Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  サーバ オプション

HPラック アンド パワー マネージャ v1.0

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む

ProLiant Server Option

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase 機能/対応一覧
  仕様一覧   システム構成
  ダウンロード   カタログ

モデル


HP ラック アンド パワー マネージャ v1.0

製品説明


HP ラック アンド パワー マネージャ v1.0は、エンタープライズグレードのソフトウェアで、HP UPS(無停電電源装置)、HPラック環境モニタ(コンソール マネジメント コントローラ(CMC))を統合的に管理することによって、コンピュータ システムの信頼性を最大限に確保します。このソフトウェアは、複数の管理者がローカルおよびリモートから多くのデバイスにアクセスする必要のあるデータ センター環境に包括的なデバイス管理ソリューションを提供します。使い慣れたブラウザ インタフェース、安全なリモート アクセス(128ビットSSL暗号化)を提供します。
HP ラック アンド パワー マネージャ v1.0を使用して、ユーザは、システムのシャットダウン スケジュールを設定したり、電源障害時の設定を制御したり、UPSのロード セグメントを定義して重要なサーバの稼動時間を最大限に確保することができます。このソフトウェアには、リダンダントなUPSを設定する機能やシステム イベント処理などの複数の新しい機能があります。システム イベント処理機能を使用すると、自動応答による電源障害時および環境障害時のポリシーを設定することができます。

HP ラック アンド パワー マネージャ v1.0は、HP Insightマネージャ7またはその他のSNMP管理プログラムにアラート トラップを送信させたり、スタンドアロンの電源管理システムとして動作させることもできます。この柔軟性によって、ネットワーク、およびシリアルに接続されたデバイス(CMCおよびUPS)のラック環境と電源環境を、監視、管理、および制御することができます。
設定を容易にするために、HP ラック アンド パワー マネージャ v1.0でを、デバイスの自動検出を実行したり、すでに管理対象になっているデバイスのイベント設定を新しく管理対象にするデバイスのイベント設定にコピーするように設定することができます。また、日常のメンテナンス作業を容易にするために、ソフトウェアは、詳細なシステム ログとUPSバッテリ チェック機能を含むシステム診断が提供されます。

  • 複数のパワー サプライを持つ高可用性サーバで現在の高度な電源管理機能をサポートするために、リダンダントUPS構成を可能にします。
  • インテリジェント ラック マネージャLiteおよびHP Power Manager(CPM)の機能を完全に統合し、エンタープライズクラスのデバイス管理パッケージを提供します。システム管理者は、ローカルでもリモートでも、内蔵のコンソールからシステムUPSおよびコンソール マネジメント コントローラを制御することができます。
  • 電源障害ポリシーを確立する機能を提供し、1日24時間×週7日間、電源障害やセキュリティ リスクに対してIT管理者が不在でも自動的に応答することができます。
  • デバイスの動作は、管理対象のあらゆるデバイスで実行させることができます。たとえば、HP ラック アンド パワー マネージャ v1.0 の設定により、CMCがラック内部で非常に高い温度を検出した場合に、同一ラック内のUPSにロード セグメントのシャットダウンを指示させることができます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項