Jump to content 日本-日本語

HPE ProLiant サーバー  >  サーバー オプション

HP Modular Cooling System 100 /
HP Modular Cooling System 200

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP モジュラー クーリング システム G2ラック
概要
仕様
システム構成
カタログ

概要

HP Modular Cooling System (MCS)は、データセンター内の高密度サーバー実装を念頭に開発された最新世代の水冷式ラックです。双方向型の冷却技術により、最大2ラック分の同時冷却をMCS1台で可能にしました。
HP MCSはインフラ、冷却基盤、ITへの電力供給装置を備えており、ラック内のサーバーやストレージその他のIT機器に対し均一的な冷却を水冷で実現します。
モデルにより30kWもしくは50kW相当のサーバーを冷却可能なHP MCSは、ファシリティにおける冷却装置の増強や稼動温度に関する妥協を強いる事なく、従来型データセンターの冷却能力を補完・補強できるよう設計されています。
従来型ラックの3倍の電力容量を持つHP MCSは、既存のデータセンターの拡張性を大幅に向上します。
スペース上は空きのあるデータセンターにサーバーを追加したいのに、冷却キャパシティが追いつかない - このような課題を解消するための製品です。

What’s New

  • 高密度サーバー実装向けに設計された水冷ラック最新世代
  • 双方向型冷却により2ラックの同時冷却が可能
    (左右のラックそれぞれ25kW分、または単一ラック構成で50kW分のサーバーを冷却)
  • ホットプラグ交換も可能な6つの高効率ファン
  • 2モデルどちらも1ラック構成と2ラック構成をサポート

主な機能

発熱を抑えつつコンピューティングパワーの追加を可能に

HP Modular Cooling Systemは、双方向型の熱交換器により、同時に2つのラックを冷却出来ます。モデルにより、2ラック構成ならラックあたり25kW、シングル構成ではラックあたり50kWの発熱を冷却します。
冷却された空気フルサイズのラック全体に送られるため、ラック内にホットスポットを作りません。
データセンターの既存の温度要件を維持しつつ、追加のコンピューティングパワーの増設を可能にします。

要件により選択可能な2つのモデル

MCS100 30kW分のサーバーを1ラックまたは2ラック構成で冷却
MCS200 50kW分のサーバーを1ラックまたは2ラック構成で冷却

メンテナンス性にも配慮

HP Modular Cooling Systemのタッチスクリーンディスプレイにより、稼動温度、時間帯別の稼働要件設定、その他の個別のユーザー設定を、現地もしくはリモートからプログラム可能です。
冷却ファンはホットプラグ式となっており、ファンの交換のために運用を止める必要がないため、メンテナンス・サービス時に優れた柔軟性を提供します。
本製品は通常製品より納品にお時間を頂いております。
本製品の設置は、別途チラーの導入とその設営、水冷設備導入に付随する工事など、ファシリティ面の対応が伴うプロジェクトとなります。
フルカスタマイズCTO専用モデルとなります。HP Directplusでのお取り扱いはございませんので、製品に関してはHPカスタマー・インフォメーションセンターまでお問い合わせいただけますようお願い申し上げます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項