HP KVMコンソールキット

HP LCD8500 1Uラックマウント型コンソールキット

HP LCD8500 1Uラックマウント型コンソールキット

HP LCD8500 1Uラックマウント型コンソールキットは、フルサイズの18.5インチLCDモニターとタッチパッド付きキーボードを組み合わせ、1Uフォームファクターに収納した超高密度、高性能KVMコンソールです。1Uラックマウント型フォームファクターは、背面にKVMコンソールスイッチを直接マウント可能な設計になっています。また、WXGA TFT LCD BrightViewディスプレイでは、リフレッシュレート60〜75Hzで800x600から1600x1200までの一般的なビデオ解像度をほとんどサポートしています。

LCD8500 1Uラックマウント型コンソールキットの特徴は新色のシルバーのエンクロージャーで、ラック内で見分けやすい外観になっています。ラックマウント型キーボードには、3ボタンタッチパッドに加え、4個のスクロールキーとWindowsショートカットキーがあります。また、コンソールを閉じるとディスプレイのバックライトが消灯し、再び開けるとパワーが復帰する、蓋スイッチによる新しいディスプレイ管理機能も装備され、ディスプレイパネルの寿命の延長につながっています。



HP LCD 8500 コンソールモデル
HP LCD 8500 コンソール AF642A
HP LCD 8500 コンソール(英語版) AF644A


HP LCD8500 1Uラックマウント型コンソールキットの標準機能
高密度
KVMソリューション
LCD8500 1Uラックマウント型コンソールキットは、フルサイズの18.5インチWXGA+モニターとタッチパッド付きキーボードを組み合わせ、背面にはHPのコンソールスイッチをマウントするスペースを備えた1Uフォームファクターのコンパクトなモデルです。工具不要のレールにより取り付けが簡単です。
性能
高解像度 1600x1200 WXGA TFT LCD BrightViewディスプレイを採用し、一般的に使用されている解像度のほぼすべてに対応します。(*1)
内蔵インターフェイス
回路
60〜75Hzのリフレッシュレートで800x600から1600x1200までの一般的なビデオ解像度に対応します。
カラーアクティブ
マトリックスTFTパネル
CRTモニターよりも焦点が鮮明で、ちらつきがありません。
USB接続 各種の接続方法から選択できます。
フロントUSBポート 2個の正面側パススルーポートを備え、仮想メディアをサポートするKVMコンソールスイッチと組み合わせて使用します。
人間工学に基づく設計
ワイドフォーマット 見やすくて眼精疲労を軽減するディスプレイです。
シルバーカラー (新色) シルバー (新色) の本体カラーと正面のLEDによって、高密度ラック構成においても簡単に見分けがつきやすい外観になっています。
2ボタン式オンスクリーンディスプレイ (OSD) ディスプレイ部の正面下側の使いやすい位置にあり、簡単に画面を調整できます。
調整 輝度、コントラスト、画像調整、OSD設定、工場出荷時の設定など、さまざまな調整が可能です。
蓋スイッチ ディスプレイ部が閉じられるとパネルのバックライトが自動的に消灯します。
ディスプレイ部を開けるとパワーが復帰します。この設計によりディスプレイパネルの寿命が延長されます。
多言語オンスクリーンディスプレイ (OSD) 7つの言語 (英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、簡体字中国語、スペイン語) をサポートします。
スクロール機能つき3ボタンタッチパッド 中央のスペースバーの下部に設置され、入力操作が楽にできます。
4個のスクロールキー
(逆T字型)
キーボードとテンキーの間に設置され、使いやすくなっています。

*1: 本製品の表示最大解像度は1366×768、入力対応最大解像度は1,600×1,200 (1366×768に縮小)です。



HP LCD8500 1Uラックマウント型コンソールキットオプション
Display Port ケーブル LCD8500 DisplayPortケーブル(1.83m) G7T29A
ロケーションディスカバリサービスキット LCD8500 ロケーション ディスカバリ
キット
TL052A


保証

3年間の限定保証 (部品のみ) が提供されます
:本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。本書の内容は、そのままの状態で提供されるもので、いかなる保証も含みません。
:P製品およびサービスに対する保証については、当該製品およびサービスの保証規定書に記載されています。
:本書のいかなる内容も、新たな保証を追加するものではありません。本書の内容につきましては万全を期しておりますが、本書中の技術的あるいは校正上の誤り、省略に対して、責任を負いかねますのでご了承ください