Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー オプション

機能/対応一覧

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
日本語環境で対応しているHPPMバージョン/OSサポートは以下よりご確認ください。
HPPM製品の日本Webサイト(機能/対応一覧ページ)
「サーバー製品 ラップオプション編」または「サーバー製品 タワー型サーバー用オプション編」構成図

HP Power Manager の機能/対応一覧

  HP Power Manager Ver.4.1 HP Power Manager Ver.4.2

機能

管理対象機器 単一UPS 単一UPS
複数台UPSによる冗長化構成
マルチデバイスイベント取り扱い
管理対象デバイス自動発見 及び 自動再接続
UPS診断 及び システムログ
スケジュールシャットダウンと起動
SSL ● ( 128bit SSL ) ● ( 128bit SSL )
UPS出力セグメントの独立制御
UPS接続方法 LAN接続 (※4) /シリアル接続 LAN接続 (※4) /シリアル接続
Insight マネージャ7、HP Systems Insight Manager (HPSIM) 、及び HP OpenView との連携
(SNMPトラップ送信)
言語 英語,日本語 英語,日本語
HP Systems Insight Manager (HPSIM) へのプラグイン ● (※8) ● (※8)
ソフトウェア アップグレード サポート

管理対象機器細目

ver4.1 ver4.2.5 ver. 4.2.6/4.2.7 ver4.2.9
タワー型UPS
T750 G2(AF456A)
T1000 G3(AF457A)
T1500 G3(AF458A)
T750(378439-D71)(※7) (旧製品) ● (※5) (※10) ● (※5) (※10)
T1000 G2(AF404A) (旧製品) ● (※5) ● (※5) (※10)
T1500 G2(AF407A) (旧製品) ● (※5) ● (※5) (※10)
タワー型/ラックマウント型UPS
R/T3000 -100V (AF452A)
R/T3000 -200V (AF453A)
R/T2200 G2(AF410A)(旧製品) ●(※5) ●(※5) (※10)
ラックマウント型UPS
R3000 - 低電圧100V(AF425A)
R3000 - 200V(AF424A)
R5500(AF426A)
R1500 G2(AF421A)(旧製品)

サポートUPSオプション

UPS 6ポートカード (192185-B21) (旧製品)
UPS SNMP/シリアル ポート カード (192189-B21) (旧製品)
サポートOS ver4.1 ver4.2.5 ver4.2.6 ver4.2.7 ver4.2.9 ver4.2.10 ver4.3.2
注: HP Power ManagerのサポートOSの詳細一覧は「サーバー製品 ラップオプション編」または「サーバー製品 タワー型サーバー用オプション編」構成図を参照してください。
Microsoft®
Windows Server® 2008 R2 (SP1), Standard/Enterprise/Datacenter edition (※14) Mgt Server / Agents
Windows Server® 2008 R2, Standard/Enterprise/Datacenter edition (※14) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows Server® 2008 R1 (SP2), Standard/Enterprise/Datacenter edition (※14) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows Server® 2008 R1 (SP1), Standard/Enterprise/Datacenter edition (※14) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows Server® 2003 R2 (SP2), Standard/Enterprise edition (※9) SP2:Mgt Server / Agents (※3) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows Server® 2003 R2 (SP1), Standard/Enterprise edition (※9) SP1:Mgt Server / Agents (※3) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows Server® 2003 R1 (SP2), Standard/Enterprise edition (※9) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows Server® 2003 R1 (SP1), Standard/Enterprise edition (※9) SP1:Mgt Server / Agents (※3) SP1:Mgt Server / Agents (※3) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows® Small Business Server 2008 R1 Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows® Small Business Sever 2003 (SP2, R2) (※9) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows® Small Business Sever 2003 (SP1, R2) (※9) Mgt Server / Agents (※3) Mgt Server / Agents (※3) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows® Small Business Server 2000 Server/Advanced - SP4 (※9) SP4:Mgt Server / Agents
Windows® Vista Enterprise, SP2(※9) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows® XP Professional, SP3(※9) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
Windows® XP Professional, SP2(※9) Server / Agents Server / Agents (※12) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
サポートOS ver4.1 ver4.2.5 ver4.2.6 ver4.2.7
RedHat
RedHat Enterprise Linux 5 Update 5 Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 5 Update 4 Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 5 Update 3 Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 5 Update 2 Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 5 Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 4 Update 8 Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 4 Update 6 Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 4 Update 5 Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 4 Update 3 (※7) (※9) (※12) Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 3 Update 7 (※7) (※9) Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 3 Update 6 (※7) (※9) Mgt Server / Agents
RedHat Enterprise Linux 2.1 Update 4 (※7) (※9) Mgt Server / Agents  
Novell
SUSE Enterprise Server 10 SP2 (※9) Mgt Server / Agents
SUSE Enterprise Server 10 SP1 (※7) (※9) Mgt Server / Agents Mgt Server / Agents
SUSE Enterprise Server 9 SP4 (※9) Mgt Server / Agents
SUSE Enterprise Server 9 SP3 (※7) (※9) (※12) Mgt Server / Agents
SUSE Enterprise Server 9 SP2 (2.6.5-7.191) (※7) (※9) Mgt Server / Agents
NetWare 6.5 SP2:Agent SP2:Agent SP2:Agent SP2:Agent
NetWare 6.0 SP3:Agent SP3:Agent
NetWare 5.1 SP6:Agent SP6:Agent
Open VMS
Open VMS v8.3 Agent (※13) Agent (※13) Agent (※13)

