HP FlexFabric 20Gb
2ポート650FLB
アダプター

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

HP FlexFabric 20Gb 2ポート650FLBアダプターは、HP ProLiant Gen9サーバーブレードに対応したアダプターで、フル装備、ハイパフォーマンスの20GbコンバージドEthernetを搭載することにより、企業、クラウド、通信事業者のI/O処理が多いさまざまな作業環境でITサービスを高速化し、データセンターの効率を高めます。

HP FlexFabric 650FLBアダプターをHPバーチャルコネクトFlexFabric 20/40 F8モジュールに接続した場合、20GbEのパフォーマンスが得られます。オーバーレイネットワークトンネリングやストレージなどの豊富なオフロードテクノロジーを提供することで、仮想化の性能とホストの効率が向上しています。HPバーチャルコネクトFlex-10/10DモジュールまたはHP 6125XLG Ethernetスイッチに接続した場合は、10GbEでの動作も可能なデュアルスピードアダプターです。

さらに、HP 650FLBはRDMA over Converged Ethernet (RoCE) をサポートし、ホスト効率の向上と低レイテンシを実現します。RoCEは、HP 6125XLGなどの10GbEスイッチでサポートされています。

1台のBladeSystem ProLiantサーバーにFlexibleLOMアダプターとメザニンアダプターの両方を搭載することによって、双方向で最大80Gb/秒のコンバージドEthernet帯域幅が実現し、ネットワークのボトルネックを解消できます。


HP FlexFabric 20Gb 2ポート650FLBアダプター

モデル


HP FlexFabric 20Gb 2ポート650FLBアダプター 700763-B21

注:本製品は各サーバーブレードでベイ1と2 (HP BladeSystem c7000エンクロージャー) またはベイ1 (HP BladeSystem c3000エンクロージャー) の20Gbインターコネクトに接続します。
注:本製品には、2GB以上のサーバーメモリが必要です。
注:本製品は、Flex-20デバイスと接続されていない場合、10Gb/秒でのリンクをサポートします。

キットの内容

  • HP FlexFabric 20Gb 2ポート650FLBアダプター

HP ProLiantサーバーのサポート

  • HP ProLiant BL460c Gen9

サポートされるインターコネクトモジュール

  • HPバーチャルコネクトFlexFabric 20/40 F8モジュール
  • HPバーチャルコネクトFlexFabric 20/40 F8モジュールEnterprise Edition for BLc7000オプション
  • HPバーチャルコネクトFlexFabric 20/40 F8モジュール (TAA付)
  • HP BladeSystem c-ClassバーチャルコネクトFlex-10/10Dモジュール
  • HPバーチャルコネクトFlex-10/10DモジュールEnterprise Edition for BLc7000オプション
  • HP 6125XLGブレードスイッチ
  • HP 6125XLGブレードスイッチ (TAA付)

注:サポートされるモジュールとアダプターの機能は以下のとおりです。

機能 VC FF20/40 F8 (VC 4.20) VC Flex-10/10D HP 6125XLG
20G - -
10G
トンネルオフロード
FCoE
RoCE - -

テープドライブのサポート (ニアラインテープ製品)

  • D2D
  • VLS
  • ESLライブラリ
  • EMLライブラリ
  • ESL G3ライブラリ
  • MSL G3ライブラリ (2024、4048、8096)

製品の特長

  • 20Gbデュアルポートによりアダプターあたり双方向で最大80Gbの帯域幅を実現
  • 20GbEまたは10GbEで動作するマルチスピードアダプター
  • FCoEまたはRoCEとLANトラフィックを1本のEthernetワイヤーに集約
  • VXLANおよびNVGREに応じたトンネルオフロードのサポート
  • RDMA over Converged Ethernet (RoCE) によりサーバーの効率の向上と低レイテンシを実現 (6125XLGのみ)
  • 高度なストレージオフロード処理により貴重なCPUサイクルを解放
  • UEFIおよびレガシーブートオプションのサポート
  • 混在ストレージ - NIC + FCoEをサポートするポートとNIC + iSCSIをサポートするポートの混在
  • コンカレントストレージ - NIC、FCoE、iSCSIのストレージ機能を同じポートで同時にサポート (NIC + FCoE + iSCSI)
  • 高スループットと低レイテンシを実現する業界最高レベルの性能
  • HPのFlex-20ブレードインターコネクトをサポート
  • 毎秒800万以上のスモールパケット転送、Web/モバイルアプリケーション、モバイルメッセージング、およびソーシャルメディアに最適
  • 20Gb Flex-20バーチャルコネクトモジュールと組み合わせた場合、ユーザーによる帯域幅の設定が可能。最大4個の「物理機能」NICに対して、100Mb〜10Gb/秒の範囲で設定可能 (100/Mb秒単位でNICに設定)。NICの合計帯域幅はポートの帯域幅 (20Gb) 以内。
  • PCIe 3.0で帯域幅を拡大
  • ジャンボフレームのサポート
  • Wake On LAN (WOL) のサポート
  • Preboot eXecution Environment (PXE) のサポート
  • Microsoft Windows SMBダイレクトのサポート
  • SR-IOVサポートによりホストの仮想化密度を最適化

