Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー  >  HP Insight ソフトウェア

HP Virtual Connect Enterprise Manager

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
製品イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase   システム構成
  仕様一覧   マニュアル
  テクニカル仕様   ダウンロード
  Q&A   定期トレーニング
  サポート      

仕様一覧

ライセンスおよびパッケージ

注: HP Virtual Connect Enterprise Managerは、HP BladeSystem c-Classエンクロージャごとにライセンス付与されます。HP Virtual Connect Enterprise Managerで管理するBL-c3000またはBL-c7000エンクロージャごとに1つのVCEMライセンスが必要です。ライセンスを移転することはできません。詳しくは、エンド ユーザ使用許諾契約書を参照してください。
購入したライセンスごとに、ライセンス権利付与証明書が提供されます。ライセンス権利付与証明書には、オンラインまたはファックスでのライセンス アクティベーション キーの発行手続きに必要な情報が含まれています。この電子登録プロセスでは、ライセンス管理が容易になり、サービスとサポートの履歴を追跡しやすくなります。詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/ICe-licenseを参照してください。
すべてのHP Virtual Connect Enterprise Managerのライセンスには、1日24時間×週7日間のHPソフトウェア テクニカル サポートとアップデート サービスが含まれており、HPのサポート担当者への迅速な問い合わせやソフトウェア アップデートの配信が保証されます。このサービスの詳細については、HPのWebサイトwww.hp.com/jp/onlineを参照してください。

HP Virtual Connect Enterprise Managerは、すべてのBladeSystem c-Classエンクロージャに同梱のInsight Softwareメディア キットに含まれています。また、このメディア キットはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/iceからダウンロードすることも、物理メディアとして購入することもできます。HP Virtual Connect Enterprise Managerの詳細情報および関連資料については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/vcemを参照してください。

バーチャル コネクト テクノロジーの詳細情報および関連資料については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/bladesを参照してください。

HP Virtual Connect Enterprise Managerの利点

  • バーチャル コネクトを使用してLANおよびSAN接続を制御する単独のHP BladeSystemエンクロージャやそのグループの集中管理を実現します。
  • VCEMデータベースにより、LANとSANのアドレス管理が効率的になり、競合のリスクを防止します。
  • バーチャル コネクト ドメインをグループ ベースで管理できるため、インフラストラクチャの整合性が高まり、一元化されたタスクを利用して複数のエンクロージャにまたがる変更管理を迅速に行えるようになります。
  • ビジネスの要求が発生したときに、稼動中のLANやSANの可用性に影響を与えずにデータ センタ全体のサーバーを迅速に追加、変更および交換できます。
  • HP BladeSystemインフラストラクチャの配備および管理に要する時間とコストを削減します。
  • 生産性とサーバー当たりの管理者の人数を改善します。
  • サーバー中心の日常作業からLANとSANの管理者を解放します。
  • 小規模なデータセンタから大規模なデータセンタまでスケーラブルに対応します。

主な特長

  • 単一の直感的で使いやすいコンソールから、バーチャル コネクトのEthernetモジュールやファイバ チャネルモジュールを使用して構成された最大1,000台のHP BladeSystemエンクロージャ(16,000台のサーバー)を操作できます。
  • 中央データベースにより、256,000のメディア アクセス制御(MAC)アドレスとWorld Wide Name (WWN)管理して、サーバーとネットワーク間の接続を維持できます。
  • 共通の設定ベースラインに基づきバーチャル コネクト ドメインをグループベースで管理できます。
  • スクリプトまたは手動でHP BladeSystemエンクロージャ間のサーバー接続プロファイルと関連する作業負荷を移動できます。
  • 指定したスペア サーバーへのサーバー接続プロファイルの自動フェールオーバが可能です。
  • 内蔵メンテナンス ツールによるバーチャル コネクト ネットワーク設定の構成と変更が可能です。
  • 既存のバーチャル コネクト インフラストラクチャをシームレスに統合し、拡張します。バーチャル コネクト ドメイン リソースを検出し、集中コンソールに集約します。
  • c-Classエンクロージャ単位でライセンスされるため、配備が簡素化され、現在および将来のブレード サーバーとバーチャル コネクト ハードウェアのVCEMサポートが可能になります。

お客様による利用のシナリオ

大規模インフラストラクチャの集中管理

大規模なHP BladeSystem環境を持つお客様は、サービス目標を達成するために、データセンタをより効率的に管理し、コストを削減し、生産性を向上させる方法を必要としています。

