HP Smartキャッシュ

HP Smartキャッシュは、直接接続ストレージ (DAS) 環境におけるコントローラーベースのキャッシュソリューションです。最もアクセス頻度が高いデータ (ホットデータ) を低レイテンシの高性能SSDにキャッシュすることで、アプリケーションワークロードを大幅に高速化します。本製品は、HP ProLiant Gen8サーバーおよびGen9サーバーに搭載されているHP SmartアレイP-Seriesコントローラーで使用できます。本製品は、Smartアレイコントローラーにキャッシュ機能を提供するファームウェアで構成され、ライセンスキーによるアクティベーションが必要です。

注: HP Smartキャッシュは、HP Smartアレイコントローラー上にホストされ、1GB以上のフラッシュバック式ライトキャッシュ (FBWC) モジュールを搭載した、HP ProLiant Gen8サーバー用のHP SmartアレイP-Series P420i、P420、P421、P430、およびP431コントローラーと、2GB以上のキャッシュモジュールを搭載した、HP ProLiant Gen9サーバー用のHP SmartアレイP-Series P440ar、P440、およびP441コントローラーで使用できます。SmartアレイP721m/2GB、P822/2GB、P830/2GB、P731m/2GB、およびP840/4GBでは、HP Smartキャッシュ機能が標準で提供されます。

注: P440ar、P440、P441、およびP840コントローラーのHP Smartキャッシュは、ライトバックキャッシュとライトスルーキャッシュをともにサポートします。P430、P431、P731m、P830、P420i、P420、P421、P721m、およびP822コントローラーでは、ライトスルーキャッシュのみをサポートします。


ライトスルーキャッシュポリシー:
ライトスルーキャッシュの目的は、読み取り処理を高速化することです。すべての書き込み処理は、プライマリソース (HDD) を書き込み先とします。また、キャッシュ (SSD) に書き込むこともできます。したがって、ライトスルーキャッシュを使用しない構成に比べ、書き込み処理が遅くなります。

ライトバックキャッシュポリシー:
ライトバックキャッシュの目的は、読み取り処理と書き込み処理の両方を高速化することです。書き込みデータはキャッシュ (SSD) に送り、その後、プライマリストレージ (HDD) に書き込みます。



HP Smartキャッシュ

モデル


HP Smartキャッシュ 1サーバーライセンス (1年 24x7テクニカルサポート付)D7S26A

注: この製品番号の製品は1つのアクティベーションキーで1つのライセンスを購入するものです。この製品を購入すると、印刷されたライセンス権利付与証明書が提供されます。ライセンスアクティベーションキーを入手するには、オンラインまたはファックスでライセンス権利付与証明書の引き換えを行う必要があります。1年間の24時間×7日間のHPソフトウェアテクニカルサポートサービスが含まれています。

機能と利点


HP Smartキャッシュには、次のような機能と利点があります。
  • ワークロードの高速化 - SSDにホットデータをキャッシュすることでワークロードパフォーマンスを高速化
  • 導入が容易 - アプリケーションやオペレーティングシステムの変更が不要なため、データセンターへのシームレスな導入が可能
  • 統合管理 - アレイコンフィギュレーションユーティリティ (ACU) またはHP Smart Storage Administrator (HP SSA) でアレイとHP Smartキャッシュの両方を管理
  • 運用の効率化 - 既存のHP ProLiantサーバーテクノロジーを活用し、パフォーマンスと効率を向上
  • キャッシュボリューム (SSD) のRAID - Px2xおよびPx3xシリーズのコントローラーではRAID 0をサポート、Px4xシリーズのコントローラーでは、ライトスルーとライトバックの両方のポリシーでRAID 0、1、10をサポート、Px4xシリーズのコントローラーでは、ライトバックポリシーのみでRAID5をサポート