIeワークロードアクセラレータ

6.4TB RI PCIe Workload Accelerator 831739-B21
3.2TB RI PCIe Workload Accelerator 831737-B21
1.6TB RI PCIe ワークロードアクセラレータ 831735-B21
1.3TB RI PCIe ワークロードアクセラレータ 831733-B21

Mixed Use (MU) PCIeワークロードアクセラレータ

HP 5.2TB LE PCIe ワークロードアクセラレータ 775672-B21
HP 2.0TB MU NVMe PCIe ワークロードアクセラレータ 803204-B21
HP 1.6TB MU NVMe PCIe ワークロードアクセラレータ 803202-B21

Write Intensive (WI) PCIeワークロードアクセラレータ

HP 1.6TB NVMe WI PCIeワークロードアクセラレータ 803197-B21
HP 800GB NVMe WI PCIeワークロードアクセラレータ 803195-B21

サーバーとの互換性

各サーバーのシステム構成図をご参照ください。
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/sh_system.html

標準機能

PCIeワークロードアクセラレータとは

HP PCIeワークロードアクセラレータは、PCIバス上で直接ソリッドステートストレージテクノロジーを使用する、PCIeカードベースの高度なストレージデバイスです。優れたデータ読み取り/書き込み速度により、アプリケーションのパフォーマンス向上に寄与します。アプリケーションパフォーマンスの向上は、ビジネスによい成果をもたらします。また、データベース、仮想化、データ解析などのIOに依存したワークロードを高速化することで、コストと時間が大幅に節約されます。

シングルレベルセルおよびマルチレベルセル

NANDテクノロジーは、フラッシュメモリのセルにデータを保存します。シングルレベルセル (SLC) は1つのセルに1ビットを保存しますが、マルチレベルセル (MLC) は1つのセルに2ビットを保存します。MLCはより多くのデータを1つのデバイスに保存できますが、SLCより耐久性に劣ります。

IOおよび読み取り/書き込みパフォーマンス

HP PCIeワークロードアクセラレータは、読み取り最大715,000 IOPS、書き込み最大95,000 IOPSの優れたI/Oパフォーマンスを提供します。また、読み取り最大3.0GB/s、書き込み最大2.5GB/sの高スループットを実現します。

レイテンシ

HP PCIeワークロードアクセラレータのデータアクセスレイテンシは非常に低く、4Kブロックの書き込み時が250マイクロ秒、4Kブロックの読み取り時が100マイクロ秒です。つまり、回転式磁気メディアと比べると実質的なシークタイムは0です。

RAM要件

ドライバーに必要なRAMの空き容量は、ドライブへの書き込み時に使用されるブロックのサイズによって異なります。ブロックが小さいほど、より多くのRAMが必要になります。ストレージ容量100GBあたりに必要なRAM容量のガイドラインを以下に示します。
平均ブロックサイズ
(バイト)
ストレージ100GBあたりに
必要なシステムRAM容量 (MB)
(ドライバーバージョン2.x/3.x)
8,192 280MB
4,096 (最も一般的) 530MB
2,048 1,030MB
1,024 2,000MB
512 3,970MB

管理性

設定、監視、ファームウェアのアップグレードに利用できるコマンドライン (CLI) ツール (LinuxおよびWindows用)。
RealSSD Manager GUI (LinuxおよびWindows用)。

PCI ID

ベンダーIDおよびデバイスIDは1344:5150、1344:5160、 8086:0953
サブシステムベンダーIDおよびデバイスIDは1590:D082、1590:D083、1590:0097、1590:D098、 1590:00BB、1590:00BC、1590:00BD、1590:00BE、1590:00BF

アップグレード

HP PCIeワークロードアクセラレータのコントローラーは、将来、新しいファームウェアでアップグレードできます。サポートされているすべてのオペレーティングシステム用に、オンライン ファームウェア アップグレード ツールが用意されます。

ウェアレベリング

NANDフラッシュデバイスが採用する半導体テクノロジーには、デバイスに書き込めるデータ量に限度 (最大書き込み容量) があります。NANDストレージのセルの損耗に起因する予測寿命は、NANDの種類やデバイスへの書き込みの量によって異なります。

最大書き込み容量

HP Read Intensive (RI) Mezzanineワークロードアクセラレータ
HP 1.2TB RI
ワークロードアクセラレータメザニン
HP 1.6TB RI
ワークロードアクセラレータメザニン
1.2TB 1.6TB
1日あたりの書き込み容量: 0.6ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 0.6ドライブ
1.3PB (累計書き込み容量) 1.8PB (累計書き込み容量)

HP NVMe Mixed Use (MU) PCIeワークロードアクセラレータ
HP 800GB NVMe MU PCIe
ワークロードアクセラレータ
HP 1.6TB NVMe MU PCIe
ワークロードアクセラレータ
800GB 1.6TB
1日あたりの書き込み容量: 3ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 3ドライブ
4.8PB (累計書き込み容量) 8.8PB (累計書き込み容量)

