Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー オプション  >  HP UPS(無停電電源装置)

HP UPSマネジメント モジュール

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
製品イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  バッテリーに関してのご注意
  システム構成
  保証/サービス
  ダウンロード

日本語環境で対応しているHP UPS マネージメントモジュールのバージョン/OSサポートは以下よりご確認ください。
HP UPSマネージメントモジュール製品の日本Webサイト
「サーバー製品 ラックオプション編」または「サーバー製品 タワー型サーバー用オプション編」構成図

製品の説明

HP UPSマネジメント モジュールを使用すると、個々のHP製UPSを総合的に制御することにより、電源環境を監視および管理することができます。
HP UPSマネジメントモジュールは1台のUPS構成、もしくは単一の電源障害に対応する2台のUPSでの冗長化構成をサポートします。
よりよい電源の管理と遠隔監視を柔軟にするため、複数のシリアルポートが用意されています。
また、HP Systems Insight ManagerなどのSNMP管理アプリケーションプログラムにアラートトラップを送信するように設定することも、スタンドアロンの管理システムとして使用することもできます。このような柔軟性により、ネットワーク経由でUPSを監視および管理できます。また、内蔵している管理ソフトウェアによって提供される詳細なシステムログにより、日常のメンテナンス作業が容易になります。

HP UPSマネジメントモジュールがあれば、UPSをネットワークに直接接続してリモートで管理できます。一般的なWebブラウザを使用して、場所や時間を問わず、UPSを設定および管理することができます。
  HP UPSマネジメント モジュール
HP UPSマネジメント モジュール

モデル

UPSマネジメント モジュール AF401A
UPSマネジメント モジュール用シリアル アダプター 5本パック AF402A

キットの内容

  • 本体
  • インストレーション ガイド
  • 保証書
  • オプション カード
  • RS-232 - RJ45アダプター×1
    ※管理モジュールには、管理モジュール設定用のDB-9 to RJ-45アダプターが1個、同梱されています。
    アダプター キット(製品番号AF402A)をご購入のお客様には、シリアル デバイス接続のための追加アダプターが5個用意されています。

ハイライト

HP UPSマネジメント モジュール

HP UPSマネジメント モジュールを使用すると、個々のHP製UPSを総合的に制御することにより、電源環境を設定、監視、および管理することができます。

マネジメント モジュールには、次の方法でアクセスできます。
  • Webブラウザによるリモート アクセス
  • Telnetセッションによるリモート アクセス
  • 端末エミュレーション プログラムによるローカル アクセス

マネジメント モジュールは、HP Systems Insight ManagerなどのSNMP管理プログラムにアラート トラップを送信するように設定することも、スタンドアロンの管理システムとして使用することもできます。このような柔軟性により、ネットワーク コネクタ経由でUPSを監視および管理できます。マネジメント モジュールの前面にあるシリアル コネクタは、ひとつが設定用で残りの5つが監視・管理用です。また、ファームウェアによって提供される詳細なシステム ログにより、日常のメンテナンス作業が容易になります。

マネジメント モジュールのファームウェアを使用すると、以下の作業を実行できます。
  • アラートのカスタマイズ
    • 電子メール通知メッセージの送信
    • SNMPトラップの送信
  • UPSの監視および管理
    • 接続機器の電源を個別に制御するための独立したUPS負荷セグメントの管理
    • 分析のためのテキスト ログの表示

