Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバーストレージ

HP SmartアレイE200コントローラ

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP SmartアレイE200コントローラ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase システム構成
  概要説明   保証/サービス
  仕様一覧   ドライバー & ソフトウェア
  テクニカル仕様   カタログ
    Q&A      
 

新機能

Q1. Serial Attached SCSIとは何ですか。
A1. Serial Attached SCSI(SAS)は、論理的に発展したインタフェースで、Serial ATA(SATA)との共通の電気的および物理的接続インタフェースを活用するとともに、スケーラビリティ、性能、信頼性、および管理性に関する、企業のデータ センタの要件を満たします。この互換性によって、ユーザは、サーバーおよびストレージ サブシステムの配備に、かつてない選択肢を得られます。

Q2. SASが開発された理由は何ですか。
A2. SASは、将来において予想されるI/Oおよび直接接続ストレージ要件に対応するために開発されました。SATAとの汎用相互接続を提供し、SCSIの信頼性、性能、および管理性とともに、論理SCSI互換性を備えています。

Q3. エンド ユーザがSerial Attached SCSIから受ける利点は何ですか。
A3. エンド ユーザの主要な利点には、エンタープライズ クラスの堅牢性、互換性のあるSCSIソフトウェアおよびミドルウェアによる投資保護、および直接接続ストレージ デバイスの選択肢(SASまたはSATA)などがあります。さらに、高い性能、ケーブルの距離の長さ、小さい形状、およびアドレス指定能力によって、メインストリーム データ センタのサーバーおよびサブシステムの配備にあたって新しいレベルの柔軟性を生み出します。SASは、業界をリードするSCSI仕様に基づいているので、その信頼性と安心感は、データ センタの継続性という点で、ユーザのニーズを満たします。

Q4. Serial Attached SCSIがストレージ業界に与える利点は何ですか。
A4. SASは、お客様がデータ センタ環境に期待する、実績のあるSCSIテクノロジを活用し、強力なソリューションと世代間の一貫性を提供します。シリアル インタフェースを基盤としており、デバイス サポートの増加と帯域幅のスケーラビリティを考慮して、今日のパラレルSCSI環境の課題となっているオーバーヘッドを低減します。

共通の質問

Q1. SmartアレイE200コントローラには、Wide Ultra2 SCSI、Wide Ultra3 SCSI、およびUltra320 SCSIとの下位互換性がありますか。
A1. いいえ。Serial Attached SCSIコントローラには、パラレルSCSIデバイスとの互換性はありません。

Q2. SmartアレイE200は、外付けドライブをサポートしますか。
A2. いいえ。SmartアレイE200には8個の3Gb SASポートがあり、コントローラのx4 Wide SASポートを使用して2つの内部接続をサポートします。

Q3. SmartアレイE200は、どのRAIDレベルをサポートしていますか。
A3. SA-E200/64は、RAID 0、1、および1+0をサポートしています。128MB BBWCアップグレードにより、RAID 5が使用できます。

Q4. Online Drive Flashingとは何ですか。
A4. Online Drive Flashingは、SmartアレイE200で使用可能です。これまでは、ハードディスク ドライブ(HDD)のファームウェアをアップグレードする必要がある場合、ストレージをオフラインにしてから、新しいファームウェア イメージをロード可能にする必要がありました。Online Drive Flashingを使用すると、更新されたHDDファームウェア イメージをSmartアレイE200にダウンロードすれば、次回サーバーを再起動したときにすべてのSAS HDDが更新されます。これによって、ディスク ドライブのファームウェアの更新にかかる時間が大幅に短縮されます。

Q5. ミラー分割および再結合とは何ですか。
A5. ミラー分割および再結合では、RAID 1アレイを2つのRAID 0アレイに分割します。その後、2つのRAID 0アレイを1つのRAID 1アレイに結合することができます。ACUでは、同じサイズの2つのRAID 0アレイを1つに統合し、どのドライブにデータを保存するか選択できます。この機能は現在、オフラインでのみ使用できます。SmartStart CDを起動し、そこからACUを実行する必要があります。

