本文に進む 日本−日本語
≫ お問い合わせ
more options -->
製品とサービス |  IAサーバ | オプション | Smart アレイ クラスタ ストレージ

Smart アレイ クラスタ ストレージ


ProLiant HOME

HPのエンタープライズ戦略
Adaptive Enterprise
製品情報
ProLiant サーバ情報
  エントリレベル サーバ情報  
  ソフトウェア情報  
  サーバストレージ情報  
  オプション製品情報  
  管理ツール情報  
  技術情報  
  製品価格一覧  
  旧製品情報  
構成情報/ソリューション
システム構成情報
  導入前のアドバイス  
  導入事例  
  ソリューション  
サポート
サポート一覧
  ダウンロード サービス  
  マニュアル ライブラリ  
サービス
保証/サービス一覧
ニュース & プロモーション
ProLiant ニュース
ProLiant プロモーション
サイトマップ
ページ案内
関連リンク
HP Integrity
HP Storage
販売パートナー
HP DirectPlus-日本HPのオンラインストア

Smartアレイ クラスタ ストレージ イメージ
製品情報/QuickSpecs
Showcase
    概要説明  
  仕様一覧  
  カタログ  

概要説明

前面
背面
     
Smartアレイ クラスタ ストレージ前面 イメージ   Smartアレイ クラスタ ストレージ背面 イメージ
     
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイのボタン
  3. ディスプレイのインジケータ
  4. Smartアレイ クラスタ コントローラ
  5. 電源スイッチ
  6. ステータス インジケータ
  7. リダンダント コントローラ スロット ブランク
  8. ドライブ ベイ
 
  1. パワー サプライ/空冷ファン インジケータ
  2. パワー サプライ/空冷ファン アセンブリ
  3. SCSIポートA
  4. SCSIポートB
  5. SCSI I/Oインジケータ
  6. 内蔵環境モニタ ユニット(EMU)付き
    SCSI I/O
新機能

  • SSP(セレクティブ ストレージ プレゼンテーション)機能
  • 4ポート共有ストレージ モジュール(オプション)
  • Smartアレイ マルチパス ソフトウェア(オプション、4ポート共有ストレージ モジュールに標準添付)
  • 新しいUltra320 SCSIのユニバーサル ハードディスク ドライブ(10Kおよび15K rpm)のサポート
  • それぞれ146GBのHP製ユニバーサル ハードディスク ドライブを14台使用することにより、総容量2TBを実現
  • DL580 G2、DL360 G3、DL380 G3、ML350 G3、およびML370 G3を追加サポート
  • 工具不要の新しいユニバーサル ラック レール キットはHPラックをサポート
  • Red Hat® Linux® 7.3、8.0、Red Hat Linux Advanced Server 2.1、SuSE® Linux Enterprise Server 7(SLES 7)をサポート
  • SCO® OpenServer 5.0.5および5.0.6aをサポート
特長

  • 2ノードのSCSIクラスタリングまたは複数ノードの直接接続ストレージ(DAS)機能
  • システム ステータス メッセージ表示用LCD付きのリダンダントSmartアレイ コントローラ
  • リダンダント パワー サプライおよびファンを標準装備
  • HP StorageWorks™ MSA1000 SANとの完全な互換
  • RAID 0、1、1+0、5、およびADG(標準)
  • 最大512MBのバッテリ バックアップ式キャッシュをサポート(2×256MB)
  • HP事前予防保証は、ハードディスク ドライブが対象。この保証には、一定の制限や例外事項があります。詳細については、カスタマー・インフォメーション・センターにお問い合わせください。
概要

