Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  サーバ オプション

Smart アレイ 5300 コントローラ

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
Smartアレイ 5300コントローラ イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  概要説明
  仕様一覧
  オプション
  システム構成
  カタログ
 

モデル


Smartアレイ 5304/256 コントローラ 283551-291
Smartアレイ 5300 コントローラ(モデルSA-5304/128) 158939-291
Smartアレイ 5302/128 コントローラ 283552-291
Smartアレイ 5300 コントローラ(モデルSA-5302/64) 124992-291
Smartアレイ 5302/FC コントローラ 216688-291

特長


  • 最先端のRAIDレベル:アドバンスト データ ガーディング
  • 高性能アーキテクチャ
  • 革新的なモジュール式設計
    • アップグレード可能なキャッシュメモリで性能向上
    • SCSIチャネルを2から4にアップグレード可能
    • SANアクセス モジュール
  • 大容量
    • 2チャネル モデルは最大28ドライブをサポート
    • 4チャネル モデルは最大56ドライブをサポート
  • バッテリ バックアップ式キャッシュ メモリ
    • 64MB、128MB、256MB

概要


Smartアレイ5300シリーズの高性能Wide Ultra3 SCSIアレイ コントローラは、革新的なモジュール式設計と新しいアドバンスト データ ガーディング(RAID ADG)テクノロジによって、 ProLiant™ サーバのデータ保護の信頼性を高め、新しいレベルの柔軟性を実現します。Smartアレイ5300コントローラは、新しいメモリ アーキテクチャと新しいRAIDエンジンを含む複数の機能強化によって、標準の性能レベルを引き上げます。
信頼性を高めるために業界標準のProLiantサーバで設計/テストされたこのコントローラは、分散化されたワークグループ向けサーバまたは集中化された部門向けサーバに最適です。また、他のSmartアレイコントローラと同様、SA-5300には、前世代のSmartアレイ コントローラと完全に互換性があり、データの移行とアップグレードが簡単です。

主な機能


アドバンスト データ ガーディング(RAID ADG)は、その画期的な障害保護機能によって、RAIDボリュームを最大2TBまで保護し、RAIDボリューム内のディスク ドライブを合計56台まで保護。RAID ADGは、RAID 1やRAID 5より強力な障害保護機能を提供し、分散パリティ データ用に2台のディスク ドライブ容量が必要。RAID ADGは、任意の2台のディスク ドライブ障害を保護。このより高いレベルの保護は、大規模論理ボリュームおよび大容量のディスク ドライブの保護に最適で、障害が発生したドライブの再構築時間が短縮可能です。
注: RAID ADGは、モデルSA-5304の標準機能です。また、その他のSA-5300モデルではオプションとして使用できます。RAID ADGには、最低64MBのバッテリ バックアップ式キャッシュメモリが必要です。
  • アップグレードが簡単なモジュール式設計によって、必要に応じて、2チャネルから4チャネルに、また64MBから128MBまたは256MBへバッテリ バックアップ式キャッシュメモリをアップグレードして、性能の最適化と容量拡張が可能
  • 高性能 - 第5世代アーキテクチャが新しいハードウェアRAIDエンジンと新しい性能のメモリ アーキテクチャを提供し、従来のコントローラと比較して性能が向上
  • リカバリROMによって、ROMの障害または破壊を保護
  • Wide Ultra3 SCSIテクノロジによって、高性能とチャネル当たり最大160MB/秒のデータ帯域幅を実現
  • 最大4チャネルをサポートし、業界最大のPCIスロット当たりストレージ容量を実現
  • 混在およびマッチングLVD SCSI互換性によって、投資保護と必要に応じたドライブ配置が可能
  • バッテリ バックアップ式キャッシュメモリは、電源障害、サーバ障害、またはコントローラ障害の発生時に、キャッシュ内データを保護し、交換可能なリダンダント バッテリによって、この保護をさらに強化。最大キャッシュ構成は、256MBバッテリ バックアップ式キャッシュメモリです。
  • 64ビット、66MHz PCIインタフェースによって、最大533MB/秒の総転送速度に向上
  • 64ビット メモリ アドレッシングは、4GBを超えるメモリでサーバをサポート
  • オンライン管理機能: オンラインでの容量拡張、オンラインでのRAIDレベルの移行、オンラインでのストライプ サイズ移行、オンライン スペア(グローバル)、ユーザが選択可能な読み取り/書き込みキャッシュ、ユーザが選択可能な拡張と再構築優先順位
  • SANアクセスは、業界初の統合SCSIコントローラで、ファイバ チャネルSANアダプタは、Smartアレイ5302コントローラで直接接続ストレージ(SCSI)が動作する5〜10台のサーバ グループ向けに、集中化された統合バックアップ ソリューションおよび増設可能なSANベース プライマリ ストレージを提供