注:HP UPS T750 G2、UPS T1000 G3、UPS T1500 G3は、HP Power Manager ver 4.2.6以上よりサポート致します。
注:HP Power ManagerのサポートOSの詳細一覧は「サーバー製品 ラップオプション編」または「サーバー製品 タワー型サーバー用オプション編」構成図を参照してください。

管理コンソール必要条件

Microsoft Windows 稼動管理コンソール Internet Explorer 7.0
Microsoft Windows 稼動管理コンソール Internet Explorer 6.0 SP1 (※11) Internet Explorer 6.0 SP1
Linux 稼動管理コンソール Mozilla 1.6
Linux 稼動管理コンソール Mozilla 1.4 (※11) Mozilla 1.4 (※11)
HP-UX 稼動管理コンソール Mozilla 1.6 (※11) Mozilla 1.6 (※11)
HP-UX 稼動管理コンソール Mozilla 1.4 (※11) Mozilla 1.4 (※11)

HPRPM: HP ラック アンド パワー マネージャ
Mgt Server: マネージメント サーバー
Agent: エージェント
CMC: コンソール マネージメント コントローラ
SE: Standard Edition
EE: Enterprise Edition

※1 旧UPS オプションカード ( 347225-B21, 123508-B21, 123509-B21) は、CPM(CompaqPowerManager)等の従来使用されていた管理ソフトウェアが必要。
※2 現在販売中の HP ProLiant用UPS を、デンセイ・ラムダ株式会社の電源統合管理ソフトウェア「Power-SOL(パワソル)」を用いて管理運用可能であることがデンセイ・ラムダ株式会社により確認されています。Power-SOLは、小規模環境でのUPSのスケジュール管理が可能です。
UPSグループ管理機能「Power-SOL UPSモニタ」は、デンセイ・ラムダ株式会社のWebページから、無償でダウンロード可能です。

Power-SOL Power-SOLに関しては、WEBサイト
http://www.densei-lambda.com/products/
top_link/index_power-solj.html

をご参照下さい。

Power-SOLに関するお問合せは、デンセイ・ラムダ株式会社までお願い致します。

デンセイ・ラムダ株式会社
デンセイ・ラムダ株式会社 お客様相談室 電話 0120−298277
受付時間: 9:00〜17:30 (土曜祝日を除く)

※3 HP ラック アンド パワー マネージャ 、HP Power Manager を Windows Server™ 2003 上にインストールし運用する場合は、こちらのページをご参照下さい。
「Server product: 困ったときにお読みください/Windows Server™ 2003 対応UPS管理ソフトウェアのリリース予定とその制限事項」
※4 UPSには、SNMP/シリアル ポート カード、またはSNMP-ENアダプタカードが必要です。
※5 USB接続をサポートします。(Windowsのみ)
※6 製品番号204015-001、204015-291、204015-B31でサポートされます。
※7 サポートされるプラット フォームについての追加の情報は、各ソフトウェアの個々のリリースノートを参照してください。
※8 HP System Insight Manager(HPSIM)にプラグインすると、HP ラック アンド パワー マネージャ サーバーの検出、SNMPトラップの送受信、HP ラック アンド パワー マネージャの起動をHPSIMのツール メニューから実行することができます。
※9 32ビットおよび64ビット バージョンをサポートします。HPPMアプリケーションは、64ビット バージョンのオペレーティング システム上で32ビット モードで動作します。
※10 現在、HP UPS T750 のみHP Power Manager v4.0にて、画面不具合が発生することが確認されております。4.0 をお使いの場合は、修正モジュールをダウンロードしてください。
※11 x86のみサポートします。
※12 x86およびx64をサポートします。
※13 IA64のみサポートします。
※14 仮想化機能Hyper-VおよびWindows Server 2008 Foundationは非サポートです。
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項