Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー オプション

HP R5000無停電電源装置(UPS)

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP UPS R5000

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  バッテリに関してのご注意
  システム構成
  保証/サービス

 HP UPS 管理ツール 対応一覧表

製品 型番 UPS管理ソフトウェア・ツール 備考
HPPM HPMM HPPP HPUNM
T750 G2 AF456A     HP SIM との連携、SNMP トラップ、遅延rebootの機能が必要な場合は、HPUNM をサポートするUPS の選択を推奨します。HPPP ver 1.02.026より“スケジュール シャットダウン/起動”の機能がサポートされます。
T1000 G3 AF457A    
T1500 G3 AF458A    
R1500 G2 AF421A
(旧製品)
     
R1500 G3 AF470A     HP SIM との連携、SNMP トラップ、遅延rebootの機能が必要な場合は、HPUNM を推奨します。HPPP ver 1.02.026より“スケジュール シャットダウン/起動”の機能がサポートされます。
R/T3000 (200V) AF453A
(旧製品)
     
R/T3000 (100V) AF452A
(旧製品)
     
R/T3000 G2 (200V) AF467A
(販売終了)
    HP SIM との連携、SNMP トラップ、遅延rebootの機能が必要な場合は、HPUNM を推奨します。HPPP ver 1.02.026より“スケジュール シャットダウン/起動”の機能がサポートされます。
R/T3000 G2 (100V) AF466A    
R5000 AF460A     * *本製品はHP UPS Network ModuleおよびHP Power Protector Client (接続サーバー用)を対応
R5500 AF426A
(旧製品)
     
R7000 AF462A     * *本製品はHP UPS Network ModuleおよびHP Power Protector Client (接続サーバー用)を対応

概要

HPのデジタルシグナル処理(DSP)システムは、3段階のパワーフィルタリングシステムとダブルコンバージョンラインアダプティブUPSを組み合わせた、トランスなしの設計です。これにより、オンラインUPSの無駄や非効率を回避し、ダブルコンバージョンテクノロジーの利点をすべて活用できます。3段階のプロセスでシグナルをフィルタリングすることで、AC/DC電圧コンバーターにクリーン電源を提供することができます。この装置を使用すると、電圧を簡単に調整(降圧や昇圧と呼ばれます)したり、DC/ACインバーターに電圧を提供したりして、負荷に対して完全な正弦波を出すことができます。最新の力率補正電源は、不良電気信号によってサーバーが損傷するのを防ぐように設計されています。したがって、真正正弦波出力は非常に重要です。また、HP R5000 UPSにはHPの拡張バッテリ管理機能が搭載されています。このため、バッテリの使用寿命を2倍に延ばし、UPSの維持管理費を削減することができます。

これらの機能により、標準保証の期間が長くなり、効率の向上と熱発生の抑制が実現され、ダブルコンバージョンオンラインUPSのバッテリ寿命が倍増しています。
  HP UPS R5000 正面
正面:
  1. ESCボタン
  2. スクロールアップボタン
  3. スクロールダウンボタン
  4. Enter/Selectボタン
  5. 電源ボタン
  HP UPS R5000 背面
背面:
  1. スモールプラグ用ERMコネクター、ERMスプリットケーブルに対応
  2. 負荷セグメント1用回路ブレーカー(C19ソケットとC13ソケットを制御、ただし大出力ソケットは制御しない)
  3. 負荷セグメント1(IEC-320-C19ソケット2個、IEC-320-C13ソケット2個)
  4. コード固定用クリップ取り付け位置
  5. 負荷セグメント2(IEC-320-C19ソケット2個、IEC-320-C13ソケット2個)
  6. REPOポート
  7. USB通信ポート
  8. シリアル通信ポート
  9. HP UPSネットワークモジュール(付属)
  10. 接地用ネジ
  11. 入力電源コード、NEMA L6-30プラグ(NA/JPN)またはIEC-309-32Aプラグ(INTL)付き
  12. 負荷セグメント2用回路ブレーカー
  13. 大出力NEMA L6-30Rソケット(NA/JPN)またはIEC-309-32Aソケット(INTL)、負荷セグメント1に対応
  14. ラージプラグ用ERMコネクター
 このページのトップへ戻る