Smartアレイのアドバンテージ


HPのSmartアレイ ファミリ製品の革新的なデザインと統合化によって、お客様に比類のない価値を提供します。Smartアレイ製品を複数のアプリケーションで使用することによって、他のいかなるサーバ ストレージRAID製品よりもTCO(維持管理費)を大幅に削減することができます。 Smartアレイ ファミリは、以下の利点によって、投資に対する回収を最大限にすることができます。

Smartアレイ コントローラのすべてのモデル間でデータの互換性があるため、性能、容量、および可用性向上に対するニーズが発生した場合は、いつでも簡単にアップグレードできます。Smartアレイ コントローラのすべての機種は、他のSmartアレイ コントローラのデータ フォーマットを認識します。

一貫性のあるコンフィギュレーションと管理ツール。すべてのSmartアレイ製品は、標準の管理およびユーティリティ ソフトウェアを使用しています。これらのツールによって、HP製サーバ ストレージのインストールと保守に必要なトレーニングや技術の専門知識を減らし、TCO(維持管理費)を低減できます。

ユニバーサル ハードディスク ドライブの形状は、複数のHP製サーバ、ディスク エンクロージャ、ストレージ システムにわたって使用するためのものです。企業における多くのプラットフォーム間で互換性があるため、これらのドライブを自由に配備/再配備し、ストレージ容量を迅速に増やしたり、システム間でデータを移行したり、スペア ドライブを簡単に管理したりできます。

事前予防保証とは、 Insightマネージャを使用して、ドライブの障害が発生しつつある場合にこれを通知するだけでなく、実際に障害が発生する前にこのドライブを交換することができることを意味します。詳細については、HP カスタマー インフォメーション センターに問い合わせるか、またはHP製サーバのマニュアルを参照してください。

製品のハイライト


データの互換性


Smartアレイ コントローラのすべてのモデル間でデータの互換性があるため、Smartアレイ製品を即座にアップグレードして、性能、容量、および可用性を向上することができます。競合他社製品とは異なり、後続世代のSmartアレイ製品は、他のSmartアレイ コントローラのデータ フォーマットを認識し、HPのストレージ ソリューションに対する投資を保護します。

性能


HPの新しいハイ パフォーマンス アーキテクチャにより、性能に対する業界の新たな基準が設定されます。
  • Wide Ultra3 SCSI(チャネル当たり160MB/秒の転送速度)
  • 高性能64ビット アーキテクチャ、スーパースカラーRISCプロセッサ機能
  • 新しいRAID XORエンジン
  • 新しい性能のメモリ アーキテクチャで3方向データ フローを実現して性能を向上
  • 64ビット、66MHz PCIバス(533MB/秒の帯域幅)

容量


サーバ ストレージ容量をスケーラブルに拡張するというニーズの増加に伴い、SA-5300は最大4つのSCSIチャネルを装備し、1つのPCIスロットから2TBを超えるストレージを提供します。
  • モジュール式設計によって2チャネルと4チャネル モデルを提供し、さらに、2チャネルのSA-5300モデルで、2ポート拡張キットを使用して2つの外部SCSIチャネルを追加
  • 4チャネル モデルは、最大56台のハードディスク ドライブをサポート(8.2TB = 146.8GB×56ハードディスク ドライブ)
  • 2チャネル モデルは、最大28台のハードディスク ドライブをサポート(4.1TB = 146.8GB×28ハードディスク ドライブ)

