Jump to content 日本-日本語

サーバー   >  OS   

HP ProLiant + Windows® Small Business Server 2011 Essentialsエディション

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

Windows® Small Business Server 2011
Essentialsエディション

Windows® Small Business Server 2011 Essentialsエディション Windows® Small Business Server 2011 Essentials エディションは、最大25クライアントの環境で使えるエントリークラスのサーバーOSです。従来のSBSと比べてシンプルで、機能はファイル共有、データ保管、データバックアップ、セキュリティといったビジネスサーバーのコアな部分にフォーカスされています。低コストで導入ができ、またCALも不要というコスト面でのメリットと共に、その運用のしやすさも大きな特徴です。

HP & Microsoft フロントラインパートナーシップ

HPは、Microsoft社との業界唯一のフロントライン・パートナーシップのもと、「Windows Server®」の開発に、極めて大きな役割を果たしました。HP ProLiantファミリは、開発の過程でおこなわれるさまざまな動作検証を担当し、開発プラットフォームとして、プログラムの最適化に寄与しました。このことが証明するOSとハードウェアとの親和性こそが信頼性の証ともいえます。

Windows® SBS 2011 Essentials エディションのメリット

  • 安心:毎日のサーバーとクライアントPCの自動バックアップ
  • 簡単:導入・設定も、日々の運用も簡単
  • 便利:いつでもどこでも自由にアクセス
  • 低価格:CALも不要
  • 将来の機能拡張:クラウドとの連携

安心

  • 毎日スケジュールに沿って、クライアントPCを自動バックアップ。
  • データの復元も簡単
  • 強固なセキュリティポリシーでデータにアクセス出来る人を設定、アクセス権の設定も簡単

簡単

  • 各機能を一元的に管理する「管理ダッシュボード」で、導入・設定も、日々の運用管理も簡単
  • クライアントPCからの操作性も、大幅に向上
  • SBS向けに簡素化された、ID管理(Active Directly)

便利(リモートアクセス)

  • 外出先や自宅のPCから、簡単かつ安全なリモートアクセス(Webブラウザ、スマートフォン経由)
  • アクセス先ドメインの取得は無料
  • サーバーの共有フォルダだけでなく、社内のPCのデスクトップへもアクセス可能

低コスト

  • お求めやすい価格
  • CALは不要

クラウドとの連携

  • 日本マイクロソフトが2011年中に提供予定の企業向けクラウドサービス「Microsoft Office 365」との連携を予定
オンラインストア HP DirectPlusにて
Windows® Small Business Server 2011 Essentialsエディション プリインストールモデル
を選択可能です。
お見積り・ご注文はこちら
※各対応サーバー カスタマイズ画面の「Windows OS」よりご選択ください。
このページのトップへ

よくある質問

Q1. HP OEM版Windows OSを使うメリットは何ですか?
A1. HP ProLiant サーバーとの組みあわせなら、HP OEM版Windows OSには圧倒的なメリットがあります。「Why HP ProLiant + Windows OS?」を参照下さい。

Q2. Windows Server 2008 R2 Foundationとは何が違うのですか?
A2. 同じ小規模向けOS ですが、最大クライアントPC/ユーザー数がWindows Server 2008 R2 Foundationは15、Windows® SBS 2011 Essentialsは25、と大きく異なります。またWindows® SBS 2011 Essentialsには、Windows Home Serverの機能を取り込んだクライアントPCの自動バックアップ機能や、リモートWebアクセス機能など、Windows Server 2008 R2 Foundationには無い重要な新機能があります。

Q3. 前世代のWindows® SBS 2008とは何が違うのですか?
A3. 重要な新機能が追加されている他、Windows® SBS 2011 Essentialsは前世代のSBSと違い、ExchangeやSQLを含みません。

Q4. 小規模向けのサーバーOSは、ファイル共有用の低価格NASを使うのと何が違うのですか?
A4. Windows SBS 2011 EssentialsはNASに比べ同時アクセスに強く、ファイル転送速度も高速です。また、Windows Server 2008 R2がベースのため、WS2008 R2上で動作するアプリケーションが利用できます。さらに、フォルダごとにアクセス権の設定もできるので、セキュリティ面も安心です。

Q5. Windows® Small Business Server 2011のStandardエディションは、日本ヒューレット・パッカードからの提供はないのですか?
A5. HP OEM版の提供はございません。Standardエディションをご希望の場合は、日本マイクロソフト販売代理店よりリテール版をご購入下さい。
このページのトップへ

関連リンク

 サポートサーバー一覧“OS Support & Certification Matrices”(英語)
※URLをクリック後、ページ中段の「Windows Small Business Server 2011」タブをご参照ください。
 日本マイクロソフト Windows® Small Business Server 2011製品ページ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
 HP ProLiant + Windows OS情報ページ
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項