インテル® Omni-Path
ディレクタースイッチ

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

インテル® Omni-Pathディレクタースイッチは、インテル® Omni-Pathアーキテクチャーをベースとしています。 インテル® Omni-Pathディレクタースイッチは、拡張性が高く、数千ものサーバーを有するハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)クラスターにも効率的に対応できます。 ディレクタースイッチをインテル® Omni-Path 1U Edgeスイッチと組み合わせれば、大規模ファブリックも使用できます。

インテル® Omni-Pathスイッチは、インテル® Omni-Pathテクノロジーを使用するHPE ApolloおよびDLサーバーをベースに構成された、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) を配備しようとお考えのお客様に最適です。


製品

  • インテル® Omni-Pathアーキテクチャー192ポートQSFP28ディレクタースイッチシャーシ
  • インテル® Omni-Pathアーキテクチャー768ポートQSFP28ディレクタースイッチシャーシ
  • インテル® Omni-Pathアーキテクチャーディレクタースイッチファブリックボード
  • インテル® Omni-Pathアーキテクチャー32ポートQSFP28ディレクタースイッチラインボード
  • インテル® Omni-Pathアーキテクチャーディレクタースイッチ管理モジュール
  • インテル® Omni-Pathアーキテクチャーディレクタースイッチ電源モジュール

特長

  • モジュラーディレクタークラスのスイッチ
  • 32ポートのインクリメントに最大768ポート、各ポートで100Gb/秒のパフォーマンスを実現
  • 最大で19.2TB/秒の集約帯域幅まで拡張可能
  • メッセージレートおよびレイテンシ向けに最適化
  • 物理ポートに複数の仮想レーン (VL)
  • 仮想ファブリックパーティショニングをサポート
  • フル冗長性をサポートしたシステム設計
  • インストール、構成、継続的な監視が可能な統合シャーシ管理