Smartアレイ クラスタ ストレージ

HP Smartアレイ クラスタ ストレージは、2ノード クラスタリングや複数ノード(最大4台のサーバ)の直接接続ストレージ(DAS)用に特別に設計された、Ultra3 SCSI(Ultra320ハードディスク ドライブをサポート)ストレージ システムです。Smartアレイ クラスタ ストレージは、クラスタリングおよびDASに伴う複雑さと費用を軽減するように設計され、SmartアレイおよびProLiantテクノロジに基づいて構築されています。このため、高度なデータ保護機能にもかかわらず、配備、設定、および管理が簡単です。Smartアレイ クラスタ ストレージは、SCSIテクノロジをベースにしているため、ユーザにとって使いやすい強力なクラスタリング ソリューションです。このため、エントリ レベルのクラスタリングおよびDASに最適です。お客様のクラスタリングやストレージへの要件が高まったとき、コントローラとI/Oモジュールを交換してFC I/O(FCハブ)またはFCスイッチをインストールすることにより、Smartアレイ クラスタ ストレージをSANに変換することができます。このため、お客様のハードウェアに対する投資は、将来にわたって保護されます。
Smartアレイ クラスタ ストレージは、アレイ コントローラ シェルフとドライブ シェルフを組み合わせて、1つの4Uラックマウント型キャビネットに収納しています。ドライブ シェルフには、最大14台のHP製1インチ ユニバーサル ディスク ドライブを収納でき、ストレージの総容量は2TBを超えます。

Smartアレイ クラスタ ストレージの主な特長

  • システム ステータス メッセージ表示用のLCD付き、高性能Smartアレイ コントローラ
  • コントローラとディスク シェルフを組み合わせた4Uラックマウント型シャーシ
  • Wide Ultra3 SCSIバック パネルとドライブ インターコネクト
  • オプションのリダンダントSmartアレイ コントローラ         
  • SSP(セレクティブ ストレージ プレゼンテーション)     
  • 最大14台の1インチ ユニバーサルUltra320、Wide Ultra3/Ultra2 SCSIドライブをサポート
  • 一部のProLiantサーバをサポート(最新の互換性情報については、11ページの「サーバの互換性」またはHPのWebサイト http://www.hp.com/products/sharedstorage/ (英語)を参照してください)
  • リダンダント パワー サプライとリダンダント ファンを標準装備
  • ストレージ エンクロージャ(筐体)においてAITおよびDATホットプラグ対応テープ ドライブをサポート
  • RAIDレベル0、1、1+0、5、RAID ADGをサポート
  • Smartアレイ マルチパス ソフトウェア付きの、4ポート共有ストレージ モジュール(オプション)
  • アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU 6)およびCPQONLINによるオンライン ストレージ管理
  • Insightマネージャ7
Smartアレイ クラスタ ストレージのハイライト

高レベルの性能、データ保護、および機能

  • 高性能 - データ転送速度14,000IOPSを記録(ProLiantサーバの内蔵Smartアレイ5iコントローラを使用した2ノード クラスタ構成)
  • ストレージ容量 - Smartアレイ クラスタ ストレージのキャビネットは、最大14台のユニバーサル ハードディスク ドライブをサポートします。14台のHP製Ultra320 SCSI 1インチ ユニバーサル ハードディスク ドライブを使用する場合、2TB(最大)のストレージ容量を実現します。
  • データ保護 - Smartアレイ クラスタ ストレージは、高レベルのデータ保護を実現するように設計されています。Smartアレイ クラスタ ストレージは、リダンダント コントローラ(オプション)、リダンダント ファンとパワー サプライ(標準)の他に、オプションのSmartアレイ マルチパス ソフトウェアによる複数I/Oパス機能、ストレージ エンクロージャにおけるホットプラグ対応AITおよびDATテープ ドライブのサポート、移動可能なバッテリ バックアップ式キャッシュやRAID ADGの機能も装備しています(標準)。
  • ストレージの管理機能 - Smartアレイ コントローラには、ACU 6やSSPなどの使いやすいコンフィギュレーションおよび管理ツールがあります。また、オンラインでの容量拡張(単一パスのみ)、オンラインでのRAIDレベルの移行、オンラインでのストライプ サイズ移行、オンライン スペア(グローバル)、ユーザが選択可能な読み取り/書き込みキャッシュ、ユーザが選択可能な拡張と再構築優先順位の設定などのオンライン管理機能があります。
  • コンピューティング プラットフォームの選択範囲 - Smartアレイ クラスタ ストレージは、ProLiantサーバ用に設計され、ProLiantサーバで動作確認されています。
  • アドバンスト データ ガーディング(RAID ADG)によるフォールト トレランス機能 - 最高レベルのフォールト トレランス機能です。この方式は、パリティ データの2つのセットを、複数のドライブにわたって割り当て、同時書き込みを可能にします。このレベルのフォールト トレランス機能を使用すると、同時に2台のドライブで障害が発生した場合に、ダウンタイムやデータ消失が発生しません。
データ移行とDtSテクノロジ

