Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  サーバ ストレージ

HP SAS(Serial Attached SCSI)ドライブ(サーバ)

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP SAS(Serial Attached SCSI)ドライブ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
  仕様一覧
    Q&A
  システム構成
  カタログ

Q&A

一般的な質問


Q1. Serial Attached SCSIとは何ですか。
A1. Serial Attached SCSI(SAS)は、SCSIインタフェースが論理的に発展した規格で、企業のデータ センタのスケーラビリティ、パフォーマンス、信頼性、管理性の要件を満たすとともに、エンタープライズ ストレージ インフラストラクチャをSASドライブとSATAディスク ドライブの両方に提供します。SASインタフェースはSATAデバイスと互換性があり、この互換性によってユーザはサーバおよびストレージ サブシステム配備にかつてない選択肢を得られます。

Q2. Serial Attached SCSIが開発された理由は何ですか。
A2. SASは、パラレル接続のSCSIに代わり、今後求められるI/O需要およびダイレクト接続ストレージ需要に応じるために設計されました。SATAとの接続互換性を提供し、SCSIの信頼性、パフォーマンス、および管理性と共に、シリアル接続ならではのパフォーマンスを発揮します。

Q3. Serial Attached SCSIがストレージ業界に与えるメリットは何ですか。
A3. SASは、実績あるSCSIプロトコルを利用しつつシリアル インタフェースを基盤とすることで、強力なソリューションと世代間の一貫性を提供します。増加を続けるサポート デバイス数と帯域幅を考慮して、今日のParallel SCSI環境の課題となっているオーバーヘッドの問題を削減します。SATAデバイスとの互換性は、デスクトップ クラスのATAテクノロジとの下位互換性をお客様に提供します。
信号ルーティングの簡素化とコネクタの小型化により、スモール フォーム ファクタ ハードディスク ドライブなど新世代の高密度デバイスを可能にし、また、ストレージ ソリューションの外部への規模拡大を可能にします。

Q4. Serial Attached SCSIのエンド ユーザの利点は何ですか。
A4. お客様にとってのの主要な利点は、エンタープライズ クラスの堅牢性、SCSIソフトウェアおよびミドルウェアとの互換性による投資保護、および直接接続ストレージ デバイスの選択肢(SAS/SATA)が含まれます。さらに、高いパフォーマンス、小型のフォーム ファクタ、および優れたアドレス指定能力など全てが、主要なメインストリーム データ サーバおよびサブシステムの配備の際しての柔軟性を新たなレベルに引き上げます。SASは、業界をリードするSCSI仕様に基づいており、その信頼性と安心感は、データ センタの継続性に対するニーズを満たします。

Q5. 発表されているSASドライブは何ですか。また、その製品番号を教えてください。
A5. 10K 2.5インチ スモール フォーム ファクタ
  • 72GB - 375859-B21
  • 36GB - 375861-B21

15K 3.5インチ フォーム ファクタ

  • 146GB - 375872-B21
  • 72GB - 375870-B21
  • 36GB - 375868-B21

技術的な質問


Q1. Serial Attached SCSIコネクタは、現在のSCSIサーバおよびストレージ ソリューションのコネクタと互換性がありますか。
A1. いいえ。SASコネクタは現在のSCSIコネクタと異なります。非常に小さいものです。

Q2. Serial Attached SCSIはSerial ATAを補完するものですか。
A2. SASは、デュアル ポート、フル デュプレックス、デバイス アドレッシングを追加することでSATAを補完し、より高い信頼性、パフォーマンス、データ可用性サービスを提供します。これらの測定値は、サポート デバイスの増加など、仕様が進化するにつれて向上を続けます。SATAは、コスト意識が高く作業負荷が多くない、ミッション クリティカルではないディスク ストレージ環境をターゲットとしています。最も重要な点は、SASとSATAの接続互換性に基づいた補完テクノロジがあるという点で、これによりお客様は、費用対効果の高いSATAドライブをSASストレージ環境に配備するという選択肢があります。

Q3. 2.5インチ ドライブの電源および冷却機能の利点は何ですか。
A3. SFFドライブは、3.5インチ ドライブと比較して、占有体積が70%未満、使用電力が50%未満です。このドライブのスモール フォーム ファクタによって、システムは、1U当たりより多くのドライブを収容することができ、合計システムIOPs/Uを増加させます。

Q4. SASドライブの速度は、どの程度ですか。
A4. 現在のところ、2.5インチ ドライブは10,000RPMで、3.5ドライブは15,000RPMで動作します。どちらもSAS 3Gb/秒インタフェースを備えています。

Q5. SASは、デュアル ポートですか。
A5. はい。SASドライブは、デュアル ポートです。SATAドライブは、シングル ポートのままです。

技術的な質問


Q1. どのような場合にSASハードディスク ドライブを使用すべきですか。
A1. お客様は、データベース アプリケーションのように24時間×週7日間のデューティ サイクルが必要とされたり、高トランザクション レベル アプリケーションが標準であったりするような、ミッション クリティカルで高作業負荷のアプリケーション用途のサーバやバルク ストレージにSASドライブを使用すべきです。SASドライブは、もっぱら、パフォーマンスと信頼性の特性をもつように設計されています。

Q2. Serial Attached SCSIソリューションの予測コストについて教えてください。
A2. SASソリューションは、現在のSCSI環境ソリューションの価格より高くはならないと考えています。

Q3. 同じサーバやストレージ システムにSASドライブとSATAドライブを混在させることはできますか。
A3. はい。システムが固有のSASシステムであるかぎり、SASは、SASドライブ、SATAドライブ、またはSASドライブとSATAの同一エンクロージャでの混在が可能な柔軟性をもっています。

Q4. SASドライブの保証期間について教えてください。
A4. SASハードディスク ドライブには、3年間の保証を用意しています。前世代のParallel SCSIハードディスク ドライブの保証と同じです。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項