可用性


最先端のストレージ機能を提供することによって、サーバの稼動時間が向上します。
  • オンラインでのRAIDレベル移行(任意のRAIDレベル間)
  • オンラインでの容量拡張
  • 論理ドライブの容量拡大(ACU(Array Configuration Utility)の論理ドライブの容量拡張機能については現在Windows NTでのみ使用可能です。)
  • グローバル オンライン スペア
  • 事前予防保証

障害の予防


以下の機能は障害が発生する前にその可能性を検出し、予防措置を取ることができます。
  • S.M.A.R.T.: HPが最初に開発したS.M.A.R.T.(Self Monitoring Analysis and Reporting Technology)によって、ハードディスク障害が発生する前にその可能性を検出し、障害が発生する前に、コンポーネントを交換することができます。
  • ドライブ パラメータ トラッキングは、ドライブ動作パラメータを監視して、障害を予測し、管理者に通知します。
  • ダイナミック セクタ修復は、ハードディスク ドライブが非アクティブの間に、バックグラウンド サーフェイス スキャンを継続的に実行し、不良セクタを自動的に再マッピングして、データの整合性を保証します。
  • Smartアレイ キャッシュ トラッキングは、コントローラ キャッシュの整合性を監視し、事前予防メンテナンスが可能です。
  • 外部ストレージ システム監視の環境トラッキング

フォールト トレランス


障害の発生したドライブの交換中も、データを使用可能にし、サーバを稼動させます。次のような複数のフォールト トレランス構成がサポートされています。
  • アドバンスト データ ガーディング(RAID ADG): 最高レベルのフォールト トレランス機能です。この方式は、パリティ データの2つのセットをドライブに割り当て、同時書き込みを可能にします。このレベルのフォールト トレランス機能を使用すると、同時に2台のドライブで障害が発生した場合もダウンタイムやデータの消失が発生しません。この機能は、モデルSA-5304/128で標準装備され、その他のモデルではオプションです。最低64MBのバッテリ バックアップ式キャッシュメモリが必要です。

  • 分散データ ガーディング(RAID 5): 複数のドライブにパリティ データを割り当て、同時書き込みが可能です。最大14台のハードディスク ドライブをおすすめします。

  • ドライブ ミラーリング(RAID 1、1+0): ドライブ アレイの半分をデータに割り当て、残りの半分をミラー化するデータに割り当てて、すべてのファイルを二重化します。ドライブ ミラーリングは高性能RAIDです。

障害復旧


ダウンタイムを最小化し、データを再構築して、ドライブの迅速な障害復旧を可能にします。
  • リカバリROM: 独自のリダンダント機能によって、ROM障害を保護します。新しいバージョンのファームウェアがROMにフラッシュされ、一方、コントローラは動作している最新バージョンのファームウェアを維持します。ファームウェアが破壊されると、コントローラはファームウェアの前のバージョンに戻り、動作を続けます。これによって、ファームウェアがコントローラにフラッシュする危険を減少できます。

  • オンライン スペア: ドライブの障害に備えて、最大4台のスペア ドライブを装備できます。障害が発生すると、オンライン スペアから復旧が開始され、自動的にデータが再構築されます。

  • ECC保護付きキャッシュ メモリ: 電源障害、サーバ ハードウェア障害、またはコントローラ障害が発生した場合、リムーバブル、バッテリ バックアップ式キャッシュ メモリが、最長4日間データを保護します(256MBモジュールでは最長3日間)。さらに、リダンダントおよび交換可能なバッテリを含む専用の設計で、キャッシュの保護を強化しています。
    • 256MB、128MB、および64MBのキャッシュ モジュールには、チップ リカバリ機能があり、キャッシュ メモリをシングル チップ障害およびシングル メモリ チップでの複数ビット エラーから保護します。