Smartアレイ アーキテクチャにより、Smartアレイ クラスタ ストレージからModular SAN Array 1000(MSA1000)に短時間で簡単に移行できます。
Smartアレイ クラスタ コントローラを取り外し、StorageWorks MSA1000コントローラと交換し、FC I/OボードまたはFCスイッチを追加するだけで、Smartアレイ クラスタ ストレージからSANに変換できます(SANの要件について詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/(英語)にあるMSA1000のQuickSpecsを参照してください)。これがDtSテクノロジ(DAS-to-SANテクノロジ)と呼ばれるものです。
Smartアレイ クラスタ ストレージでは、SANへの変換が可能なだけでなく、SmartアレイPCIコントローラに保護されたProLiantサーバ内部に保存されているデータを、Smartアレイ クラスタ ストレージ システムにシームレスに移行することもできます。
HP Smartアレイ コントローラを使用する1インチ ユニバーサル ディスク ドライブに現在保存されているデータおよびRA4100のデータは、Smartアレイ クラスタ ストレージに簡単に移行できます。元のシステムからドライブを取り外し、Smartアレイ クラスタ ストレージに挿入するだけで移行は完了です。既存のデータやコンフィギュレーションは、変更されません。また、RAIDセットやデータに変更が加えられないので、時間単位ではなく分単位で移行を完了できます。

少ない維持管理費

Smartアレイ クラスタ ストレージは、モジュール式のスケーラブルな設計のため、非常に柔軟なプラットフォームです。最初に膨大な投資をしなくても、まず現在必要なものを購入し、データ ストレージ ニーズの増大に従って、容量と性能を追加購入できます。必要に応じて、ドライブ、コントローラ、およびキャッシュを簡単に追加できます。
  • ユニバーサル ハードディスク ドライブ - Smartアレイ クラスタ ストレージはUltra320、Wide Ultra3 SCSIおよびWide Ultra2 SCSIの1インチ ユニバーサル ドライブをサポートしているので、SCSIテクノロジに対する投資が保護され、新しいドライブの追加コストが最小限に抑えられます。サーバとストレージ間で、共通のユニバーサル ドライブ フォーム ファクタを共有することにより、ハードウェアとスペア部品の在庫を減らし、ストレージ管理とビジネスに必要なコストを削減できます。
  • 事前予防保証 - Smartアレイ クラスタ ストレージにインストールされ、Insightマネージャの監視対象となるドライブは、事前予防(交換)保証で保護されています。注: 事前予防保証では、ProLiantサーバ上でInsightマネージャを使用することにより、Smartアレイ クラスタ ストレージの指定されたハードディスク ドライブを、実際に故障する前に交換できます。注: オペレーティング システムによっては、一部の機能がサポートされていない場合があります。
  • 統合されたコンフィギュレーションと管理ツール - Smartアレイ クラスタ ストレージは、統合された標準の管理およびユーティリティ ソフトウェアを使用します。これらのツールは、HP製ストレージのインストールとメンテナンスに必要なトレーニングと技術的な専門知識を減らして、維持管理費を削減します。
Smartアレイ クラスタ ストレージ

4Uのアレイは、最大14台のホットプラグ対応1インチ ユニバーサルUltra320、Wide Ultra3/Ultra2 SCSIドライブを収納します。各Smartアレイ クラスタ ストレージには、Smartアレイ クラスタ ストレージ コントローラ、2ポートWide Ultra3 SCSI I/Oモジュール、ホットプラグ対応デュアル ファン/パワー サプライ、2本の電源ケーブル、2本のVHDCI SCSIケーブルとEthernetクロスオーバ ケーブルが標準装備されています。