製品の機能

  • WebブラウザによるUPSの容易な監視および管理
  • UPSおよび接続機器のリモート監視および制御
  • リアルタイムの電子メール アラート通知
  • 標準HP MIBのサポート
  • SSLデータ暗号化および認証
  • 複数のシリアル ポートによる優れた電源管理制御および柔軟な監視
  • シリアル ポートの独立制御により負荷削減機能が実現し、重要な負荷の稼動時間を最大化可能
  • RS-232監視の同時提供
  • 設定を容易にするプラグ アンド プレイ プロトコル
  • UPSのステータスの監視と診断の実行
  • 停電時における接続機器の正常なシャットダウンの管理
  • 接続機器の電源を個別に制御するための独立したUPS負荷セグメントの管理
  • 機器をシャットダウンするタイミングの優先順位付けと負荷セグメントごとの接続機器の再起動
  • 停電後、システム コンポーネントを順番に起動させるための、負荷セグメントごとの再起動の遅延
  • ユーザが指定したスケジュールに基づくUPSおよび接続機器のシャットダウンと再起動
  • カスタマイズされた電子メールによる警告メッセージ送信や、SNMPトラップの送信
  • 停電時のコンピュータ コマンドの発行
  • 分析のためのログの表示
  • リダンダントUPS構成のサポート
  • HP Systems Insight Managerとの連携、統合
  • シリアルおよびネットワーク接続サーバー通信のサポート
  • カスタマイズ可能なイベント スクリプトのサポート

特長

HP Systems Insight Manager(HP SIM)で、以下のことができます。
  • マネジメント モジュールを検出します。検出プロセスの一部として、HP SIMは、取り付けられているマネジメント モジュールを検出できます。検出されたモジュールのWebインタフェースは、HP SIMのサーバー リンク タブから起動できます。
  • マネジメント モジュールからのSNMPトラップを受信します。モジュールは、URLを含めたイベントベースのトラップをHP SIMに送信できます。この機能により、管理者は、モジュールのWebインタフェースを状況に応じて簡単に起動できます。たとえば、マネジメント モジュールがアラーム状態を検出した場合、モジュールは、接続されている概要画面にユーザが直接アクセスするためのハイパーリンクを含むトラップをHP SIMに送信できます。
    • 必要なときにHP SIM内からマネジメント モジュールのWebインタフェースを起動できます。ツール メニュー - ユーザは、ツール定義ファイルを使用して、WebインタフェースへのリンクをHP SIMのツール メニューに追加できます。
    • イベントベースのトラップ - 各トラップに含まれているURLから、トラップが送信される原因となった特定のデバイスの概要画面に直接アクセスできます。
    • マネジメント モジュールには、HP SIMがHP UPSマネジメント モジュールを検出すると自動的に作成されるマネジメント モジュール リンクからアクセスすることもできます。

セキュリティに関する 注意点の概要

  • 次の2つの重要な理由から、マネジメント モジュールは、厳格なセキュリティを実装しています。
    • モジュールは、注意を要する破壊的な操作を実行する可能性のあるデバイスを監視します。
    • マネジメント モジュールには、ブラウザからアクセスできます。
  • マネジメント モジュールとモジュールが管理するデバイスのセキュリティをより確実なものとするために、ユーザの組織のセキュリティ ポリシーや、モジュールを使用する環境に応じて、以下の点に注意してください。
    • マネジメント モジュールへのリモート アクセスには、ユーザ アカウントが必要です。ログインするには、ユーザ名とパスワードを使用する必要があります。このユーザ名とパスワードは、厳重に保護してください。
    • アカウントごとに異なるアクセス レベルを与え、可能な操作の範囲を変えることができます。必ず、適切なアクセス レベルがユーザに付与されるようにしてください。
    • マネジメント モジュールには、SSLを使用してアクセスできます。これにより、ブラウザとマネジメント モジュール間のデータが暗号化されます。モジュールは、128ビットの暗号化レベルによってセキュリティ保護されています。SSLは、デジタル証明書によるマネジメント モジュールの認証も提供します。マネジメント モジュールが確実に識別されるように、この証明書を安全にインポートする必要があります。

インターフェイス必要条件

ソフトウェア ブラウザ
Webブラウザ クライアント Microsoft®オペレーティング システム
  • Microsoft® Internet Explorer 8.0
  • Microsoft® Internet Explorer 7.0 SP2
  • Microsoft® Internet Explorer 6.0 SP1
Red Hat Linuxオペレーティング システム(32ビットのみ)
  • Firefox 3.0.18
SUSE Linuxオペレーティング システム(32ビットのみ)
  • Mozilla 1.6.x
  • Mozilla 1.4
モニタ解像度 サポートされる最小解像度:1024×768、16ビット
High Color(最適な表示のためにブラウザ ウィンドウを最大化してください)

