Moonshot Remote Console Administrator

HP Moonshot Remote Console Administrator

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

HP Moonshot Remote Console Administrator (mRCA) は、ヘッドレス環境でのユーザーによるキーボード、ビデオモニター、およびマウスへのアクセスを可能にします。初回のゴールドOSイメージのインストール (WindowsまたはLinux) 支援、起動のためのイメージマウンティング向け仮想メディア機能、さらにデバッグ/クラッシュツールとして使用可能なリモートコンソール をユーザーが使えるようにします。
HP Moonshot Remote Console Administrator (mRCA) のリモートコンソール機能では、管理者によるHP Moonshot Server Cartridgeとの通信が可能になり、キーボードおよびマウスからのローカル入力とビデオ出力の共有もできます。ユーザーはまた、共有されたディスクイメージを、システムに接続しているかのようにリモートでマウントできます。リモートコンソールとの組み合わせにより、管理者はオペレーティングシステムの完全な再インストールができるようになります。このタスクは従来、物理マシンにアクセスするためのローカルコンソールが必要でした。

注:インストールのガイダンスと互換性について詳しくは、以下のWebサイトにアクセスしてください。
http://www.hp.com/go/Moonshot/docs (英語)


正面:

  1. カートリッジ電源LED/ボタン
  2. カートリッジヘルスLED
  3. カートリッジUID LED/ボタン
  4. カートリッジリンクLED/ボタン*
    *カートリッジリンクLEDは、リンクボタンが押されてから10秒後に点滅します。

mRCAコンポーネント:

  1. M.2コネクター (無効)
  2. SASコネクター (not enabled)
  3. HP iLO4チップ
  4. PCIeスイッチおよびヒートシンク