HP Location Discovery Services

位置情報検出機能

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

 位置情報検出機能のデモビデオを視聴いただけます。

Location Discovery Service(LDS)の動作概要および、Insight Control電力管理機能との連携についてご紹介いたします。


HP位置情報検出機能は、サーバーの設置位置を自動的に把握し、高度な資産管理およびワークロード配置を可能にする物理ラックとIT機器を統合した初のソリューションです。

HP 11000G2およびHP インテリジェントシリーズのラックに位置情報を検出、ラック内の新規設置、位置移動したProLiant Gen8サーバーの詳細な位置情報を把握します。サーバーのiLOがこのキット内に含まれているラック識別子およびラックのU位置の情報を入手します。 サーバーがその位置を正確に把握すると、その情報はHP OneView、HP Insight Controlなどの他のシステムに転送され、新しいラック構成を自動的に更新できます。これにより、絶え間ない手動アップデートや、問題解決を遅らせ、 さらにはダウンタイムやビジネスの損失を引き起こしかねない人的エラーを排除する一方で、データセンターを管理するハードウェアおよびソフトウェアの設定 時間を節約します。



HPロケーションディスカバリキット-7Uおよび8Uモジュール

HPロケーションディスカバリサービス-ラック

新機能


  • 高さ14Uおよび22UのHP 11000 G2シリーズラック用の新しいロケーションディスカバリキット

位置情報検出機能


HP 47Uロケーションディスカバリキット BW947A
HP 42Uロケーションディスカバリキット BW946A
HP 36Uロケーションディスカバリキット BW945A
HP 22Uロケーションディスカバリキットト BW944A
HP 14Uロケーションディスカバリキット BW943A
HPロケーションディスカバリコンタクトカバーキット BW942A
注: コンタクトカバーは未使用のラックUスペースの位置におけるロケーションディスカバリストリップコンタクトを保護します。各コンタクトカバーキットには25枚のカバーが含まれています。

キットの内容


  • HP 47Uロケーションディスカバリキット
  • 7Uモジュール × 1
  • 8Uモジュール × 5
  • HP 42Uロケーションディスカバリキット
  • 7Uモジュール × 6
  • HP 36Uロケーションディスカバリキット
  • 7Uモジュール × 4
  • 8Uモジュール × 1
  • HP 22Uロケーションディスカバリキット
  • 7Uモジュール × 2
  • 8Uモジュール × 1
  • HP 14Uロケーションディスカバリキット
  • 7Uモジュール × 2
  • HP ロケーションディスカバリコンタクトカバーキット
  • 個別のコンタクトカバー × 25

特長


  • HPロケーションディスカバリキットはHP 11000 G2シリーズラックおよびHPインテリジェントシリーズラックのオプションであり、ラック内で位置情報検出機能が使用可能なシステムの自動検出を行います。
  • HP 11000 G2シリーズラックおよびHPインテリジェントラック製品群は、初となる高度な資産管理およびワークロード配置情報を提供するインテリジェンスな位置情報を検出する機能を搭載した製品です。ラック内で位置情報検出機能を対応する機器、システムの自動検出を行うことにより、データセンターの運営コストを削減し、非効率的な手動によるドキュメンテーションプロセスに多い人的エラーを排除します。
  • データセンターの管理者は、位置情報検出機能が使用可能なシステムを、ラック内の特定のU位置に自動的かつ明確に配置できるようになります。
  • 位置情報検出機能はHP ProLiant Generation 8 DL、MLシリーズのサーバーまたはHP BladeSystem c7000で使用可能になります。 (互換性については、該当するサーバーのQuickspecを参照してください)。
  • HP iLO AdvancedまたはInsight Controlのライセンスが必要。
  • HP Integrated Lights-Out 4 (iLO 4) と位置情報を共有することにより、iLO 4の管理画面からも設置したラックの情報(ラック識別情報や設置したU位置の情報)を表示することが可能となります。
    本機能には、HP iLO4との統合するにはiLO4バージョン1.20以上、および最新のシステムBIOSが必要です。
  • HP OneViewと完全統合
  • HP Systems Insight Manager (SIM) と位置情報を共有することにより、HP SIM上で、より詳細な電力管理と、自動的な位置情報管理が可能になります。ラック内のサーバー搭載位置を自動的にHP SIM上のラック図に反映し、ラック全体の電力消費量を自動的に計測します。本機能には、HP SIMバージョン7.1以上が必要です。
  • Insight Control power management (ICpm) と位置情報を共有することが可能です。ICpmバージョン7.1.1以上が必要です。
  • HP電力情報検知機能(HP Power Discovery Service)との統合も可能となります。位置情報をHPインテリジェントPDU(iPDU)と共有することにより、、iPDUの管理画面(ラックビュー)に、ラック内のサーバー位置情報に加えて、PDUエクステンションバーとの電源結線を自動的表示することが可能となります。本機能には、ファームウェアバージョン1.5以上のHP インテリジェントPDU (iPDU) が必要です。
  • 3年間の限定保証 (部品のみ) が提供されます (3/0/0)。



業界標準サポート ロケーションディスカバリがインストールされた、またはされていないHPインテリジェントシリーズラックは、EIA-310-D規格に準拠し、19インチ幅ラックに搭載可能なサードパーティ機器をサポートします。
EIA なし
UL/CES認定 FCC、VCCI、ICES、CE、C-Tick、KCC
WEEE なし
RoHS準拠 適合
革新的な技術開発
  • ロケーションディスカバリサービスは、ラック内でロケーションディスカバリが使用可能なシステムの自動検出を行い、データセンターの運営コストを削減し、人的エラーを排除します。
  • ツールレスのインストールにより時間を節約します。

サービスおよびサポート


OneViewのサポート 位置情報検出機能はHP OneViewと完全に統合されています。詳しくは、次のHPのWebサイトを参照してください。