デュアルポート20 Gigabit Ethernetスループット (理論帯域幅)

本製品は、ポートあたり40Gb/秒の全二重Ethernet転送速度 (全二重で合計80Gb/秒) により、応答時間の短縮とボトルネックの解消に必要なネットワーク性能が実現します。20Gb Ethernet帯域幅は、ハイパフォーマンスコンピューティングやデータベースクラスターに最適です。

HP BladeSystem c-Class 20GbバーチャルコネクトFlexFabric Ethernetモジュール

必要に応じて20Gbを発展させることが可能です。HPバーチャルコネクトFlexFabric 20Gb Ethernetモジュールと組み合わせると、OS/ハイパーバイザーに依存しないPCI物理デバイスとして機能する4つのFlexNICの利点を活かすことができます。また新しいストレージI/O機能により、完全なコンバージドネットワークアダプター (CNA) としても利用できます。
サーバーROMはこれらを個別のNICとして認識します。
さらに速度は、NICごとに100Mb/秒単位で、100Mb/秒〜20Gb/秒の間で設定できます。 したがって1つの20Gb Ethernetポートを、最大4つのEthernetポートに分割可能です。
アダプターあたり8つのFlexNIC。
仮想化サーバー環境、特に、ある物理サーバーから他の物理サーバーに仮想マシンを移行する場合など、帯域幅を利用する場合に最適です。

ジャンボフレーム

本製品はジャンボフレームをサポートし、Ethernet I/Oトラフィックの処理時に最大9,200バイト (9.2KB) の転送単位 (MTU) を実現します。これは1,500バイトの標準Ethernetフレームの5倍を超える大きさです。ジャンボフレームにより、ネットワークのスループット性能が向上し、CPU使用率が減少します。こうした特長は、特にストレージ、データベース転送、テープバックアップの処理に役立ちます。

MSI-X

Message Signaled Interrupt (Extended) は、CPU/コア間で割り込みの負荷を分散することによりマルチコアサーバーのパフォーマンスの向上を図ります。

802.1p QoSタギング

IEEE QoS (Quality of Service) 802.1pタギングにより、アダプターは、QoS対応のネットワーク全体にまたがってフレームに優先レベルのマーク (タグ) を付けることができるため、トラフィックフローが改善されます。

802.1Q VLAN

IEEE 802.1Q仮想ローカルエリアネットワーク (VLAN) プロトコルでは、本製品の個々の物理ポートを複数の仮想NICに分割し、ネットワークセグメントの追加や、セキュリティおよびパフォーマンスの強化を実現することができます。VLANでは、ユーザー間のトラフィックを隔離することにより、セキュリティが強化されます。ブロードキャストトラフィックを同一のVLANドメイン内に制限することにより、パフォーマンスを向上させることもできます。

TCP/IPステートレスオフロード

システム全体の応答性能を向上させるために、標準的なTCP/IPステートレスオフロード技術がサポートされています。 TCP/IPチェックサムオフロード (TCO) は、TCPとIPのチェックサム計算をCPUからネットワークアダプターに移すことにより、CPUの負荷を軽減します。 LSO (Large Send Offload、TCPセグメンテーションオフロード (TSO) とも呼ばれます) により、TCPセグメンテーションをCPUではなくアダプターが処理できるようになります。

RDMA (RoCE)

