Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  サーバ オプション

HPラック アンド パワー マネージャ1.1

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HPラック アンド パワー マネージャ1.1 イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase 機能/対応一覧
  仕様一覧   システム構成
  ダウンロード   カタログ
 

はじめに


HPラック アンド パワー マネージャ1.1は、ネットワーク接続またはシリアル接続された複数のUPSを対象に設計されたエンタープライズ クラスのマネジメント ソフトウェアです。また、このソフトウェアは、複数の電源を用いる冗長化構成のUPSを管理する機能を、業界で最初に実現しています。
注: 個々のユーティリティおよび従来のユーティリティは、SoftpaqとしてWebサイトからダウンロードできます。詳細情報および最新バージョンについては、HPのWebサイト http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/options/ups_manage.html を参照してください。

製品説明


HPラック アンド パワー マネージャ1.1は、さまざまなIT環境で使用できる電源管理ソフトウェア ソリューションを提供します。このソフトウェアは、複数のユーザが多くのデバイスにアクセスし管理する必要のあるデータ センタ環境で、デバイスの包括的な制御を可能にする、エンタープライズ クラスのソフトウェアです。ユーザは使い慣れたブラウザ ベースのインタフェースを使用して、ネットワーク上の任意の場所に配置されたマネジメント サーバにリモートから安全に(最高レベルで128ビットSSL暗号化を使用可能)アクセスできます。HPラック アンド パワー マネージャにより、システム シャットダウンのスケジュール作成、電源障害設定の制御、およびUPSのロード セグメントの定義が可能になるため、重要なサーバの稼動時間を最大限に延長できます。HPラック アンド パワー マネージャには、リダンダントUPSの設定やシステム イベントの処理など複数の新機能が組み込まれています。システム イベントの処理機能では、プログラムを作成して応答を自動化することにより、電源障害および環境障害に対するポリシーを設定できます。

新機能


  • Windows Server 2003のサポート
  • RedHat 2.1 Enterprise Linux(AS、WS、ES)のサポート
  • United Linux 1.0のサポート
  • Mozilla 1.4のサポート
  • HP Systems Insight Manager(HPSIM)プラグインとの高度な統合
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項