バーチャル コネクトとVirtual Connect Enterprise Managerの組み合わせにより、変化に対応できる、集中管理された環境を構築することができ、管理コストやサーバーの配備および継続的メンテナンスのコストを大幅に削減することができます。1人のサーバー管理者が、LANまたはSAN管理者の支援を受けずに、ネットワーク インフラストラクチャの可用性を低下させることなく、データセンタ全体のサーバーを数分で追加、交換、または移動できるようになります。

また、Virtual Connect Enterprise Managerのグループ化機能により、システム管理者は、一貫した仕様に合わせて複数のブレード エンクロージャを迅速に設定、配備、および保守するために使用される設定ベースラインを確立することができます。この機能により、労力のかかる反復作業が最小限に抑えられ、変化する作業負荷とビジネスの要求に対応するための時間が短縮されます。

低コストの迅速なサーバー復旧

予定外のサーバーのダウン時間は、どのような企業においても大きな問題を発生させ、ビジネスと収益の潜在的な損失をもたらします。IT企業は、常に、予定外の機能停止の影響を最小限に抑え、可能な限り短い時間でサーバーの可用性を復旧するという課題に直面しています。

管理者は、Virtual Connect Enterprise Managerを使用して、実務LAN/SAN接続の可用性を低下させることなく、問題が発生したBladeSystemサーバーのネットワーク接続と関連する作業負荷を、数分以内に、データセンタ内にあるスペア ブレード サーバーに迅速かつ確実に復旧することができます。

計画的なシステムメンテナンスおよび再目的化

システム メンテナンスおよびアップグレードの実行は、実務環境の強制的なダウン時間の発生や管理スタッフの時間外作業など、さまざまな形で企業に影響を与えます。IT企業は、単純なメンテナンス作業にもかかわらずデ―タセンタに大規模な変更を必要とすることが多くありますが、これはより迅速な対応を求められるビジネスの要求に対しては最適な方法ではない場合があります。

Virtual Connect Enterprise Managerのサーバー プロファイル機能を使用すると、管理者は、ビジネスの要求に応じて、実務操作の中断を最小限に抑えて、大規模および小規模のシステム メンテナンスを実行することができます。この移動機能を使用すると、データセンタ全体での費用効率に優れたサーバー移行とアプリケーションの再目的化を行うことができます。

保証とサービス

保証

HPは、購入日から90日以内であれば、問題のある配布メディアを交換します。

ソフトウェアのサポート

HPでは、数多くのソフトウェア サポート サービスを提供しており、その多くが追加料金なしで提供されます。

ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービス
HP Virtual Connect Enterprise Managerには、1年間24時間×7日間のHPソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスが付属しています。このサービスは、ソフトウェアの実行またはオペレーション問題の解決をアシストするためにHPテクニカル リソースへのアクセスを提供します。また、このサービスは、HPから提供されたソフトウェア アップデートおよびリファレンス マニュアルへの、オンラインまたは物理メディアのいずれかでのアクセスを提供します。このサービスにより、HP Virtual Connect Enterprise Managerをご使用のお客様は、ソフトウェア アップデートの通知と入手だけでなく、迅速な問題解決も可能になります。このサービスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/services/insight/(英語)を参照してください。

ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスを受けるための登録について
ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスを受けるための登録について
お客様がライセンス証明書とキーをオンラインで引き換えると、HPではお客様のサポート登録を行います。サービス契約が作成され、Service Agreement Identifier(SAID)が送付されます。詳しくは、www.hp.com/jp/onlineを参照してください。

ソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデートの使用方法

登録が済んだら、カスタマ サービスの電話番号とお客様のSAID(Service Agreement Identifier)を含むサービス契約書が送付されます。ソフトウェア アップデートを受け取るには、SAIDを使用してHP IT Resource Center(ITRC)ホーム ページhttp://www.itrc.hp.com/?LANGUAGE_OPTION=japaneseのSoftware Update Manager(SUM)にアクセスする必要があります。

ディスカッションへの参加

HPサポート フォーラムは、コミュニティ ベースの、HPのお客様用のユーザ サポート ツールです。お客様によるコミュニティ内で、HP製品についての議論に参加することができます。HP Virtual Connect Enterprise Managerに関連したディスカッションは、[Management Software and System Tools]ページを参照してください。

ソフトウェアおよびドライバ ダウンロード ページ

ProLiant製品の最新のソフトウェアとドライバを提供します。 マネジメント セキュリティ(http://www.hp.com/servers/manage/security)(英語) HPはそのすべての管理ソフトウェアの品質とセキュリティへのそのアプローチでプロアクティブです。最新のロード可能なセキュリティアップデートがないかどうか必ずこのWebサイトを確認してください。

世界各地のHPカスタマ サービスの電話番号については、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/country/jp/ja/contact_us.htmlを参照してください。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