RoCEは、オペレーティングシステム (OS) カーネルを介さずに、送信元サーバーのユーザーメモリから送信先サーバーのユーザーメモリにデータを直接転送できるようにする高速I/Oデリバリ機構です。アダプターのネットワークプロセッサーに搭載されたDMAエンジンでRDMAデータ転送が処理されるため、データの移動にCPUは不要です。その結果、仮想ワークロードのホスティングを追加するなど (VM密度の向上)、CPUを他のタスクに利用できます。また、ホストのTCP/IPスタックをバイパスし、アダプターのネットワークプロセッサーに実装されている上位レイヤーのInfiniBandプロトコルを優先して使用します。TCP/IPスタックをバイパスし、データコピーのステップを取り除くことで、全体的なレイテンシが減少し、SMBダイレクトを使用するMicrosoft Hyper-Vライブマイグレーション、Microsoft SQL、Microsoft SharePointなどのアプリケーションが高速化されます。

トンネルオフロード

VXLANおよびNVGREトンネルオフロードのサポートにより、オーバーレイネットワークのホストパフォーマンスへの影響を最小限に抑えます。オーバーレイネットワークを使用する場合、パケット処理をアダプターにオフロードすることによって、パフォーマンスにほとんど影響を与えずにVMマイグレーションの柔軟性を高め、ネットワーク規模を拡大できます。HPのトンネルオフロードは、I/Oスループットの向上、CPU使用率の減少、消費電力の削減に効果的です。トンネルオフロードでは、VMwareのVXLANソリューションとMicrosoftのNVGREソリューションをサポートします。

Single-Root I/O Virtualization

Single-Root I/O Virtualization (SR-IOV) は、仮想化環境でホストシステムのハイパーバイザーをバイパスする機能で、ベアメタルに迫る性能とサーバーの効率化を可能にします。SR-IOVでは複数の仮想ファンクション (VF) を作成して、1つのPCIeリソースを共有します。このSR-IOV対応デバイスには、サーバーBIOSのサポート、コントローラーファームウェア、およびOSのサポートが必要です。

HP Sea of Sensors 3D

32個のセンサーを集めたHPのSea of Sensorsのサポートにより、サーバー全体のサーマルアクティビティ (発熱) を自動トラッキングします。高温になると、センサーがファンのスイッチを入れ、省エネのためにさまざまな調整を行います。さらに、新システムへのアップグレードで、一度に6個すべてのファンスイッチが投入されていたものから、温度が上昇し始めた領域の近辺にあるファンのみをスイッチオンするように変更されており、冷却用のエネルギー量が省力化されています。

仮想化に対応した 最適化

VMware NetQueueおよびMicrosoft VMQの各テクノロジーのI/O仮想化をサポートすることで、統合された仮想ワークロードに求められるパフォーマンスを達成できます。

iSCSI/FCoEブート

本製品は、SANからのiSCSI INT 13ブートおよびFCoE ブートをサポートします。

配備と管理の容易性


PXEブートサポート

Preboot eXecution Environment (PXE) のサポートにより、ネットワーク経由でサーバーをブートし、ネットワークに常駐するソフトウェアをダウンロードできます。

FlexibleLOMスロットの互換性

c-Class Gen9ブレードサーバーのHP FlexibleLOMスロットに対応しています。

ネットワークアダプターチーミング

本製品はNICチーミングをサポートし、ネットワークフォールトトレランスとワークロードの均一化を高めることで、IT管理者を支援します。これらの機能は、最適な可用性と優れたパフォーマンスを実現し、コスト削減に役立ちます。

マネジメントサポート

本製品はHP Systems Insight Manager (SIM) から管理できます。個別の管理またはチームによる管理が可能で、レポート用にSNMPベースの統計情報が表示されます。また、SNMPサポートを使用すると、本製品を他のアプリケーションから管理することもできます。

保証

HP BladeSystem c-Classおよびp-Classサーバーに対応したHPブランドのハードウェアオプションには、グローバル限定保証が付属しており、HPサービスおよび世界中のHP認定チャネルパートナーを通じて広範なサービスを提供しています。HPブランドのハードウェアオプションの診断サポートおよび修理は、購入日より1年間または接続先サーバーの対応期間のうちどちらか長い期間にわたって利用できます。ソフトウェアのサポートと初期セットアップは、購入日から90日間利用できます。さらに、保証の範囲内または追加料金で、追加サポートを受けることができます。拡張された保証サービスは、HP Care Packサービスまたはお客様との個別サービス契約を通じて購入できます。

全世界で提供されている限定保証およびテクニカルサポートについて詳しくは、次のHPのWebサイトを参照してください。 http://h18004.www1.hp.com/products/servers/platforms/warranty/index.html (英語)