Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  HP Insight ソフトウェア

HP Lights-Out 100

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
HP Lights-Out 100 リモート マネジメント カード

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
    概要説明
  仕様一覧
マニュアル
製品デモ

概要説明

仮想テキストリモートコンソール

HP Lights-Out 100は、テキスト モードの画面で、ハードウェア リモート コンソール機能を提供します。オペレーティング システムに依存しないコンソールは、テキスト モードをサポートし、POSTメッセージ、BIOSセットアップ画面、テキスト ベースのオペレーティング システム コンソールなど、リモート ホスト サーバの動作を表示します。サポートされるオペレーティング システム コンソールには、Linuxシステムのコンソール(tty0:)およびMicrosoft Windows Server 2003 Emergency Services(EMS)コンソールがあります。

仮想電源ボタン

HP Lights-Out 100を使用すると、サポートされるブラウザ インタフェースまたはコマンド ラインで、ホストの電源ボタンをリモートから操作できます。たとえば、ホスト サーバの電源がオフの場合、HP Lights-Out 100から電源をオンにできます。サーバの電源を切って再度入れることも1つの手順で実行できます。

仮想ディスケット

仮想ディスケット機能により、IT管理者は、ネットワーク上のTFTPサーバに保存されたディスケット イメージを使用して、リモート サーバを起動できます。仮想メディア機能を使用すると、ディスケットを挿入して使用するためにだけリモートのサーバに向かう必要がなくなるため、作業時間が節約され、スタッフの効率が向上します。仮想ディスケットは、すべてのLights-Out 100およびLights-Out 100i製品でサポートされます。

Webブラウザインタフェース

HP Lights-Out 100には、Microsoft® Internet Explorer 6.0以降またはNetscape 7.1以降(Linuxクライアントのみ)を利用してフルアクセスできます。この機能により、Lights-Out 100の機能に簡単にアクセスできます。

コマンドラインインタフェース

HP Lights-Out 100には、準備段階にある業界標準コマンド ラインのSMASH CLP(System Management Architecture for Server Hardware Command Line Protocol)、telnet、SSHセッション、またはシリアル接続(HP ProLiant DL145、HP ProLiant DL140 G2、およびHP ProLiant DL145 G2のみ)経由でアクセスできます。Lights-Out 100マネジメント プロセッサは、DMTF(Desktop Management Task Force)が策定したSMASH CLPドラフト仕様で定義されたコマンドを使用して、設定、更新、および操作できます。

環境監視

HP Lights-Out 100により、システムの温度と電圧、およびファンの動作をリモートから監視できます。

システムイベントログ

HP Lights-Out 100により、システムのイベント ログにブラウザおよびコマンド ラインからアクセスできます。この機能を利用して、システムのリセット、電源シャットダウン、BMCユーザによる成功および失敗したログインの記録を確認できます。

セキュリティ

HP Lights-Out 100は、業界標準のSSL(Secure Sockets Layer)およびSSH(Secure Shell)を使用して、安全なリモート マネジメント環境を提供し、Lights-Out 100への不正アクセスを防止し、ネットワーク経由で送受信されるデータを保護します。証明書/鍵(SSHとSSL)およびパスワード(SSHのみ)ベースの認証がサポートされています。

ネットワーク接続

ユーザは、システムの共有NIC経由でHP ProLiant ML150 G2およびHP ProLiant ML110 G2、ML110 G3サーバ上のHP Lights-Out 100にアクセスします。HP ProLiant DL145、DL140 G2、およびDL145 G2サーバ上のネットワーク アクセスは、システムの共有NICまたは専用NIC経由で提供されます。

システム管理の統合

HP Systems Insight ManagerがHP Lights-Out 100 マネジメント プロセッサを検出し、そのプロセッサへのリンクを作成するため、ユーザは、ブラウザから簡単にLights-Out 100を起動できます。このように1ヶ所からアクセスできるため、各リモート サイトに多数のHP ProLiant ML 150 G2、HP ProLiant ML110 G2、ML110 G3やHP ProLiant DL145 G2サーバが配置されている環境でも、簡単に管理できます。

Intelligent Platform Management Interface (IPMI)

HP Lights-Out 100は、IPMI 2.0をサポートしており、この規格に準拠する管理コンソールを介して集中管理できます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項