HP Ethernet 10Gb 2ポート 530SFP+ ネットワークアダプター

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

HP Ethernet 10Gb 2ポート 530SFP+ネットワークアダプターは、シングルチップソリューションで提供され、さらなる省電力化を実現した次世代の10Gb イーサネットアダプターです。Broadcom NetXtremeUアーキテクチャー及びソフトウェアを採用し、フルラインレートのパフォーマンスを全てのポートで提供します。

本製品は、ハイパフォーマンスコンピューティングやサーバー仮想化、セキュリティ、サーバーコンソリデーション等の様々な用途に高いパフォーマンスを発揮するようにデザインされています。また、40Gb/sのスループットを提供することで、最大のネットワーク帯域をお客様に提供します。

本製品は、エンタープライズクラスの機能をサポートします。たとえば、VLANタギング、アダプティブインタラプトコアレッセンス、MSI-X、NICチーミング (ボンディング)、Receive Side Scaling (RSS)、ジャンボフレーム、PXEブート、仮想化機能 (VMware NetQueue、Microsoft VMQなど) があります。


HP Ethernet 10Gb 2ポート 530SFP+ ネットワークアダプター

HP Ethernet 10Gb 2ポート 530SFP+ ネットワークアダプター

モデル


HP Ethernet 10Gb 2ポート 530SFP+ ネットワークアダプター 652503-B21

キットの内容

  • HP Ethernet 10Gb 2ポート 530SFP+ネットワークアダプター
  • クイックインストールガイド
  • 製品保証書
  • ドライバー、ユーザーガイド、およびユーティリティはHPのWebサイトhttp://www.hp.com (英語) より入手してください。

互換性

各サーバーのシステム構成図を参照
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/sh_system.html

性能


製品の特長

  • 高スループットと低レイテンシを実現する業界最高レベルの性能
  • 最大40Gb/秒の双方向ニアラインレートスループット
  • ハードウェア/ソフトウェアアクセラレーション、ステートレスTCP/IPオフロード、TCPオフロードエンジン (TOE)
  • 優れたスモールパケットパフォーマンス
  • SR-IOVへの対応 (サーバーファームウェア、ソフトウェア、OSのサポートが必要)
  • Active Health Systemへの対応
  • チップ上に温度センサーを搭載
  • インタラプト/DMAコアレッセンス
  • Preboot eXecution Environment (PXE) のサポート
  • PHYとMACを内蔵
  • IEEE 1588対応

デュアルポート10 Gigabit Ethernetスループット (理論帯域幅)

本製品は、ポート当たり20Gb/秒の全二重Ethernet転送速度 (デュアルポートで合計40Gb/秒) により、応答時間の短縮とボトルネックの解消に必要なネットワーク性能が実現します。10Gb Ethernet帯域幅は、ハイパフォーマンスコンピューティングやデータベースクラスターに最適です。

ジャンボ フレーム

本製品はジャンボフレームをサポートし、Ethernet I/Oトラフィックの処理時に最大9Kバイト (KB) 転送単位 (MTU) を実現します。これは1500バイトの標準Ethernetフレームの5倍を超える大きさです。ジャンボフレームにより、ネットワークの高スループット性能とCPU利用効率が向上します。こうした特長は、特にデータベース転送やテープバックアップの処理に役立ちます。

TCP/IPステートレスオフロード

TCP、IP、UDPチェックサムオフロード、大量送信オフロード (LSO)、TCPセグメンテーションオフロード (TSO)。この機能により、ホストの効率が最適化され、サーバーのCPUを他のタスクに使用できるようになります。

MSIおよびMSI-X

Message Signaled Interrupt (Extended) は、CPU/コア間で割り込みの負荷を分散することによりマルチコアサーバーのパフォーマンスの向上を図ります。

802.1Q VLAN

IEEE 802.1Q仮想ローカルエリアネットワーク (VLAN) プロトコルでは、本製品の個々の物理ポートを複数の仮想NICに分割し、ネットワークセグメントの追加や、セキュリティおよびパフォーマンスの強化を実現することができます。VLANでは、ユーザー間のトラフィックを隔離することにより、セキュリティが強化されます。ブロードキャストトラフィックを同一のVLANドメイン内に制限することにより、パフォーマンスを向上させることもできます。

TOE

TCP/IPオフロードエンジン (TOE) により、TCPプロトコルスタックのデータをサーバーのCPUではなくアダプターのプロセッサーが処理できます。このため、ネットワークデータの処理に使われていたサーバーのCPUサイクルを他の処理に回すことができるようになります。

仮想化に対応した最適化

VMware NetQueue、Microsoft VMQ、およびIntel VMDqの各テクノロジーのI/O仮想化をサポートすることで、統合された仮想ワークロードに求められるパフォーマンスを達成できます。

Single-Root I/O Virtualization (SR-IOV) に準拠し、複数の仮想マシン (VM) で1つのPCIeリソースを共有します。このSR-IOV対応デバイスには、ファームウェア、ソフトウェア、およびOSのサポートが必要です。

チェックサム & セグメンテーションオフロード

TCPチェックサムは通常プロトコルスタックによって処理されますが、チェックサムオフロードパラメーターを選択することで、アダプター側へオフロードすることが可能です。
セグメンテーションオフロードは、CPUオーバーヘッドを減少させ、アウトバウンドのスループットを増加させるためのテクニックです。HP 530SFP+ ネットワークアダプターは、Broadcomが提供するオフロード機能を提供しています。

Ipv6

本製品はIpv6に対応しています。

Receive Side Scaling (RSS)

RSSは、受信側のネットワーク負荷をネットワークアダプターから複数のプロセッサーへオフロードすることで、ボトルネックを解消します。

Time synchronization implementations (PTP)

ネットワーク全体でシステムクロックを同期し、クロックの正確さをマイクロ秒単位へ向上させます。

ネットワークアダプターチーミング

本製品はNICチーミングをサポートし、ネットワークフォールトトレランスとワークロードの均一化を高めることで、IT管理者を支援します。これらの機能は、最適な可用性と優れたパフォーマンスを実現し、コスト削減に役立ちます。

配備と管理の容易性


PXEブートサポート

Preboot eXecution Environment (PXE) のサポートにより、ネットワーク経由でサーバーをブートし、ネットワークに常駐するソフトウェアをダウンロードできます。

マネジメントサポート

本製品はHP Systems Insight Manager (SIM) から管理できます。個別の管理またはチームによる管理が可能で、レポート用にSNMPベースの統計情報が表示されます。また、SNMPサポートを使用すると、本製品を他のアプリケーションから管理することもできます。

HP Sea of Sensors 3D

32個のセンサーを集めたHPのSea of Sensorsのサポートにより、サーバー全体のサーマルアクティビティ (発熱) を自動トラッキングします。高温になると、センサーがファンのスイッチを入れ、省エネのためにさまざまな調整を行います。さらに、新システムへのアップグレードで、一度に6個すべてのファンスイッチが投入されていたものから、温度が上昇し始めた領域の近辺にあるファンのみをスイッチオンするように変更されており、冷却用のエネルギー量が省力化されています。

標準保証と保守サービス


保証、サポートおよびサービスの詳細については「HP ProLiant サポート & サービス」をご覧ください。