Smartアレイ クラスタ ストレージのコンポーネント

Smartアレイ クラスタ ストレージ コントローラ

Smartアレイ クラスタ ストレージ コントローラは、内蔵のLCD/LEDステータス ディスプレイとバッテリ バックアップ式の128MB読み取り/書き込みキャッシュ(コントローラ当たり512MBまで拡張可能)の付いた内蔵RAIDコントローラです。Smartアレイ クラスタ ストレージには、Smartアレイ クラスタ ストレージ コントローラが1枚内蔵され、オプションとしてリダンダントSmartアレイ クラスタ ストレージ コントローラが用意されています。

Smartアレイ マルチパス付きの4ポート共有ストレージ モジュール

4ポート共有ストレージ モジュールは、次の2つのコンフィギュレーションのうち1つで使用するオプションです。

  • ホスト サーバから共有ストレージへのパスを冗長化することによってクラスタのフォールト トレランスを強化します。4ポート共有ストレージ モジュールは、ホスト サーバのHBAとホスト サーバを共有ストレージに接続するSCSIケーブルの両方に冗長性を持たせることによって、フォールト トレランスのレベルを向上します。
  • 最大4台の独立したサーバをSmartアレイ クラスタ ストレージに接続します。それぞれのサーバへのストレージの容量は、SSP(セレクティブ ストレージ プレゼンテーション)で割り当てられます。SSPは、Smartアレイ クラスタ ストレージ用の標準ユーティリティです。SSPを使用し、複数のホスト サーバ間でストレージを共有することは、ハードディスク ドライブの容量の利用効率を最大にし、ボリューム拡大および容量拡張機能によって、ハードディスク ドライブを最大14台まで追加できます。
主な機能

  • オプションのリダンダント コントローラ
  • 標準のバッテリ バックアップ式128MBキャッシュ、最大512MBまでアップグレード可能
  • SSP(セレクティブ ストレージ プレゼンテーション)
  • RAIDレベル0、1、1+0、5、およびADG
  • リダンダント パワー サプライとファン
  • RAIDレベル0、1、1+0、5、およびADG
  • ACU 6、およびInsightマネージャ7を介したリモートでのコンフィギュレーションと監視
Smartアレイ クラスタ ストレージ コントローラの管理機能

  • オンラインでのRAIDレベル移行: データやボリューム情報を破棄することなく、構成後にRAIDレベルをオンラインで変更できます。
  • オンラインでの容量拡張: 稼動中のSmartアレイ クラスタ ストレージにストレージを追加できるため、コストのかかるサーバのダウンタイムを軽減します(単一パス構成のみ)。
  • オンラインでのボリューム拡大: 既存の論理ボリュームの容量を拡大できます(単一パス構成のみ)。
  • 論理ドライブ容量の拡大: Windows® NT® ではオンライン、他のオペレーティング システムではオフラインで、既存の論理ドライブの容量を拡大できます。
  • オンラインでのストライプ サイズの移行: 論理ドライブのストライプ サイズを変更できます。
  • ユーザが選択可能な読み取り/書き込みキャッシュ サイズ。キャッシュ サイズを割り当てます。
  • ユーザが選択可能な、拡張と再構築の優先順位
コントローラ ファームウェアのクローニング

コントローラ ファームウェアの自動クローニング機能の強化によって、追加するコントローラのファームウェア バージョンが違う場合、お客様がコントローラ ファームウェアのバージョンを選択できます。


SSP(セレクティブ ストレージ プレゼンテーション)

SSPは、Smartアレイ クラスタ ストレージの2ポート モデルと、オプションである4ポート共有ストレージ モジュールの両方を標準でサポートします。管理者は、SSPによってボリュームを作成し、特定のホスト サーバへのアクセス権を割り当てることができます。これによって、Smartアレイ クラスタ ストレージを最大4台のホスト サーバに割り当て、ストレージの容量の利用効率を最大にできます。また、SSPによって、DASコンフィギュレーションにおいてオンラインでのボリューム拡大だけでなく、オンラインでの容量拡張も可能になります。


