Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバーストレージ

HP SmartアレイP721m コントローラー

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
HP SmartアレイP721m コントローラー

製品情報/QuickSpecs

 
  概要説明 保証/サービス
  仕様一覧   サポート & ドライバー
  システム構成   カタログ
 

HP SmartアレイP721m コントローラー

HP SmartアレイP721mは、HP BladeSystemサーバーブレード用のPCI Express 3.0対応メザニンカード型アレイコントローラーです。最新のSCSI技術および高度なRAID機能をサポートし、6Gb SAS/SATAに対応した外部ポートを装備することで、外部ストレージへの柔軟な拡張性と高パフォーマンスを提供します。
HP SmartアレイP721m コントローラー
HP SmartアレイP721m コントローラー

モデル

HP Smartアレイ P721m/2GB FBWCコントローラー 650072-B21
HP Smartアレイ P721m/512MB FBWCコントローラー 655636-B21
注: HP SmartアレイP721m/2G FBWCコントローラーにはSmart Array Advanced Pack 2.0相当の機能がデフォルトで有効化されています。

製品のハイライト

Smartアレイの利点

HPのSmartアレイファミリ製品の革新的なデザインと統合化により、お客様に比類のない価値を提供します。また、Smartアレイ製品を複数のアプリケーションで使用することにより、他のいかなるサーバーストレージRAID製品よりもTCO (維持管理費) を大幅に削減できます。またHP Smartアレイファミリは、投資に対する回収を最大限にできます。

データの互換性:Serial Smartアレイコントローラーのすべてのモデル間でデータの互換性があるため、性能、容量、および可用性に対するニーズが増加した場合は、いつでも簡単にアップグレードできます。

一貫性のあるコンフィギュレーション/管理ツール:すべてのSmartアレイ製品は、標準の管理およびユーティリティソフトウェアを使用しています。これらのツールにより、HP製サーバーストレージの設置とメンテナンスに必要なトレーニングや技術の専門知識を減らし、TCO (維持管理費) を低減できます。

事前予防保証:HP Systems Insight Managerを使用して、ドライブの障害が発生しつつある場合にこの通知を受けるだけでなく、実際に障害が発生する前にこのドライブを交換できます。詳しくは、HPカスタマーセンターに問い合わせるか、またはHP製サーバーのマニュアルを参照してください。

主な機能

  • ストレージインターフェイス (SAS/SATA)
    • 6Gb/秒SASテクノロジーにより、物理リンク当たり最大600MB/秒を実現します。
    • 6Gb/秒SATAテクノロジーにより、直接接続SATAドライブ用に最大600MB/秒を実現します。
    • SASおよびSATAドライブをサポートします。コンピューティング環境に合わせて、必要に応じたドライブテクノロジーを配備できます。
    • SASテープドライブ、SASテープオートローダー、SASテープライブラリをサポートします。
  • RAIDコントローラー機能
    • 512MBまたは2GBキャッシュ
    • RAID 0、1、10、5、50、6、60、RAID 1 (ADM)、RAID 1+0 (ADM)
      注記: 共有ストレージ接続時は、ストレージ側のコントローラーにより制御されます。
    • リカバリROMにより、ROMを破壊から保護します。
  • SmartアレイPCIeメザニンカードは、共有SASストレージをサポートするc-Classエンクロージャーの高速ミッドプレーン経由でHP 6Gb/秒SAS BLスイッチに接続します。
  • 4つの外部2xポートに8つの6Gb/秒SAS物理リンクが分散しており、6Gb/秒SASスイッチを最大4台サポートします。
  • Flash Backed Write Cache (FBWC) により、予想外の停電時にライトキャッシュデータを無期限に保持できます。
  • アレイコンフィギュレーションユーティリティ、Systems Insight Manager、アレイ診断ユーティリティ (ADU)、およびSmartStartといった、すべてのSmartアレイファミリ製品間にソフトウェアの一貫性があります。

オンライン管理機能

  • オンラインアレイ拡張
  • オンラインRAIDレベル移行オンラインストライプサイズ移行オンラインスペア (グローバル)
  • ユーザーによる選択が可能な拡張および再構築優先度
  • オンラインでの論理ドライブ拡張が可能

性能

  • 4つの外部2xポートに8つの6Gb/秒SAS物理リンクが分散しており、6Gb/秒SASスイッチを最大4台サポートします。
  • 第2世代6Gb/秒SAS (物理リンクあたり600MB/秒の帯域幅)
  • PCIe 3.0
  • 最大で2GのFlash Backed Write Cache (FBWC)

