ハードディスクドライブ


HPE ProLiant、 Storage用ハードディスクドライブを性能、信頼性などの違いにより、エントリー(Entry)、ミッドライン(Midline)、エンタープライズ(Enterprise)の3つカテゴリに分類しています。またそれぞれ容量や取り付け方法(ホットプラグ可否)、インターフェイス(SAS/SATA)の違いなどにより各種モデルを取り揃えています。


クラス エントリー ミッドライン エンタープライズ
スタンダード ヘリウム*1 10000rpm 15000rpm
アクセス頻度
用途 ・ブート用 ・大容量が必要とされるバックアップ、アーカイブ用 ・常時稼動する高負荷システム用
・バックアップ用 ・Webサーバー、トランザクションの多いデータベース、メールサーバー用
インターフェイス ノンホットプラグ 6Gb SATA 12Gb SAS 12Gb SAS
6Gb SATA
フォーマット 512e 512n 512n
512e 512e
回転数 5900/7200krpm 7200krpm 7200krpm 10000rpm 15000rpm
容量 〜4TB 〜10TB 〜1.8TB 〜900GB
年間、データ書込み量の目安(Workload Rating) 〜55TB/yr 〜550TB/yr 550TB/yr〜
想定使用時間
(時間×日)
8時間x5日/週 24時間x7日/週 24時間x7日/週
コスト
保証期間 1年間 1年間 3年間
*1 ヘリウムガスを利用することで、ディスク内の乱流を少なくさせるため、静音性、低消費電力、さらに湿気、埃、他の混入物を除外するため、故障率を下げ、ドライブの平均寿命を長くさせる高耐久性を実現します。


エントリー向けハードディスクドライブ


ベーシックな信頼性とパフォーマンスを備え、もっとも低価格で提供することを目的とした製品です。ミッションクリティカルではなく、エントリーサーバーのOS起動や小規模ファイル共有などに適しています。



ミッドライン向けハードディスクドライブ


ディスクの回転速度を抑える代わりにディスク1枚あたりの記録密度を高めた大容量化に特化した製品です。ワークロードが40%未満の低負荷での運用に十分な信頼性を備え、容量あたりのコストを低く抑えることができます。主にデータバックアップ、アーカイブなどにご利用ください。
デュアルポート対応の7200rpmのSASドライブは、Midline SAS(MDL SAS)とも呼ばれ、外部ストレージのコントローラー、信号経路を二重化するデュアルドメインが実現可能です。ミッションクリティカルな用途にはご利用いただけませんが、大容量で安価なストレージは必要だがいざという時の冗長性は確保したいといった用途には最適なソリューションです。



エンタープライズ向けハードディスクドライブ


もっとも要求の厳しい環境下での利用を想定し、最大限の信頼性、パフォーマンス、拡張性を提供することを目的とした製品です。ディスクをより高速で回転させるとランダムアクセス性能は向上する代わりに発熱や振動による影響が懸念されます。しかし、エンタープライズ環境向けのハードディスクドライブは高度な振動対策などが施され、ミッドライン向けハードディスクドライブの2倍ほど回転速度でありながら、より高い信頼性を維持しています。大規模データベースのようなミッションクリティカルな用途や休みなくデータの入出力がある高いワークロード環境に適用できる唯一のドライブです。



ハードディスクの製品詳細については、英語版の資料へリンクします。
なお、一部の製品については日本で取り扱いのない場合がございますので予めご了承ください。



SATAインターフェイスとSASインターフェイスの違い


SATA、SASは本来信号インターフェイスの違いであり、機械的な部品としての信頼性に直接影響するものではありません。しかし、下表のような特徴があることから一般に、高性能・高信頼性が要求されるサーバー用途にはSASインターフェイスを採用した「SASハードドライブ」が、高い性能や信頼性よりも低価格であることを重視する用途にはSATAインターフェイスを採用した「SATAハードドライブ」が使用されています。
1台のサーバー上で複数のOSを稼働させる仮想化環境ではハードドライブにも同時に多数のアクセスが発生します、仮想化環境の構築にはSASインターフェイス製品をお選びください。

  SATAインターフェイス SASインターフェイス
特徴 一度にひとりのユーザーからアクセスする程度の環境を想定し「低価格」で提供することを重視したシンプルな機構 多数のドライブを接続、複数のユーザー、複数のサーバーからの利用や高い負荷での運用を想定し「性能、信頼性」を重視した設計
最大スループット SATA-3: 600MB/s (6Gb/s) SAS-2: 600MB/s (6Gb/s)
SAS-3: 1,200MB/s (12Gb/s)
通信形式 半二重
・送信と受信を短時間に切り替えながらおこなう(シングルユーザーには十分)
全二重
・送信と受信を同時に実行できる(マルチユーザー環境、仮想化環境に有利)
コマンドセット ATA
・物理的に接続された相手に一方的にデータを送る
SCSI
・接続された相手の状態を確認しながら正確にデータを送る
最大ケーブル長 1m 10m
コネクター シングルポート
・冗長パス構成は不可
シングルポートまたはデュアルポート
・デュアルポートは外部ストレージでの利用時、冗長パス構成が可能
対応ドライブ SATAコントローラーにはSATAドライブのみ接続可能 SASコントローラーには、SATAおよびSASドライブを接続可能(混在可)
 

ソリッドステートドライブ


HPE ProLiant用ソリッドステートドライブ(SSD) NANDフラッシュテクノロ ジーを採用し、従来の回転式メディアと比較して、高性能、低レイテンシ、低消費電力のソリューションです。HPE SSDは、お客様の使用環境のワークロードレベルに基づいた3つのカテゴリ、Read Intensive (RI)、Mixed Use (MU)、Write Intensive (WI) の3つカテゴリに分類しています。


HPE SSD製品ポートフォリオ
種類 Read Intensive (RI)
(VEモデル同等)
Mixed Use (MU)
(LE, 一部VEモデル同等)
Write Intensive (WI)
(HE/ME同等)
特徴 エントリー スタンダード ハイスペック
  コスト重視の
エントリーモデル
コストと性能のバランスに優れた
大容量スタンダードモデル
高速データアクセス、
かつ耐久性に優れる
ハイエンドモデル
性能 読み込み中心 読み書き両方の高速化 読み込み/書き込み双方の高速化
さらに書き込み中心
おすすめの
使用環境
システムディスク、
OSブート用として
データベース、ファイルサーバー
などのデータ領域用
データベース、キャッシュ領域用
として、OLTP、ビックデータ
耐久性
(DWPD)
1DWPD以下 1DWPD以上〜10DWPD未満 10DWPD以上

6G SATA 〜3.84TB 〜1.92TB 〜1.6TB
12G SAS 〜3.84TB 〜3.2TB 〜1.6TB
保証期間 3年または保証使用量に達したときのいずれか早い方
(保証使用量に到達した場合は、修理サービス対象から除外)



 

ワークロードアクセラレータ/NVMeドライブ


種類 インターフェイス
PCIe ワークロードアクセラレータ ソリッドステートドライブ PCI Express Card
NVMeドライブ ソリッドステートドライブ PCIe
 

フラッシュメディア


種類 インターフェイス
デュアル8GB microSD USBキット USBドライブ用 フラッシュドライブ Class 10
8GB SD フラッシュメディア フラッシュドライブ Class 10
8GB microSD フラッシュメディア フラッシュドライブ Class 10
32GB SD フラッシュメディア フラッシュドライブ Class 10
32GB microSD フラッシュメディア フラッシュドライブ Class 10