フォールト トレランス

ドライブの交換中もデータを使用可能にしてサーバを稼動させる、次のような複数のフォールト トレランス構成がサポートされています。

  • アドバンスト データ ガーディング(RAID ADG): 複数のドライブに、2つのパリティ ドライブに相当するデータを割り当て、同時書き込みを可能にします。
  • 分散データ ガーディング(RAID 5): 複数のドライブに、パリティ データを割り当て、同時書き込みを可能にします。
  • ドライブ ミラーリング(RAID 1、1+0(ストライピングとミラーリング)): ドライブ アレイの半分をデータに割り当て、残り半分をミラー化するデータに割り当てて、すべてのファイルのコピーを作成します。
Smartアレイ クラスタ ストレージ コントローラ

コントローラ キャッシュのアップグレード

  • Smartアレイ クラスタ コントローラのキャッシュは、512MBまでアップグレードできます。
    注: Smartアレイ クラスタ コントローラによって可能なキャッシュ構成: 1×128MB、2×128MB、1×256MB、2×256MB
    注: リダンダント コントローラをインストールする場合、両方のコントローラのキャッシュ構成は同一でなければなりません。
障害復旧

  • ダウンタイムを最小限に抑え、データを再構築し、ドライブ障害からの迅速な復旧を可能にします。
  • オンライン スペア: 障害が発生すると、オンライン スペアから復旧が開始され、自動的にデータが再構築されます。アレイごとに1つのオンライン スペアを割り当てたり、複数のアレイ間で1つのオンライン スペアを使用することができます。異なるアレイで、別々のオンライン スペアを割り当てることもできます。
  • アレイ アクセラレータ: バッテリ バックアップ式のオンボード キャッシュ メモリが停電時にデータを保護します。コントローラ障害が発生した場合でも、バッテリ バックアップ式のキャッシュにより、最長で3日間、貴重なユーザ データを保持します。
SCSI I/Oモジュール

Smartアレイ クラスタのI/Oモジュールには、内蔵の環境モニタ ユニットが搭載され、エンクロージャの機能の監視、I/Oコネクタとシグナリング エンクロージャのステータスの提供など、複数の機能を実行します。Smartアレイ クラスタ ストレージには、標準で2ポートI/Oモジュールが付属しています。
Smartアレイのマルチパス付きの4ポート共有ストレージ モジュールがオプションとして使用可能です。
4ポート共有ストレージ モジュールは次の目的で装備します。
  • 直接接続ストレージ(DAS)で最大4台のサーバに対する共有ストレージ コンポーネントを実現するため
  • 2ノードのクラスタ、または2台の直接接続サーバ環境で複数のI/Oパスを実現するため
ソフトウェア コンポーネント

ソフトウェア コンポーネント

Smartアレイ クラスタ ストレージは、ストレージとRAIDの管理、セットアップ、コンフィギュレーション、およびトラブルシューティングに、一貫性のある1組のユーティリティ ソフトウェアを使用します。この一貫性により、HPのサーバ ストレージ ソリューションのインストールとメンテナンスに必要なトレーニングや技術的な専門知識が減るので、維持管理費が削減されます。

コンフィギュレーションユーティリティ

アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU 6)(Microsoft® およびLinuxではオンライン、リモートWebベースおよびオフライン)
Option ROM Configuration for Arrays(ORCA)
CPQONLIN(Novell® ではオンライン)

管理/ヘルス

Insightマネージャ7

アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU 6)

  • HPドライブ アレイ コンフィギュレーションをグラフィック表示
  • 使い易いコンフィギュレーション用ウィザード
  • WebベースのACU 6は、オンライン、リモートWebベース、およびオフラインのコンフィギュレーションをサポート
  • MicrosoftおよびLinuxでオンライン コンフィギュレーションをサポート
  • SSPを構成
Insightマネージャ7

  • 強力なストレージ、サーバ、およびサーバ オプション管理ツール
  • リモートの単一箇所から集中的にストレージを監視
  • ブラウザ ベースのInsightマネージャ7を使用する場合、イントラネット上のどこからでも完全にアクセスできるため、Insightマネージャ専用の管理コンソールは不要
CPQONLIN