HP 2.0TB NVMe MU PCIe
ワークロードアクセラレータ
2.0TB
1日あたりの書き込み容量: 3ドライブ
11.0PB (累計書き込み容量)

HP NVMe Write Intensive (WI) PCIeワークロードアクセラレータ
HP 800GB NVMe WI PCIe
ワークロードアクセラレータ
HP 1.6TB NVMe WI PCIe
ワークロードアクセラレータ
800GB 1.6TB
1日あたりの書き込み容量: 10ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 10ドライブ
14.6PB (累計書き込み容量) 29.2PB (累計書き込み容量)

HP Read Intensive (RI) PCIeワークロードアクセラレータ
HP 1.3TB VE PCIe
ワークロードアクセラレータ
1.3TB RI PCIe
ワークロードアクセラレータ
1.3TB 1.3TB
1日あたりの書き込み容量: 0.5ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 0.6ドライブ
1.1PB (累計書き込み容量) 1.3PB (累計書き込み容量)

HP 1.6TB VE PCIe
ワークロードアクセラレータ
1.6TB RI PCIe
ワークロードアクセラレータ
1.6TB 1.6TB
1日あたりの書き込み容量: 0.5ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 0.6ドライブ

1.6PB (累計書き込み容量)

1.8PB (累計書き込み容量)

HP 3.2TB VE PCIe
ワークロードアクセラレータ
3.2TB RI PCIe
ワークロードアクセラレータ
3.2TB 3.2TB
1日あたりの書き込み容量: 0.5ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 0.6ドライブ
3.1PB (累計書き込み容量) 3.6PB (累計書き込み容量)

HP 6.4TB VE PCIe
ワークロードアクセラレータ
6.4TB RI PCIe
ワークロードアクセラレータ
6.4TB 6.4TB
1日あたりの書き込み容量: 0.5ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 0.6ドライブ
6.3PB (累計書き込み容量) 7.3PB (累計書き込み容量)

HP Mixed Use (MU) PCIeワークロードアクセラレータ
HP 1.0TB LE PCIe
ワークロードアクセラレータ
HP 1.3TB ME PCIe
ワークロードアクセラレータ
1.0TB 1.3TB
1日あたりの書き込み容量: 3ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 3ドライブ
5.5PB (累計書き込み容量) 7PB (累計書き込み容量)

HP 1.4TB ME PCIe
ワークロードアクセラレータ
HP 2.6TB ME PCIe
ワークロードアクセラレータ
1.4TB 2.6TB
1日あたりの書き込み容量: 3.9ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 3ドライブ
10PB (累計書き込み容量) 14PB (累計書き込み容量)

HP 5.2TB ME PCIe
ワークロードアクセラレータ
5.2TB
1日あたりの書き込み容量: 3ドライブ
28PB (累計書き込み容量)

HP 700GB ME PCIe
ワークロードアクセラレータ
HP 1.4TB ME PCIe
ワークロードアクセラレータ
700GB 1.4TB
1日あたりの書き込み容量: 3.9ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 3.9ドライブ
5PB (累計書き込み容量) 10PB (累計書き込み容量)

HP Write Intensive (WI) PCIeワークロードアクセラレータ
HP 350GB HE PCIe
ワークロードアクセラレータ
HP 700GB HE PCIe
ワークロードアクセラレータ
350GB 700GB
1日あたりの書き込み容量: 39ドライブ 1日あたりの書き込み容量: 39ドライブ
25PB (累計書き込み容量) 50PB (累計書き込み容量)
注: この製品は書き込める容量に上限があります - 上記は、書き込みによってデバイスが損耗するまでの最大書き込み容量です。 Drive Writes per Day (DWPD) は、5年の間、1日にドライブの全容量を4K単位で書き換えることができる回数です。

データの整合性

高度なECC技術を使用することにより、HP PCIeワークロードアクセラレータは、1,024バイトにつき最大16ビットを訂正できます。この製品の設計目標では、訂正不能データが発生する確率は10の17乗分の1です。

サポートされるOS

PCIe ワークロードアクセラレータ、ワークロードアクセラレータメザニン製品 (NVMe製品は非対象)
*最新ドライブのVSL4.1.2よりサポート

RHEL 5 (5.11まで)、6 (6.6まで) 、7(64ビットのみサポート)
SLES 11 SP2/SP3, 12 (64ビットのみサポート)
Windows Server 2008 R2 SP1、2012、2012 R2 (64ビットのみサポート)
VMware ESX 5.x
CentOS 5 (5.10まで)、6 (6.5 まで)、7
Ubuntu 12.04, 14.04
注: HP PCIeワークロードアクセラレータは、現時点ではブートデバイスとしてサポートされていません。

構成

異なる容量の混在が可能、OS RAIDに対応

保証とサービス

保証

3年間部品のみ保証(カスタマーセルフリペア (CSR))。ただし、保証使用量の設定あり。詳しくは以下をご確認ください。
ワークロードアクセラレータの保証使用量について

保証、サポートおよびサービスの詳細については「HP ProLiant サポート & サービス」をご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項