セキュリティを強化して、ビジネスを保護したいとお考えですか。 組織の効率性と生産性を向上させる必要がありますか。 Hewlett Packard EnterpriseとMicrosoft®のパートナーシップにより統合されたテクノロジーが、お客様のビジネスの可能性を最大限に高めるとともに、運用におけるアジリティを高め、セキュリティレイヤーを追加し、Windows®ベースのサーバーの耐障害性とパフォーマンスを向上させます。クラウド対応のオペレーティングシステムであるMicrosoft Windows Server 2016は、最も要求の厳しいワークロードに対応するとともに、ハイブリッドクラウドサービスの統合を容易にする新しいテクノロジーの導入を可能にします。新しい強力なセキュリティレイヤーとイノベーションを提供して、ビジネスの効率性と生産性を飛躍的に向上させます。 Windows Server 2016をHPEのサーバー、ストレージ、およびネットワークソリューションと組み合わせたテクノロジーがビジネスの目標達成までサポートします。


HPE ProLiantサーバーの最新機種Gen10をはじめ、40機種以上がすでにWindows Server 2016へ対応しております。

Microsoft® Windows Server® 2016の対応サーバー情報はこちらから確認頂けます。

Windows Server 2016 提供エディションについて


ライセンスについて


ポイント

  • すべての物理コア分のライセンスが必要です。
  • 物理プロセッサごとに最低8コア、物理サーバーごとに最低16コアのライセンスが必須です。
  • Essentialsエディションは従来通りのサーバー単位のライセンスです。1サーバー1ライセンス、2CPU搭載サーバーまで、1物理または1仮想環境でお使いいただけます。

仮想インスタンス数

  • Datacenterエディションは無制限の仮想OSEまたはHyper-Vコンテナーを使用可能です。
  • Standardエディションは2つの仮想OSEまたはHyper-Vコンテナーを使用可能です。
  • 2つの仮想OSEまたはHyper-Vコンテナーの権利を割り当てたサーバーのコアライセンス数を1単位として、必要な仮想OSE/Hyper-Vコンテナー数を満たすよう追加します。

例)12コアのプロセッサが2基の場合

Standardエディションの仮想OSE/ Hyper-Vコンテナーの使用可能数
24コアライセンス購入:2つまで
48コアライセンス購入:4つまで
72コアライセンス購入:6つまで

ラインアップ


ROK リセラーオプションキット

HPEではOEM版 Windows Server OSライセンスをHPE ProLiantのオプション製品としてROK(旧名称バンドルプラス)として、販売店を通して提供しています。

HPE型番
製品名
871141-291 Windows Server 2016 Essentials ROK
P00487-291 Windows Server 2016 Standard 16コアライセンス ROK
P00488-291 Windows Server 2016 Datacenter 16コアライセンス ROK
P00489-291 Windows Server 2016 Datacenter 16コアライセンス 再割当権付き ROK

オンラインストア HPE DirectPlusでサーバーのカスタマイズオプションとしてプリインストールまたはパッケージをバンドルする形でも提供しております。

オンラインストア HPE DirectPlusはこちら


コア追加ライセンス

物理コア数、または仮想OSE/Hyper-Vコンテナーの権利を増やすのに必要な追加ライセンスには、下記のコア追加ライセンスをご購入ください。

HPE型番
製品名
871157-371 Windows Server 2016 Standard 16コア追加ライセンス
871158-371 Windows Server 2016 Standard 4コア追加ライセンス
871159-371 Windows Server 2016 Standard 2コア追加ライセンス
871166-371 Windows Server 2016 Datacenter 16コア追加ライセンス
871167-371 Windows Server 2016 Datacenter 4コア追加ライセンス
871168-371 Windows Server 2016 Datacenter 2コア追加ライセンス

クライアント アクセス ライセンス CAL

  • Windows Server 2016では、サーバー、ソフトウェアのインスタンスにアクセスする各デバイスまたはユーザーに対して、CALを割り当てる必要があります。
  • Windows Server 2016 へのアクセスには、Windows Server 2016 のCALが必要です。
  • Windows Server 2016 にはCALが含まれておりませんので、CALもあわせてご購入ください。
  • Windows Server 2016 CALは、Windows Server 2012R2以前のバージョンの旧OSにもアクセス可能です(下位互換)。
  • Essentialsエディションは、CALは不要です。

CALの種類

CALには、デバイス用とユーザー用の2種類があります。用途にあわせて、組み合わせてご利用いただけます。

ユーザーCAL
サーバーにアクセスするユーザー数にあわせて購入

デバイスCAL
サーバーにアクセスするデバイス数にあわせて購入

RDS CAL
プログラムまたはフルデスクトップにリモートでアクセスする必要のあるユーザー/デバイス数にあわせて購入(通常のCALも必要です)


HPE型番
製品名
871175-371 Windows Server 2016 CAL 1ユーザー
871176-371 Windows Server 2016 CAL 1デバイス
871177-371 Windows Server 2016 CAL 5ユーザー
871178-371 Windows Server 2016 CAL 5デバイス
871179-B21 Windows Server 2016 CAL 10ユーザー
871180-B21 Windows Server 2016 CAL 10デバイス
871181-B21 Windows Server 2016 CAL 50ユーザー
871182-B21 Windows Server 2016 CAL 50デバイス
871232-371 Windows Server 2016 RDS CAL 5ユーザー
871233-371 Windows Server 2016 RDS CAL 5デバイス

ダウングレードメディア


以前のバージョンへのダウングレードが必要な場合は、下記のダウングレードメディアをご購入ください。
ダウングレードメディアの単品での販売は行っておりません。サーバー購入時に一緒にお求めください。

HPE型番
製品名
782516-291 Windows Server 2012 Standardダウングレードメディア 日本語版 ROK バンドルプラス
P00490-291 Windows Server 2012 R2 Standard ダウングレードメディア ROK
P00491-291 Windows Server 2012 R2 Datacenter ダウングレードメディア ROK

ご購入前に気を付けていただきたいこと

本製品は、OEM版Windows ServerのOSライセンスとの同時手配が必須となります。ダウングレードメディア単体での販売は行っておりません。

事前に「ダウングレードメディアの利用方法について」をご確認ください。