保証

標準保証は、3年間のパーツ保証、1年間の作業保証ならびにオンサイト サポートです。

注: オプションサービス等については、HPのWebサイト http://h50146.www5.hp.com/services/ を参照してください。
注: HP Care Packサービスについて詳しくは、世界各地にあるHPのサービス窓口またはHP製品販売店にお問い合わせいただくか、またはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/carepack/を参照してください。
注: この保証には一定の制限や例外事項があります。

関連オプション

サポートされる UPS 販売
状況
VA
定格
W 高さ
(U単位)
負荷
セグメント
製品番号
R/T3000 - 低電圧100V 販売中 2400 2250 2 2 AF452A
R/T3000 - 200V 販売中 3300 3000 2 2 AF453A
R5500 販売中 5000 4500 3 2 AF426A
RoHS非準拠の製品番号
326529-D71
の代替製品
R1500 G2 旧製品 1200 900 1 2 AF421A
R3000 - 低電圧 100V 旧製品 2400 2250 2 3 AF425A
RoHS非準拠の製品番号
192186-291
の代替製品
R3000 - 200V 旧製品 3000 2700 2 3 AF424A
RoHS非準拠の製品番号
192186-002
の代替製品
R5500XR 旧製品 5000 4500 3 2 326529-D71
R12000 XR、N + x 旧製品 12000 12000 10 1 207552-B22、J4373
T1000XR 旧製品 1000 - 該当せず 2 312803-291
T1500XR 旧製品 1500 - 該当せず 2 204155-291
T2200XR 旧製品 2200 - 該当せず 3 204451-291
R1500XR 旧製品 1500 - 2 2 204404-291

マネジメントモジュール・エージェント OSサポートマトリックス【バージョン2.1.11】

サポートプラットフォーム
※旧FWバージョンのOSサポート情報は「サーバー製品 ラップオプション編」または「サーバー製品 タワー型サーバー用オプション編」構成図をご覧ください。
HP UPS マネジメントモジュール エージェント(UPS Power Protectionエージェント)のサポートOSについても「サーバー製品 ラップオプション編」または「サーバー製品 タワー型サーバー用オプション編」構成図を参照してください。
オペレーティング システム(x86 アーキテクチャ(32bit / 64bit 含む))
Microsoft® Windows Server® 2008 R2, Service Pack 1, Standard/Enterprise/Datacenter edition (x64のみ)(※)
Microsoft® Windows Server® 2008 R2, Standard/Enterprise/Datacenter edition (x64のみ)(※)
Microsoft® Windows Server® 2008 Release1, Service Pack2, Standard/Enterprise/Datacenter edition(※)
Microsoft® Windows® Server 2003 Release 2, Service Pack 2, Standard/Enterprise edition
Microsoft® Windows® Server 2003 Service Pack 2, Standard/Enterprise edition
Microsoft® Windows® Server 2008 Small Business Server, Service Pack 2

Microsoft® Windows® Server 2003 Small Business Server Release 2, Service Pack 2, Standard/Premium edition

Microsoft® Windows® 7 Enterprise
Microsoft® Windows® Vista Enterprise, Service Pack2
Microsoft® Windows® XP Professional, Service Pack 3
Red Hat Enterprise Linux 5 Update 7
Red Hat Enterprise Linux 5 Update 5
Red Hat Enterprise Linux 4 Update 8
SUSE Linux Enterprise Server 11 Service Pack 1
SUSE Linux Enterprise Server 10 Service Pack 3
VMware ESX Server 4.1
VMware ESX Server 4.0 u1
VMware ESX Server 3.5 u5
オペレーティング システム(Itanium(IA64))
HP-UX 11iv3(11.31, Itanium)
HP-UX 11iv2(11.23, Itanium)
Red Hat Enterprise Linux 5.0 Update 5
Red Hat Enterprise Linux 4.0 Update 8

※: 仮想化機能Hyper-VおよびWindows Server 2008 Foundationは非サポートです。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項