容量

  • 接続されているアレイにより異なります。詳しくは、各ドライブエンクロージャーのQuickSpecsを参照してください。

可用性

高度なストレージ機能の装備でサーバー稼動時間が増加
  • オンラインでのRAIDレベルの移行 (任意のRAIDレベル間)
  • オンライン容量拡張
  • 論理ドライブ容量拡張
  • グローバルオンラインスペア

障害の予防

以下の機能により障害の可能性を発生前に検知して、予防的措置を講じることができます。
  • S.M.A.R.T.: S.M.A.R.T. (Self Monitoring Analysis and Reporting Technology) により、ハードディスク障害が発生する前にその可能性を検出し、障害が発生する前に、コンポーネントを交換できます。
  • ドライブパラメータートラッキングはドライブ動作パラメーターを監視し、障害の予測と管理者への通知を行います。
  • ダイナミックセクター修復は、非アクティブ期間にハードディスクドライブのサーフェイススキャンをバックグラウンドで絶えず実行し、不良セクターを自動的に再マッピングし、データの整合性を確保します。
  • Smartアレイキャッシュトラッキングは、コントローラーキャッシュの完全性を監視して、障害前の予防保守を行います。

フォールトトレランスRAIDの説明

障害の発生したドライブの交換中も、データを使用可能にし、サーバーを稼動させます。内部接続については、以下の2つのフォールトトレランス構成がサポートされています。
  • RAID 0 (ストライピング) は、特別なデータ保護を行いません。パフォーマンスを高めるために、データはアレイ内のすべてのドライブにわたってストライピングされます。RAID 0では、1台以上のドライブが必要です。
  • RAID 1 (ミラーリング) は、1台のドライブ障害からデータを保護します。データは、一対のドライブに複製されます。RAID 1では、2台以上のドライブが必要です。
  • RAID 1+0 (ミラーリングとストライピング) は、1台のドライブ障害 (および特定の複数のドライブ障害) からデータを保護します。RAID 1+0は、RAID 0ストライピングをRAID 1アレイにわたって使用して、パフォーマンスと保護を実現する、ネストされたRAID方式です。RAID 1+0では、4台以上のドライブが必要です。Advanced Packのミラーの分割と結合機能も参照してください。
  • RAID 5 (分散データガーディング) は、1台のドライブ障害からデータを保護します。データは、全ドライブにわたって分散されたパリティデータで保護されます。物理ドライブで障害が発生した場合、障害のあるドライブ上に存在したデータは、アレイ内の他のドライブ上の残りのパリティデータとユーザーデータから計算できます。この復旧されたデータは、通常、再構築と呼ばれるプロセスを通じてオンラインスペアドライブに書き込まれます。RAID 5では、3台以上のドライブが必要です。
  • ADG (アドバンストデータガーディング) を備えたRAID 6: 最高レベルのフォールトトレランス機能です。この方式は、パリティデータの2つのセットを、複数のドライブにわたって割り当て、同時書き込み操作を可能にします。このレベルのフォールトトレランス機能を使用すると、同時に2台のドライブで障害が発生した場合でも、ダウンタイムやデータの消失が発生しません。
  • RAID 50 (RAID 5+0) は、1台のドライブ障害 (および特定の複数のドライブ障害) からデータを保護します。RAID 50は、RAID 0ストライピングをRAID 5アレイにわたって使用する、ネストされたRAID方式です。RAID 50は、各スパンアレイでデータを損失することなく、1台のドライブ障害に対応します。RAID 50の再構築時間は、1つのRAID 5アレイよりも少ない時間で済みます。RAID 50では、6台以上のドライブが必要です。
  • RAID 60 (RAID 6+0) を使用すると、管理者はRAID 6ストレージを複数の外部ストレージデバイスにわたって分割できます。RAID 60では、8台以上のドライブが必要です。RAID 60は、RAID 0ブロックレベルストライピングを、デュアル分散パリティを備えた複数のRAID 6アレイにわたって使用する、ネストされたRAID方式です。デュアルパリティを含めることで、RAID 60は、各スパンアレイでデータを損失することなく、2台のディスク障害に対応します。
  • RAID 1 ADM (アドバンストデータミラーリング) では、3台の同一のハードドライブを使用してミラー化されたRAIDセットの作成が可能です。これにより、RAID 1(+0) 構成において、2台目の「ライブスペア」を確保できます。これにより、RAID 1(+0) セット内の障害が発生したドライブを、アレイを劣化状態にすることなく再構築できるようになります。