使いやすさ


次の一貫性とアップグレード機能によって、Smartアレイ ファミリは、業界で独自の存在となっています。

  • GUIベースのコンフィギュレーション、管理、および診断ソフトウェア ツール
  • 製品世代間での共通データ フォーマット
  • サーバと外付けストレージ エンクロージャ間のデータ移行

SANアクセス モジュール(オプション)


Smartアレイ5300コントローラ用のSANアクセス モジュールは、直接接続ストレージ(SCSI)からファイバ チャネル ストレージ エリア ネットワーク(SAN)への業界初の真の統合ブリッジを提供します。ファイバ チャネルSANは、堅牢なデータ処理によって、優れた信頼性と管理機能を実現します。SmartアレイSANアクセス テクノロジは、SCSIベース ストレージのユーザに、基本SANを実装して、エンタープライズ バックアップ ソリューション(BackPaq)でバックアップ処理を統合する機会を提供します。SANアクセス テクノロジは、SAN上のプライマリ ストレージ(RAID Array 4100)へのアクセスも提供します。

主な機能:

  • 1ギガビットの帯域幅により、ピーク時で100MB/秒のデータ転送を提供
  • PCIスロットの使用を軽減: 単一のPCIスロットで、直接接続ストレージとSANの両方にアクセス
  • ARCPaqまたはBackPaqのエンタープライズ バックアップ ソリューション(EBS)によって、集中化された直接接続ストレージのバックアップ
  • FC-ALスイッチ8ポートを使用して、増設可能なSANベース プライマリ ストレージ(RAID Array 4100)にアクセス
  • Microsoft Windows NT/2000およびNovell NetWareが動作するProLiantサーバで動作確認済み

サーバの互換性


最新の互換性を確認するには、HPのWebサイト
http://www.hp.com/products/smartarray にアクセスして、完全なSmartアレイ5300の互換性とサポート情報を入手してください。

オペレーティング システムの互換性


Microsoft Windows NT 4.0、2000**
Novell NetWare 4.2、5.x**
SCO UnixWare 7.1.x
Linux
**SANアクセス モジュールと互換性のあるオペレーティングシステム

ソフトウェア セット


すべてのSmartアレイ製品が、アレイ コンフィギュレーション ユーティリティXE(ACU-XE)、アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU)、Array Diagnostic Utility(ADU)、およびInsightマネージャを含む共通のコンフィギュレーション、管理、および診断ツールを共有します。このソフトウェア ツールの一貫性により、製品の世代交替時のトレーニング コストが軽減され、フィールドにおけるトラブルシューティングの試行錯誤がなくなります。これらのツールによって、HP製サーバ ストレージのインストールとメンテナンスに必要なトレーニングや技術の専門知識を減らし、維持管理費を低減できます。

Insightマネージャ


  • 強力なサーバおよびサーバ オプション/ストレージ管理ツール
  • 1200種類を超えるサーバ パラメータを監視

コンフィギュレーション/診断ユーティリティ


  • アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU)
    • すべてのSmartアレイ コントローラ用の強力なコンフィギュレーション ユーティリティ
    • ドライブ アレイ コンフィギュレーションをグラフィック表示
    • 使いやすいコンフィギュレーション用ウィザード
  • アレイ コンフィギュレーション ユーティリティXE(ACU-XE)
    • すべてのSmartアレイ コントローラ用の強力なWebベースのコンフィギュレーション ユーティリティ
    • ドライブ アレイ コンフィギュレーションをグラフィック表示
    • 安全なインターネット接続を経由して世界中のどこからでも複数のアレイの管理を実現
    • 使いやすいコンフィギュレーション用ウィザード
    • Windows NT 4.0、Windows 2000、およびNetWareでオンライン稼動
  • Array Diagnostic Utility(ADU)
    • すべてのSmartアレイ コントローラ用の強力な診断ユーティリティ
  • オプションROMのコンフィギュレーション機能
    • OSの初期インストールで迅速なコンフィギュレーションが可能
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項