通常この機能は、ソフトウェア パッチのテスト時に使用されます。ユーザは現在のデータを保存する手段として、ミラーを分割できます。そしてユーザが選択した破壊的な動作をするソフトウェアのアップデートを実行し、その結果のデータ セットを保存するか、古いデータに戻します。他のアプリケーションはクローン処理されます。

この機能を有効にするのにBBWCは必要ありません。

Q6. 容量拡張とは何ですか。
A6. 容量拡張とは、設定済みのアレイに物理ドライブを追加するプロセスです。拡張が行われる前からアレイに存在する論理ドライブ(またはボリューム)は変更されません。アレイの空き容量の合計だけが変更されます。

この機能にはバッテリが必要です。

Q7. 再構築に制限はありますか。
A7. 再構築中にシステムを再起動すると、アレイの再構築はやり直しになります。

Q8. E200がサポートするハードディスク ドライブの数を教えてください。
A8. E200は最大8台のドライブをサポートします。

Q9. E200はテープ製品をサポートしていますか。
A9. E200はテープ製品をサポートしていません。

技術的な質問 - キャッシュ/メモリ

Q1. SmartアレイE200は、バッテリ バックアップ式キャッシュを搭載していますか。
A1. SmartアレイE200では、128MB BBWCアップグレード モジュールにより、バッテリ モジュールが使用できます。SmartアレイE200に、取り外し可能なバッテリ バックアップ式キャッシュを実装すると、1)コントローラやサーバーの障害が発生した場合、SmartアレイE200コントローラからSmartアレイ キャッシュを取り外して、別のSmartアレイE200コントローラ ボードに取り付けることができます。キャッシュ内のデータは、ディスク ドライブにフラッシュされます。2)キャッシュ バッテリは、最大3日間のバッテリ寿命を提供します。

Q2. BBWCを必要とする機能には何がありますか。
A2. オンライン容量拡張、オンラインRAIDレベル移行、オンライン ストライプ サイズ移行には、BBWCが必要です。

Q3. SmartアレイE200は、標準のサーバーDIMMメモリをサポートしていますか。
A3. いいえ。コントローラのDIMMソケットには、標準のDIMMメモリを収容できません。標準のサーバー メモリDIMMは、バッテリ バックアップ式のサポートではなく、RAIDコントローラのフォールト トレランス規格に適していません。

Q4. RAIDストライプ サイズのデフォルト設定を教えてください。
A4. OORCAバージョン2.54以降を使用している場合、デフォルト設定は次のとおりです。
  • RAID 0、1、1+0 - 128 KB
  • RAID 5 - 64 KB
  • RAID 6(ADG) - 16 KB
ACU CLIバージョン7.20以降を使用している場合、デフォルト設定は次のとおりです。
  • RAID 0、1、1+0 - 128 KB
  • RAID 5 - 64 KB
  • RAID 6(ADG) - 16 KB
ACUバージョン7.50以降を使用している場合、デフォルト設定は次のとおりです。
  • RAID 0、1、1+0 - 128 KB
  • RAID 5 - 64 KB
  • RAID 6(ADG) - 16 KB

サービスとサポート

Q1. SmartアレイE200コントローラは、他のSmartアレイ コントローラと同じ設定ユーティリティと管理ソフトウェアを使用していますか。
A1. はい。これがSmartアレイの長所です。すべてのSmartアレイ コントローラは、Smartアレイ製品ファミリ全体で同じ設定ユーティリティ(ACU)、診断ユーティリティ(ADU)、および管理ソフトウェア(HP Systems Insight Manager)を使用しています。また、SmartアレイE200は、コントローラの起動時に簡単な設定ができるツールとしてORCA(Options ROM Configuration for Arrays)も提供しています。

Q2. SmartアレイE200は、どのProLiantサーバーをサポートしていますか。
A2. SmartアレイE200は、現在の世代のProLiant 100、300、および500シリーズ サーバーのほとんどでサポートされます。詳しくは、サポートされるサーバーの最新リストを参照してください。

Q3. SmartアレイE200は、どのオペレーティング システムをサポートしていますか。
A3. SmartアレイE200は、Windows 2003およびLinuxなどのオペレーティング システムをサポートしています。完全なリストについては、OSサポートを参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