障害復旧

ダウンタイムを最小限に抑え、データを再構築し、ドライブ障害からの迅速な復旧を可能にします。
  • リカバリROM: 独自のリダンダント機能により、ROMイメージを破壊から保護します。新しいバージョンのファームウェアがROMにフラッシュされ、一方、コントローラーは動作している最新バージョンのファームウェアを維持します。ファームウェアが破壊されると、コントローラーはファームウェアの前のバージョンに戻り、動作を続けます。これによって、ファームウェアがコントローラーにフラッシュされるリスクを低減できます。
  • DRAM ECCがシングルビットデータに対して訂正を行い、データの破壊に対応します。

使いやすさ

次の一貫性とアップグレード機能により、Smartアレイファミリは、業界で独自の存在となっています。
  • GUIベースのコンフィギュレーション、管理、および診断ソフトウェアツール
  • 製品世代間での共通データフォーマット

互換性

各サーバーのシステム構成図を参照
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/sh_system.html

注記:上記リスト内には販売終了しているモデルもあります。
注記: 内部接続と外部接続の詳細については、各ブレードのQuickSpecsを参照してください。
http://h18000.www1.hp.com/products/quickspecs/division/12534.html

ProLiantサーバーでのオペレーティングシステムおよび仮想化ソフトウェアのサポート

注:以下オペレーティングシステムが、メインストリームサポート期間内である場合に限り、動作不良発生時の修正対応が可能です。

Microsoft Windows Server 2008 SP2
Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1
Microsoft Windows Small Business Server 2011
SLES 10 SP4
SLES 11 SP1
Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 6
VMware ESX/ESXi 4.1
VMware ESXi 5.0

注:最新のオペレーティングシステムサポートについては、
HPのWebサイト http://www.hp.com/go/supportos [英語]を参照してください。

ソフトウェア セット

すべてのSmartアレイ製品が、アレイコンフィギュレーションユーティリティ、アレイ診断ユーティリティ (ADU)、およびHP Systems Insight Managerを含む共通のコンフィギュレーション、管理、および診断ツールを共有します。このソフトウェアツールの一貫性により、製品の世代交替時のトレーニングコストが軽減され、フィールドにおけるトラブルシューティングの試行錯誤がなくなります。これらのツールによって、HP製サーバーストレージの設置とメンテナンスに必要なトレーニングや技術の専門知識を減らし、維持管理費を低減できます。

HP Systems Insight Manager
  • 強力なサーバーおよびサーバー オプション/ストレージ管理ツール
  • 1200種類を超えるシステムのパラメータを監視
  • コンフィギュレーション/診断ユーティリティ
HP Array Configuration Utility (ACU)
  • すべてのSmartアレイ コントローラー用の強力なWebベースのコンフィギュレーション ユーティリティ
  • HP製サーバーのドライブのアレイ コンフィギュレーションをグラフィック表示
  • セキュリティ保護されたインターネット接続を介して世界中のどこからでも複数のアレイを管理
  • 使いやすいコンフィギュレーション用ウィザードを提供
HP Option ROM Configuration for Arrays(ORCA)
  • システム起動中に複数のアレイおよび論理ボリュームを簡単に表示、作成、削除する別の方法です。
  • 高度なアレイコンフィギュレーションには、ACUを使用してください。
HP Array Diagnostic Utility (ADU)
  • すべてのSmartアレイコントローラー用の診断およびレポートユーティリティソフトウェア

標準保証と保守サービス

HP BladeSystem c-Classおよびp-Classサーバーに対応したHPブランドのハードウェアオプションには、グローバル限定保証が付属しており、HPサービスおよび世界中のHP認定チャネルパートナーを通じて広範なサービスを提供しています。HPブランドのハードウェアオプションの診断サポートおよび修理は、購入日より1年間または接続先サーバーの対応期間のうちどちらか長い期間にわたって利用できます。ソフトウェアと初期セットアップのサポートは、購入日から90日間利用できます。さらに、保証の範囲内または追加料金で、追加サポートを受けることができます。拡張された保証サービスは、HP Care Packサービスまたはお客様との個別サービス契約を通じて購入できます。

全世界で提供されている限定保証およびテクニカルサポートについて詳しくは、
HPのWebサイト http://h18004.www1.hp.com/products/servers/platforms/warranty/index.html (英語)
を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項