NetWare® のオンライン コンフィギュレーション ツール

サポートされているオペレーティング システム

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows NT EE 4.0
  • Novell NetWare 5.1
  • Novell NetWare 6.0
  • Red Hat Linux 7.2、7.3、および8.0
  • Red Hat Linux Advanced Server 2.1
  • SuSE® Linux Enterprise Server 7(SLES 7)
  • SCO OpenServer 5.0.5およびSCO OpenServer 5.0.6a

最新の互換性情報については、HPのWebサイト http://www.hp.com/products/sharedstorage/ (英語)を参照してください。

サポートされているクラスタリング ソリューション

  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server上のMicrosoft Cluster Service
  • Microsft Windows NT EE 4.0上のMicrosoft Cluster Server
  • HP Serviceguard for Linux on Red Hat Linux 7.3
  • Red Hat Linux 7.2、7.3、8.0、Red Hat Linux Advanced Server 2.1上のSteelEye社のLinux for LifeKeeper®
最新の情報については、HPのWebサイト http://h18000.www1.hp.com/solutions/enterprise/highavailability/ (英語)を参照してください。

Smartアレイ マルチパス ソフトウェア(オプション)

ホスト サーバから共有ストレージへのデュアル パスを追加し、クラスタのフォールト トレランスを強化します。これにより、ホスト サーバのHBAと、ホストサーバと共有ストレージを接続するSCSIケーブルの両方に冗長性とパフォーマンスを付加し、さらに高レベルのフォールト トレランスが提供されます。Smartアレイ マルチパス ソフトウェアは、デュアル パス機能を提供し、Smartアレイ クラスタ ストレージにリダンダントにケーブル接続されたサーバ内のリダンダントなホスト バス アダプタ(HBA)に対するフェールオーバ機能をサポートします。このフォールト トレランス ツールは、クラスタリングと直接接続ストレージ(DAS)ソリューションの可用性を向上し、最大2台のサーバにより2TBまでの格納データを管理します。
HBAに障害が発生すると、このソフトウェアは障害のあるHBAから同じサーバ内のリダンダントなHBAのパスに論理ドライブを移動します。
  • HBAとの接続およびケーブルの障害の発生や偶発的な切断から保護することにより可用性を向上します。
  • 4ポート共有ストレージ モジュール(製品番号292944-B21)を同梱しています。
  • 静的LUN均一化(Microsoft OS)によるパフォーマンスの向上により、管理者は特定のボリュームをストレージ システム内の特定のパスに割り当て、I/Oを最適化することができます。1つのパスに障害が発生すると、システムはボリュームをリダンダントなHBA用のパスに移動し、I/O管理を行います。
  • 静的負荷(読み取り専用)均一化(Linux OS)によるパフォーマンスの向上により、HBAがストレージ システム内の同じボリュームへのデュアル パスによるI/Oを最適化することができます。1つのHBAに障害が発生すると、システムはボリュームをリダンダントなHBA用のパスに移動し、I/O管理を行います。
  • サポートされているオペレーティング システムは次のとおりです。Windows 2000 Server、Windows 2000 Advanced Server、Red Hat Linux Advanced Server 2.1、SLES 7
保証

Smartアレイ クラスタ ストレージについて3年間、作業、パーツ、オンサイト(3/1/1)限定保証

サービス&サポート

CarePack情報

  • CarePackは、製品保証条件のアップグレードの意味を持ち、保証範囲として指定された期間および時間に対して使用できます。
  • CarePackを、製品の保証期間より少ない期間に対して使用することはできません。
  • CarePackは、ほとんどの製品の保証期間中いつでも購入できますが、保証開始の日付は、保証開始日(エンド ユーザのお客様に製品が配達された日付)と同じです。販売証明書が必要な場合があります。
  • CarePackサービスの料金は、前納です。
CarePack(ハードウェアおよびソフトウェア)情報および注文できる製品の製品番号の詳細については、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/carepack を参照してください。


プライバシー ご利用条件・免責事項