Jump to content 日本-日本語

サーバー 

小さくなったサーバーが、大きく世界を変えていく
〜Moonshot生みの親が語る、「破壊的イノベーション」〜 (3/3)

2014年4月16日

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む

── では、Moonshotの今後の方向性や、どのような分野に注力していくのか教えてください。

まずはビッグデータやデータアナリティクスの分野です。この市場は爆発的に伸びていて、大きな機会だと捉えています。また、テレコム業界も注力したい市場です。これまでテレコム業界では、独自のハードウェアやソリューションを提供していましたが、テクノロジーの進化が速いため、HPのようなOEM製品を活用し、強みを生かしたソリューションを迅速にリリースしたいと考えるようになっています。

このほか、音声分析、コンテンツ配信、ネットワーク分野など、何ひとつとして進化していない分野はありません。こうした変化の中で、「破壊的なソリューション」には大きなチャンスがあるのです。それぞれの市場を研究し、一般的なソリューションに対して競合力のあるソリューションを設計することで、お客様に貢献し、HPの売上にも貢献したいと考えています。
HPならではのロードマップ
HPならではのロードマップ
(Moonshotを支えるのは、x86サーバーの既成概念に囚われないパートナーシップ)

── Moonshotはお客様のビジネスやITの世界をどのように変えるのでしょうか?

われわれはMoonshotで、今までできなかったことを市場に提案しています。例えば、VDIを拡張したHDIもそのひとつです。VDIにてグラフィックを多用するソフトウェアを使えばパフォーマンスが悪くなりますが、これまではブレードを追加するしか方法がありませんでした。中間のソリューションが存在しなかったのです。グラフィックカードをサーバーに入れて仮想化するといったような立証されていない技術を使うユーザーはこれまでにもいましたが、コストやパワーでHDIに勝るものはありません。Moonshotは、今まで誰も手を付けていなかった市場のニーズを埋めるものなのです。

今後、すべてのモノがインターネットにつながるというIoT(Internet of Things)の概念も普及していきます。家電からオーディオ製品、車まで、すべてインターネットにつながるのです。今われわれは、劇的な変化の中にいるのです。こうした変化の中では、大規模なアプリケーションがバックグラウンドで動くことになるでしょう。これは、これまでの一般的なサーバーでは支えきれません。Moonshotが大規模アプリケーションを効率的に稼働させるようなソリューションにフォーカスしているのはそのためです。

需要は止まることを知りません。HPがこのビジネスに注力しようとしているのは、これまでに見たことのないような変化が今ITの世界で起こっていると感じているからです。この変化の速度はますます加速していくでしょう。つまりHPでは、データセンターにより良いソリューションを迅速に提供し続けなくてはならないのです。
IoTの拡大が、ITプラットフォームのさらなる変革を促進
IoTの拡大が、ITプラットフォームのさらなる変革を促進

── 最後に、日本のお客様にメッセージをいただけますか?

米ヒューレット・パッカード Moonshotビジネス部門バイスプレジデント兼総責任者 ポール・サンテラー(Paul Santeler) 日本のお客様がMoonshotに興味を持ってくれていることを大変嬉しく思っています。日本のお客様は、電力問題に一生懸命取り組んでいますし、何をすべきかよく理解しています。個人的にも日本でMoonshotが受け入れられていることにとても感銘を受けています。今後も日本のチャネルパートナーと協力して製品をより良いものにし、日本市場のニーズに合うようなソリューションを提供していきたいですね。

» このページのトップへ戻る

戻る 1 | 2 | 3
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項