モデル

注: 工場での取り付けを希望した場合、注文書では、製品番号の後に#0D1が表示されます。
HP UPS R5000 AF460A
 このページのトップへ戻る

製品のハイライト

キットの内容

  • HP UPS R5000
  • HP UPSネットワークモジュール
  • パワープロダクトドキュメンテーションCD
  • 奥行きの調整可能なラックマウント用レール、マウンティングブラケット、コード固定用クリップ
  • 通信ケーブル (USBケーブル(1.83m)とシリアルケーブル(3.66m))
  • 2本の10A IEC間ジャンパーコード

主な特長

  • 5000VA/4500Wという高い電力密度を、わずか3Uのラックスペースに圧縮
  • 拡張ランタイムモジュール(ERM)のサポートによる、システム稼動時間の延長
  • 改良されたフロントパネル表示による容易なコンフィギュレーション
  • UPSネットワークモジュールの標準付属とHP UPS 管理ソフトウェア(HP UPS Network Module, HP Power Protector Client)による企業規模のインテリジェントな管理機能
  • 革新的なデジタルシグナル処理テクノロジーを利用した、効率的な電圧調整
  • HPの拡張バッテリ管理機能による、バッテリの信頼性の長期的な保証
  • 個別に制御可能な2つの負荷セグメントによる、システムの柔軟性の向上
  • リモート エマージェンシー パワー オフ(REPO)回路をサポート
  • モジュール式設計による容易な保守
  • ホットスワップ対応バッテリ
  • 3年間の標準保証(導入後1年間は部品および作業保証)。HPの事前予防保証(一定の制限や例外事項があります)
  • オプションの拡張ランタイムモジュール(ERM)による、電源障害時のバッテリ稼動時間の延長
    • R5000

3Uのスペースに凝縮した電源設計

単体で5000VA/4500Wの定格。HP UPS R5000は、省スペースのラックマウント型設計でより多くの電力を蓄えるため、重要な機器をより多くラック内に搭載できます。

拡張ランタイムモジュールによるシステムの稼動時間の向上

拡張ランタイムモジュールは、ラックマウント型バッテリモジュールで、3U(5.25インチ)のラックスペースしか占有しません。HP UPS R5000は、拡張ランタイムモジュール(ERM)を最大4台サポートしているため、バッテリの総稼動時間を延ばすことができます。

革新技術による維持管理費の低減

HP UPS R5000は、業界最先端の技術を使用し、バッテリを使用せずに電力を調整するので、バッテリ寿命を延長します。出力電圧は、接続負荷と入力電圧に応じて自動的に調整されます。

HPの拡張バッテリ管理機能による投資保護

HP UPS R5000には、先進的なバッテリー管理機能が組み込まれています。バッテリー寿命を2倍に延長、充電時間の最適化、バッテリーの事前障害(劣化)通知(※)などを特長とする特許技術です。

※ごく稀にバッテリ劣化を事前に検知できない場合があります。詳細については“UPSバッテリに関して”のページをご覧ください。

柔軟性の向上

4個のC13コンセント、4個のC19コンセント、1個のL6-30コンセントが付属しているため、さまざまな接続オプションを選択できます。HP PDUエクステンションバー(AF500A)を追加している場合はC13コンセントが追加されるため、HP R5000をすべての環境に適した非常に柔軟なUPSにすることができます。

ネットワーク上のUPSをリモートで監視可能

ネットワーク管理者は、付属のUPSネットワークモジュールを使用することで、UPSをリモートで監視してネットワークデバイスを再起動できます。このカードには、電源イベントアラート、ネットワーク電源診断、リモートのUPSの再起動とテストなどのSNMP機能が備わっています。HP Systems Insight Managerやその他のSNMP対応ネットワーク管理ソフトウェアとともに使用して、ネットワーク上の電源関連の問題を短時間で発見して処置できます。

