Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー ストレージ

HP PCIe IOアクセラレータ G2 for ProLiantサーバー

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
IoDrive2 Duo_1 IoDrive2 Duo_2

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  サポート&ドライバー
  マニュアル
  システム構成図
  保証/サービス
  カタログ

製品の説明

HP IOアクセラレータ G2 for ProLiantサーバーは、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる、ソリッドステートストレージテクノロジーを使用した、PCIe直接接続型のストレージソリューションです。驚異的なIOパフォーマンスを提供し、高速なデータアクセス性能を必要とするデータベースや、ハイパフォーマンスコンピューティングなどのシステムで、すでに多くのお客様が、IOアクセラレータを利用することで、従来より10倍以上の性能向上の達成や、乱立するサーバーの大幅な集約化を実現しています。本製品は、さらに容量と性能を向上させた第2世代の製品です。前世代のIOアクセラレータと比較して、2倍の容量拡張、性能向上を実現しています。
   
  IOアクセラレータ G2 IOアクセラレータ G2 Duo
IOアクセラレータ G2 IOアクセラレータ G2 Duo

モデル

HP IOアクセラレータ

HP 365GB MLC G2 PCIe IOアクセラレータ 673642-B21
(販売終了)
HP 785GB MLC G2 PCIe IOアクセラレータ 673644-B21
HP 1205GB MLC G2 PCIe IOアクセラレータ 673646-B21
(販売終了)
HP 3TB MLC G2 PCIe IOアクセラレータ 721458-B21
HP 2410GB MLC G2 PCIe IOアクセラレータ Duo 673648-B21
(販売終了)

標準機能

IOアクセラレータとは

IOアクセラレータとは、PCIバス上で直接ソリッド ステート ストレージ テクノロジーを使用する高度なストレージデバイスです。優れたデータ読み取り/書き込み速度により、アプリケーションのパフォーマンス向上に寄与します。関連するアプリケーションのパフォーマンスが向上すると、ビジネス成果によい影響がもたらされ、迅速な意思決定が可能になり、コストと時間が大幅に節約されます。

シングルレベルセルとマルチレベルセル

NANDテクノロジーでは、フラッシュメモリセルを使用してデータを保存します。シングルレベルセル(SLC)はセル当たり1ビットを保存し、マルチレベルセル(MLC)はセル当たり2ビットを使用します。MLCは、各デバイスにSLCよりも多くのデータを保存できますが、SLCよりも耐久性が低いという特性があります。

I/Oおよび読み取り/書き込みパフォーマンス

HP PCIe IOアクセラレータ G2製品は卓越したI/Oパフォーマンスを提供します。特定の製品では、892,000 IOPS (Read)、935,000 IOPS (Write)の高速なI/Oパフォーマンス、および3.0GB/s (Read)、2.5GB/s(Write)の高いスループットを実現します。

レイテンシ

HP PCIe IOアクセラレータG2では、回転式磁気メディアのシークタイム(ヘッドの位置決め等)に相当する時間がかからないため、データアクセスレイテンシは非常に低く(4Kブロックの読み取りの場合 68マイクロ秒、書き込みの場合はわずか15マイクロ秒)なっています。

RAM要件

ドライバーに必要なRAMの空き容量は、ドライブへの書き込み時に使用されるブロックのサイズによって異なります。ブロックが小さいほど、より多くのRAMが必要になります。ストレージ容量100GBあたりに必要なRAM容量のガイドラインを以下に示します。
平均ブロックサイズ
(バイト)
100GB当たりに必要な
RAM使用量
ドライバver 2.x / 3.xの場合
8,192 280MB
4,096 530MB
2,048 1,030MB
1,024 2,000MB
512 3,970MB

管理性

各種設定やファームウェアアップグレードに使用できるLinux用およびWindows用ツール。
LinuxおよびWindows用に提供されているSNMPエージェントとSystem Management Homepage。
Windows用のグラフィカルな管理ツールioManager。

PCI ID

G2のデバイスIDは2001、サブシステムベンダーIDは1590、各容量のモデルにはそれぞれのサブシステムデバイスIDがあります。

アップグレード

IOアクセラレータのコントローラーは、将来、新しいファームウェアでアップグレードできます。サポートされているすべてのオペレーティングシステム用に、オンライン ファームウェア アップグレード ツールが用意されます。

  • IOアクセラレータG2はドライバーv3.1以降 (3TBモデルのみドライバーv3.2.3以降) でサポートされます。
  • IOアクセラレータG1とIOアクセラレータG2を混在する場合、IOアクセラレータG1のドライバーはv3.1以降にアップグレードが必要です。
  • ファームウェアとドライバーの対応バージョンはそれぞれ決まっており、オプション購入時および修理交換時には、最新ファームウェアが実装されて提供されます。また、ファームウェアのダウングレードは出来ません。(最新ファームウェア、最新ドライバーの使用を推奨)

詳細は下記Webサイトの最新のユーザーガイドを参照してください。
http://h20000.www2.hp.com/bizsupport/TechSupport/DocumentIndex.jsp?contentType=SupportManual
&lang=en&cc=us&docIndexId=64179&taskId=101&prodTypeId=329290&prodSeriesId=4151345

ウェアレベリング

NANDストレージのセルの劣化に起因する予測寿命は、NANDの種類やデバイスへの書き込みの量によって異なります。高度なウェアレベリング技術の導入により、従来より寿命を長く保つことが可能となっています。

データの整合性

高度なECC技術を使用することにより、IOアクセラレータは、不良ビットを認識/訂正し、データの整合性を維持することができます。対応可能なビット数については、テクノロジーと設計の進化とともに継続して向上しています。また、Adaptive FlashBackが、セルレベルの障害発生後も、代替セルを活用するよう自動的に修復し、さらなる可用性向上を実現しています。

構成

異なる容量の混在が可能。

保証とサービス

保証

3年間部品のみ保証。ただし、保証使用量の設定あり。詳しくは以下をご確認ください。
IOアクセラレータの保証使用量について

保証、サポートおよびサービスの詳細については「HP ProLiant サポート & サービス」をご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項