フロントパネル表示の向上による容易なコンフィギュレーション

LCDシステムおよび5個のコントロールボタン(UPSの電源コントロール用として3個、設定用としてフロントベゼルの下に1個)がフロントパネルに組み込まれています。

個別制御可能な負荷セグメント

2つの負荷セグメントにより、定期起動や定期シャットダウンを柔軟に設定することができ、さらに各負荷セグメントを個別に制御できます。HP UPSマネジメントモジュールとともに使用して、HP UPS R5000を設定することにより、より多くの重要なデバイスの稼動時間を延長することができます。

ホットスワップ対応バッテリおよび電子モジュールによる容易な保守性

UPS R5000はモジュール式の設計で、バッテリと電子モジュールの両方がホットスワップに対応しています。HP UPSは、フロントパネルから簡単に脱着できるように設計されています。また、接続したサーバーやサーバーオプションの電源を落とさずに、新しいバッテリと安全に交換できるのはもちろん、電子モジュールを安全に装着することもできます。

HPの品質

HPのハードウェアは、業界で最も厳しい検査にパスしています。広範囲にわたる評価、テスト、製品改良、および製品保証体制により、最高レベルのシステム保護、電気的性能、製品品質、および互換性を保証しています。

互換性

すべてのHPサーバー、ストレージ、ラック、ラックオプション、およびその他のラックマウント型HP機器と互換性があります。PDUオプションについては、HP PDUの製品Webサイトを参照してください。

標準保証と保守サービス保証

標準保証は、3年間のパーツ保証、1年間の作業保証ならびにオンサイトサポートです(3-1-1)。また、すべてのHP UPSユニットにはHP独自の事前予防保証が標準で用意されており、バッテリに実際に障害が発生する前にHPの3年間限定保証をバッテリに適用できます。この保証は、全世界で提供されています。バッテリ事前予防保証により、バッテリに障害が発生する可能性があることをHP Power Managerソフトウェアがユーザーに通知した時点で、バッテリを無償で交換できます。
また、HPのラックマウント型UPSは同じラック内のHP ProLiant Care Packの完全サービルレベルによって自動的に保証されるため、UPS用のCare Packの追加購入は不要です。(バッテリは、Care Packによる保証の対象外です。)
保証詳細は、HP UPSの保証、保守ウェブページまでご欄ください。
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/options/ups_info_warranty.html

注: HP Care Packサービスについて詳しくは、世界各地にあるHPのサービス窓口またはHP製品販売店にお問い合わせいただくか、またはHPのWebサイト http://www.hp.com/jp/carepack/ を参照してください。

部品および器具

対象のハードウェア製品が稼動するために必要な、HPがサポートする交換用部品および器具が提供されます。設計上の改良が可能な場合や改良が推奨される場合は、そのための部品および器具も含まれます。サプライ品や消耗品はこのサービスに含まれません。標準保証条件が適用されます。部品やコンポーネントが、製造元の操作マニュアルや製品の技術データシートに記載のサポートされる製品寿命や使用制限を超えている場合は、このサービスの一部としては提供、修理、交換されません。

対象

HP ProLiantサーバーとストレージシステムについては、サーバー用として認定され、本体購入と同時またはそれ以後に購入された、HPブランドのハードウェアオプション(エンクロージャーに搭載されるコンポーネント、最大22インチの外付けモニター、およびタワー型のUPS製品)がサービスの対象となります。これらのオプションには、サポートされる最長の耐用年数/使用期間以内であれば、サーバーと同じサービスレベルおよび保証期間が適用されます。UPSバッテリは保証の対象外であり、標準の保証条件が適用されます。
 このページのトップへ戻る

UPSオプション
拡張ランタイムモジュール(UPS R5000, R7000用)
注: 工場での取り付けを希望した場合、注文書では、製品番号の後に#0D1が表示されます。
AF464A

バッテリの平均稼動時間

負荷(割合) 内蔵バッテリ使用時 拡張ランタイムモジュール
1台使用時(分)
拡張ランタイムモジュール
4台使用時(分)
25% 44 143 436
50% 16 44 145
80% 7 25 83
100% 5.7 20 64
注:バックアップ時間は、代表的なアプリケーションでの推定。実際の性能は、負荷とバッテリの状態で異なります。
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項